損害賠償請求権の時効は3年!示談交渉が進まない時に中断させる方法

示談の遅延

交通事故に遭ったら、相手保険会社と示談交渉をして示談金を受け取るという流れになります。

しかし、示談交渉は治療が終了してからてから(後遺障害が残るときは症状固定してから)でないと開始出来ませんし、そもそも相手と示談交渉をする気持ちになれないこともあります。

示談交渉をしても、折り合いがつかず示談が成立しないまま時間だけが過ぎてしまうこともあります。このような場合には、示談金請求の時効に注意する必要があります。

示談金(損害賠償金)請求権には時効があるので、それを過ぎると示談金の請求や支払いを受けられなくなるからです。
そこで今回は、交通事故で示談交渉をする場合に注意しなければならない時効の問題について解説します。

示談交渉ができないと示談金が受け取れない

不運にも交通事故の被害者になってしまったら、相手の保険会社との間で示談交渉をする必要があります。

示談によって賠償義務の金額を確定させない限り、加害者と保険会社の責任の範囲が定まらないため、示談が終了しない限り、保険会社は支払いに応じないのです。

示談は金額を決めるものですから、交渉を開始するには、まず「被害者が要求する金額」が確定している必要があります。

したがって、治癒した後から、後遺障害が残ったときはが症状が固定し後遺障害等級認定を受けた後から、示談交渉を開始することになります。

死亡事故の場合、死亡後、しばらく経ってからでないと、諸々の損害額を算出できないのが通常ですので、数ヶ月後から交渉を開始するというケースが多いようです。

損害賠償金の請求権には時効がある

交通事故後、長期にわたって示談交渉をしなかったり、示談が成立せずに長期間が経過してしまったりしたら、示談金の請求権が時効にかかってしまうおそれがあります。

示談金を受け取れなくなってしまうのです。

損害賠償金請求権の時効の期間と起算点

時効期間のカウントを開始する時点のことを「時効の起算点」と言います。
以下では、損害賠償請求権の時効期間と起算点についてご説明します。

時効の期間

まずは、損害賠償請求権の時効期間です。これについては、民法において、損害及び加害者を知ったときから3年と規定されています(民法724条)。

物損事故・人身事故で後遺障害がない場合

それぞれの交通事故のケースで、具体的にいつから3年をカウントするのかという「時効の起算点」が問題になります。

時効の起算点は、交通事故の種類によって異なります。

まず、物損事故や人身事故でも後遺障害が残らないケースでは、時効の起算点は、事故日です。

ただし、民法では、期間の計算の際に初日を算入しない初日不算入の原則があるので、事故日の翌日から3年間が、時効期間になります。

そこで、これらの場合、交通事故の翌日から3年以内に示談金の支払いを受けないと、基本的に示談金の請求ができなくなってしまいます。

人身傷害事故で後遺障害が残った場合の後遺障害部分の損害

次に、人身事故(傷害事故)で後遺障害が残ったケースです。この場合、後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益といった後遺障害に関する損害賠償請求権は、症状固定した時点が時効の起算点となります。

死亡事故の場合の死亡部分の損害

最後に、死亡事故のケースを見てみましょう。

この場合、死亡慰謝料や慰謝料といった死亡に関する損害賠償請求権は、死亡したときが時効の起算点となります。

死亡事故の損害賠償請求権は相続人に相続されますが、相続争いなどで示談がすすまず時効が迫ってしまう場合があるので注意が必要です。

損害賠償の時効を中断させる方法

法律によって、時効の中断という制度が認められています。

時効の中断とは、その事由があると、時効の進行が中断して、再度初めから時効の進行が始まることです。

そこで以下では、時効を中断させる方法をご紹介します。

仮渡金の支払いを受ける

時効を中断させる方法として、相手方から支払いを受ける方法があります。

このとき相手から全額の支払いを受ける必要はなく、一部の支払いでもかまいません。ただし、それが損害賠償金の一部として支払う趣旨であることが必要です。

例えば、事故で破れたシャツ代の1,000円を、相手が支払ってくれたからといって、それだけでは損害賠償義務を認めてその一部を支払ったとは直ちに言えませんから、時効は中断しません。

自賠責保険の仮渡金制度

自賠責保険には、示談成立前に仮に支払いを受けることができる仮渡金制度があります。

通常、示談金は、示談が成立した後に全額まとめて支払われるので、先に一部を支払ってもらうことはできません。しかし、交通事故後には何かと物入りなので、お金が必要な場合など、一切の支払いを受けられないとなると被害者が困ることがあります。
そこで、損害賠償金の一部を先に仮に支払う制度が、仮渡金制度です。
仮渡し制度によって支払われる仮渡金は、以下の通りの金額になります。

死亡事故の場合 290万円
傷害事故の場合、傷害の程度に応じて5万円~40万円

示談が進まない場合、3年が経過してしまうと自賠責保険に対する損害賠償請求権も時効で消滅してしまいます(自賠責法19条)。

そこで、自賠責保険に仮渡金の請求を行い、支払いを受ければ、時効中断事由としての承認(民法147条3号)となり、自賠責保険の時効を中断することができます。

ただし、時効中断の効果は、当事者ごとに生じるので(民法148条)、自賠責保険の時効を中断しても、加害者本人や任意保険会社の時効を中断する効果はありませんのでご注意ください

関連記事
自賠責保険に被害者請求する方法をくわしく解説
任意保険会社の支払い拒否や示談交渉の長期化で、賠償金の支払いが遅れることがあります。生活費に困ったり、治療を受けられ…

相手に債務承認させる

時効の中断方法としては、債務承認があります。これは、相手に債務の存在を認めさせることです。たとえば相手本人と交渉している場合に相手から「支払います」などの念書をもらうことによって、時効を中断させることができます。

ADRを利用する

損害賠償請求権の時効中断方法としては、ADR(裁判外の紛争解決機関)を利用する方法もあります。

交通事故のADRは、法務大臣の認証を受けている機関であれば、時効期間内に仲裁の申立てをして紛争が解決せず、時効期間を過ぎてから手続が終了したときでも、1ヶ月以内に裁判所に提訴すれば、仲裁申立時点で時効が中断されたと取り扱われます。(裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律25条)

関連記事
交通事故ADR相談
交通事故に強い「ADR」機関は何処か?選び方と活用法を解説!
交通事故に遭ったら、加害者の保険会社と示談交渉をしますが、示談をしても解決できないことがよくあります。「ADR」を利…

調停を申し立てる

調停とは、簡易裁判所において、相手との間で話し合いによって示談金の金額や支払い方法を決める手続きです。

簡易裁判所の調停委員や裁判官が間に入って話し合いを仲介してくれるので、直接相手と対峙する必要がなく、冷静になって示談の話し合いをすすめやすいです。

調停を申し立てると、申立の時点で時効の進行が中断します。そこで、手続き内で調停が成立したら、調停成立日が時効完成日より遅くても、調停内容が有効になって、その内容に従った支払いを受けることができます。

調停が不成立になったとき

ただし、この場合、調停が不成立になったときの対処に注意が必要です。

時効完成前に調停を申し立てて時効完成後に調停が不成立になった場合、その後1ヶ月以内に訴訟提起をしないと、債権が時効消滅してしまうからです。
調停期間中に時効が完成してしまった場合、調停が不成立になったら、速やかに訴訟提起をしましょう。

調停を取り下げる際

さらに、調停を取り下げる際にも注意が必要です。調停は、取り下げをすると当初からその申立がなかったものとして取り扱われます。
時効は調停の申立によって中断しますが、取り下げをすると、当初から申立がなかったことになるので、その時効中断の効果もなかったことになるのです。そこで、調停申立後、時効が完成してしまい、調停を取り下げてしまうと、時効が完成してしまって、もはや裁判を起こしても損害賠償請求をすることができなくなります。

時効成立前ぎりぎりで調停を利用する場合には、取り下げをしないことと、不成立になった場合には速やかに訴訟提起をすることが必要になるので、覚えておきましょう。

関連記事
調停
交通事故で利用できる民事調停について、詳しく解説!
交通事故に遭って相手の保険会社などと示談交渉を進めても、示談が成立しないことがあります。示談ができない場合、当事者が…

裁判上の請求をする

損害賠償請求権の時効を中断する方法として、訴訟があります。この場合の訴訟は、損害賠償請求訴訟です。訴訟を起こした場合も、時効が中断するので、損害賠償請求を継続することができ、判決が降りると、その内容に従った支払いを受けることができます。

判決が確定すると、確定日からあらためて10年の時効の進行がはじまります。確定判決の時効期間は10年なので、交通事故の損害賠償請求権の時効期間がもともと3年でも、裁判をすると、時効を10年にまで延ばすことができるのです。

裁判を利用する方法が最も効果的

そこで、時効が完成しそうな場合には、最終的には裁判を利用する方法が最も効果的です。

ただ、時効完成が間近に迫っている場合などには、いきなり訴訟をすると言っても準備がととのわないこともあります。その場合、まずは相手に対して内容証明郵便による催告書を送ると、6ヶ月間時効を延長することができます。その間に訴訟の準備を進めて訴訟提起をすると、時効を中断させることができて、損害賠償請求の手続をすすめることができるようになります。

関連記事
裁判所
交通事故でも利用する民事裁判とかかる費用、メリットとデメリットについて
交通事故に遭ったら、まずは相手の保険会社との間で示談交渉をしますが、示談がまとまらない場合には裁判所での手続きを利用…

以上のように、示談交渉をする場合には、常に3年の消滅時効を意識しながら手続をすすめる必要があります。

わからないことは弁護士に相談しよう

時効について、何かわからないことがあれば、弁護士に相談に行くと、有用なアドバイスをしてもらうことができます。弁護士であれば、ケースごとに、いつまで損害賠償請求ができるかどうかの時効期間の判断をしてくれたり、時効を中断させるためにどのような方法が適切かなどを教えてくれたりするでしょう。

また、時効の中断を効果的に行うには訴訟を起こすことが有効ですが、そのためにはやはり弁護士に手続きを依頼することが必要です。

交通事故後、長期間が経過して示談がまだできていない人は、時効によって示談金の請求が出来なくなる前に、早めに弁護士に相談に行くと良いでしょう。

まとめ

今回は、交通事故の示談金(損害賠償金)の時効について解説しました。損害賠償請求権は、損害及び加害者を知ったときから3年で時効消滅してしまいます。

時効の完成を止めるには時効を中断させる必要があります。時効中断の方法としては、ADRを利用する、調停、訴訟を利用するなどがあります。

最終的には訴訟によって判決を受けると、そのときからあらためて10年間時効を延ばすことができます。

示談金と時効の問題で、悩みや不安がある場合には、交通事故に強い弁護士に相談に行くことをおすすめします。
今回の記事を参考にして、交通事故後長期間示談ができない状態が続いている方は、早めに弁護士に相談に行って、きちんと損害賠償金の支払いを受けられるようにしましょう。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
 現在営業中(本日9:30~18:00) ]

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
 現在営業中(本日9:30~18:00) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら