自損事故の同乗者に慰謝料は出る?自動車保険から補償はある?

ガードレール

自損事故とは

自損事故とは、自分自身の過失のみによって発生した事故のことを言います。例えば、ハンドル操作を誤って電柱やガードレールに激突した場合等が自損事故にあたります。

居眠り運転をしていて、ガードレールにぶつかったり、急ハンドルにより縁石に乗り上げ壁に追突するケース、交通標識柱に激突ということもあります。

自損事故で慰謝料出るの?

加害者がいない事故のため、保険会社から保険金がおりなければすべて実費負担となってしまいます。では、自損事故が発生した場合、どの保険から、どのような補償を受けられるのでしょうか。

そしてもし同乗者がいた場合どうなるのか見ていきましょう

人身傷害保険で慰謝料・後遺障害治療費を獲得しよう

「人身傷害保険」が使えます。過失割合に関係なく実際の被害額に対して保険金が支払われるため、自損事故の場合でも利用出来ます。また、保険料は上がりますが、車に乗っている時だけでなく、車外において他の車にひかれた場合などまで補償範囲を拡大する事が出来ます。

さらに心配な方は、「搭乗者傷害特約」を上乗せして加入する事をおすすめします。本来、人身傷害保険は、治療等が終わり損害額が確定した後に保険金が支払われますが、本特約を付帯することで、事故後早い段階で傷害一時金として当面の治療費等が支払われるため、非常に手厚い補償となります。

なお、後遺障害認定を受けた場合は、逸失利益、後遺症慰謝料、介護費用、なども限度額を上限に支払われます。

関連記事
bed
人身傷害保険と搭乗者傷害保険!被害者が利用できる自分の任意保険
交通事故の被害者になってしまったら、相手の保険会社から賠償金(示談金)の支払いを受ける事ができます。 このように、通…

自賠責保険で慰謝料貰えるの?

また強制加入保険である「自賠責保険」は、被害者の怪我や死亡に対する最低限の救済を目的としています。自損事故で、万が一同乗者がいて怪我をした場合は、自賠責保険から保険金が支払われます。ただし運転者本人に対する補償はありません。

※以上が同乗者に対する保険でした。以下からは「同乗者」に対する保険ではなく、「運転者本人」に支払われる保険を紹介します

車両保険は等級が大幅にダウン?

○他人のものを壊した場合(※運転者に支払われる保険)

自損事故によって他人の車や電柱、ガードレールなどを壊した場合は、「対物賠償保険」が使えます。限度額を設定すると保険料を抑えられますが、大きな損害を起こしてしまった場合を想定し、加入者の90%以上の人が限度額「無制限」を選択されています。慰謝料とは違いますが保険金としてもらえます。

また自分の車の修理代については「車両保険」が使える場合があります。但し、車両保険の内容によっては自損事故の場合は補償対象外となっていたり、免責金額があり、自己負担額がある場合もあります。予め保険内容を確認しておきましょう。

※自損事故を補償対象外としたり、免責金額を設定する事で保険料を抑える事が出来ます。

通常、事故で保険を使うと「3等級ダウン」します。

  •  対物賠償保険金
  •  対人賠償保険金
  •  車両保険金

これらが支払われた場合は、原則3等級ダウンとなり、保険料が値上がりする事になります。ですが、人身傷害や弁護士費用特約などを利用しただけであれば「ノーカウント事故」とされ、等級に影響はありません

そして車両保険を付帯すると、保険料はぐっと上がります。保険会社にもよりますが、自動車保険加入者のおよそ半数が車両保険に加入していると言われています。

(※また、車の年式が古い場合は対象外となる事もあります)

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates
 現在営業中( 本日9:30~20:00 ) ]

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
 現在営業中( 本日9:30~20:00 ) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!