相手の身元確認は大切!交通事故で警察が来るまでにすべきこと

身元確認

1.交通事故。自分自身で相手の身元確認は必要?

交通事故が起きてしまったら、まずすべきことは負傷者の確認。そして、救急車や警察を呼ぶ必要があります。ここまでは皆さんご存知のフローだと思います。

しかし、救急車や警察が到着するまでの間、実は少し時間があるのって知っていますか?

その間に家族に連絡したり、会社に連絡することを思い浮かべるかもしれませんが、実はこれはNG。時間や状況に応じて余裕がある場合は、事故の状況をメモし、相手の身元確認などを行うことが重要です。

今回は、「交通事故後にすべきこと。身元確認の重要性」についてご説明します。

2.救急車・警察に連絡。その後は、どうしたらいい?

事故が起きたら、まず連絡すべきは救急車と警察です。この後、待っている間にすべきことがあります。以下、具体的にみていきましょう。

2-1.まずは、事故当時の状況を思い出すこと

では、各機関に連絡後、最初にすべきことは一体なんなのでしょうか。

まず、最初にしてほしいことは、事故当時の状況をできるだけ細かく思い出すことです。事故を起こした直後は皆さん気が動転しています。何が起きたのかわからず、ショックを受ける方もいらっしゃいます。

警察へ連絡して、一旦落ち着いた後には、どこで何が起きたのかについてしっかり思い出してください。というのも、警察が到着すると、事故時の状況について詳しく聞かれることになるためです。

具体的には、ブレーキを踏んだ場所や道路のどこの位置で接触したか、相手の車との車間距離などを思い出してみてください。不確かなこともあると思いますが、できる限り思い出しておきましょう。

可能であれば、メモをとっておくのも有効です。スマホのメモ機能を活用してもよいでしょう。

このように、まずすべきことは「思い出す作業」です。事故当時の状況や自分がとった行動などを思い出しておくことで警察が到着後の現場検証などがスムーズになります。記憶を辿って、できる限り具体的にメモしておきましょう。

2-2.現場検証・事情聴取は、過失割合に影響する

では、なぜその場で「思い出す作業」が重要なのでしょうか。

保険請求の際、過失割合というものに基づき、賠償額が決定することになります。過失割合とは、当該事故に対する当事者の落ち度(責任)の割合を法律的に算定することをいいます。実際には、事故状況等から実際の判例と照らし合わせ、過失割合を算定していくことになります。そして、この過失割合に基づき、実際の損害賠償額を決定していきます。

この過失割合は、事故当時の当事者の証言や警察が行った事情聴取や実況見分をもとに算定していきます。そのため、事故当時に適当な内容を伝えてしまうと、過失割合の算定に悪影響を及ぼす可能性があるんです。自身の過失割合が大きくなってしまうと、損害賠償額が少なくなってしまい、医療費などの自己負担額が増えてしまうかもしれません。

このように、「思い出す作業」が必要なのには理由があります。過失割合に影響し、その後保険会社から支払われる額にも影響する可能性があります。記憶がフレッシュな間に細かいことを思い出しておくようにしましょう。

3.事故後、警察が到着するまでにかかる時間は?

交通事故が起きた後、救急車や警察が来るまでには少々時間がかかります。所要時間や時間の使い方について、以下みていきましょう。

3-1.警察・救急車が到着するまでにかかる時間

では、実際に救急車が到着するまでの時間はどのくらいあるでしょうか。

救急車に電話をして、現場に到着するのにかかる時間は、8-9分程度です。

そして、警察に110番をして、現場にかけつけるまでにかかる時間は7分程度という統計が出ています。10分かかっていないため、「意外と早く到着するんだ」と思った方もいらっしゃるかもしれません。しかし、事故後の10分間、どちらかが負傷している場合は1分1秒が重要になってきます。

また、どちらも無事であったとしても、気が動転していることもあるため、数分間が長く感じることもあるかもしれません。

また、上記の到着時間は都心などの街中を想定しています。山間部などでは、さらに時間がかかることもあるでしょう。

このように、実際に到着までかかる時間は7-9分程度です。この間に、まずは事故状況を思い出すことに専念してください。これができたら、次は身元確認です。

3-2.待っている間に家族に電話しても良い?

よくある質問が、「待っている間に家族に電話しても良いのか」についてです。

事故後、不安な気持ちはわかりますが、家族に連絡するのは警察や救急車が到着後にしてください。

というのも、救急車や警察から折り返しで電話がかかってくることがあるためです。事故後は、負傷者の救助や交通整備を行うため、できるだけ早く各機関が作業に取りかかることが重要です。

そのため、到着するまでは家族などに電話をするのは控えるようにしてください。

家族に電話している間に、警察や救急車からの連絡を逃す可能性があります。また、営業中で社用車の場合などは、会社に連絡したくなると思いますが、警察が到着するまでは控えるようにしてください。

警察などが到着するまでの間、すべきこともありますが、「すべきでないこと」もあります。負傷者の救助や警察からの連絡を最優先にするようにしましょう。

4.身元確認の内容って?

自己状況を思い出しメモしたあと、次にすべきことは身元確認です。しかしなぜ身元確認が重要なのでしょうか。また、具体的に「どんなことを聞くべきなのか」についても、以下でみていきましょう。

4-1.身元確認はなぜ必要なの?

では、なぜ身元確認が必要なのでしょうか。

警察が到着すれば、免許証などからそれぞれの身元確認を必ず行います。そうすると、当事者で行う意味はないようにも思えます。

しかし、警察が到着するまでの間に加害者が逃亡する可能性もあります。できるだけ相手の情報を集めておくことに越したことはないということです。

また、警察到着後の現場検証や当事者の事情聴取もスムーズに進みます。できる限り、相手方と話をして、逃亡する気を起こさせないこと、そして相手方の情報を集めることが大切なんです。

このように、警察が到着するまでの間に、身元確認を行うことが重要です。以下では、具体的な内容についてみていきます。

4-2.身元確認では、何を聞くべき?

では、交通自己の相手方の身元確認では、何を聞くべきなのでしょうか。

基本的には、通常の身元確認と変わります。名前・住所などの基本事項を確認したあと、保険の内容・なども確認しておきましょう。

任意保険に加入している場合は、相手の保険会社から直接連絡がくるはずです。

いきなり知らない番号から連絡があったときでも、しっかり受け取れるように保険会社の名前などを確認しておくことが重要です。さ

らに、車両などの損傷部分の確認しておきましょう。損傷部分がひどく、メモをとるのが大変な場合は、車両の損傷部分や現場状況などをスマートフォンのカメラで撮影しておきましょう。

相手方からも身元確認を要求されるかもしれません。自身が加害者・被害者に関係なく、これには応じるようにしましょう。

その後のやりとりがスムーズに進むはずです。また、メモしたり、メモを取ってもらったりするのが大変な場合は、名刺をもらっておくと手間が省けます。できるだけ、簡単に相手の身元確認を行うようにしましょう。

このように、身元確認では氏名などの基本情報だけではなく、車両保険の内容を確認しておくことも大切です。車両の損傷部分も撮影などでできるだけ情報として押さえておきましょう。

4-3.身元確認は絶対にしないといけない?

では、どんな状況でも身元確認は必須なのでしょうか。

基本的に、余裕がある場合には、行うべきです。しかし、これは絶対ではありません。

というのも、相手が怪我をしている場合や自分自身が怪我をしている場合には、状況的に不可能といえるからです。

ですので、身元確認については絶対ではなく「自分でできる」と考えられる場合にのみ行いましょう。

事故後は、怪我がなくても動揺していることがほとんどです。心理状態などから、「自分を落ち着けるので必死」という場合にまで行う必要はありません。

突発的にパニック発作などを起こしてしまう可能性もあります。また、怪我をしている場合は、体を優先し救急車がくるまでじっとしていましょう。相手の意識がない場合は、応急処置を行うことも大切です。

このように、身元確認は絶対ではありません。「余裕がある場合にすべきこと」というように理解しておけば大丈夫です。

5.身元確認に相手方が非協力的な場合は?

では、相手方が非協力的な態度な場合、どのように対応していけば良いのでしょうか。以下、みていきましょう。

5-1.身元確認を拒む場合

では、相手方が身元確認を拒む場合はどうしたら良いのでしょうか。

こちらから身元確認が必要なことを説明し、聞き出そうとしてもそれを嫌がる方もいます。

事故で動揺している場合もありますが、自分が加害者であると自覚している場合は、情報を渡したくないという心理が働くケースもあります。

この場合、無理して強引に聞き出すことはしないでください。そこでトラブルに発展し、暴力沙汰の事件になることも考えられます。

相手が頑なに拒否した場合は、とりあえずその場に留める程度に話をつなげ、警察に身元確認を行ってもらいましょう。

相手が動揺している場合は、「大丈夫ですよ」と声をかけるだけでも逃げ出すことを防ぐことができます。怒って対応したりせず、できるだけ丁寧に優しく対応するようにしましょう。

5-2.その場での示談を要求してきた場合

保険会社を通さず、その場で示談交渉をしたいと提案されることがあります。

会社の車であり報告したくない、家族に知られたくない、保険料が上がるのを避けたいなど、さまざまな理由があると思います。しかし、これには応じないようにしてください。

というのも、一旦示談が成立すると後々に後遺症が発生した場合でも、医療費の請求などをすることが難しくなってしまうからです。

不可能ではありませんが、保険会社を通して正式に行うよりも面倒なことになってしまいます。また、事故直後は正常な判断ができないケースがほとんどです。

実際の損害賠償額などは、保険会社や弁護士などの第三者に任せるか、正常時にしっかりと考えるべきです。

5-3.加害者が現場の状況を変えようとしたら?

では、加害者が証拠隠滅を図ろうとした場合、どうすれば良いのでしょうか。

加害者は、事故の責任を隠蔽するため、タイヤ痕を足で消そうとしたり、散らばった破片などを隠したりする可能性があります。

このような行為を行っている場合、相手を刺激すると激高してくるケースもあります。ですので、この場合は、あまり相手を刺激しないようにしましょう。

もっとも、証拠は保全しておく必要があります。証拠を隠滅するような行為があった場合は、気づかれないようにスマートフォンで撮影しておくなど証拠を保全する措置をとると良いでしょう。

このように、加害者が証拠隠滅を図る可能性もあります。このような場合は、冷静に対応することが肝心です。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-2099
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!