交通事故で警察が来るまでにすべき3つのこと

身元確認

交通事故に遭ったらすぐに警察を呼ばねばなりません。交通事故が起こっても警察に報告しないのは道路交通法違反になります。

警察が到着するまでの間には少し時間がありますが、その間、いくつかやっておくと良いことがあります。

今回は、交通事故で警察が来るまでにすべきことを3つ、ご紹介します。

交通事故で警察が来るまでにすべきこと3つ

交通事故に遭って警察を呼んだら、到着するまでに最低限以下の3つをやっておきましょう。

負傷者がいたら移動、応急処置

負傷者の救護は道路交通法上の義務

まずは自分や相手も含めて負傷者が出ているか確認しましょう。交通事故の当事者(車両の運転者や同乗者)には、交通事故で負傷した人への救護義務があります(道路交通法72条1項前段)。

この道路交通法にもとづく救護義務は、加害者だけではなく被害者にもあります。また運転者だけではなく同乗していた人にも課されます。自動車やバイクだけではなく、原付や自転車の運転者にも救護義務があります。道路交通法上の義務を課されないのは「歩行者」だけです。

さらに事故の相手だけではなく、周囲に巻き込まれて負傷した人がいる場合にも救護は必要です。

負傷者がいるのに無視して救護しなければ、「救護義務違反」となって罰則が適用される可能性もあります。ただし自分がけがをしていて動けない場合などには、無理に他人を救護する必要はありません。

救護の方法

倒れている人がいたら、まずは安全な場所に運びましょう。急に動かすと状態が悪化する可能性がある場合、周囲の人の手を借りてそっと道の脇などに移動させます。

そしてできる限りの応急処置を行います。呼吸できるように気道を確保して、心停止していたら心臓マッサージを試みます。人工呼吸については、無理に行う必要はありません。
近くにAEDの装置があるなら利用するのも1つです。

できるだけの応急処置を行ったら、必要に応じて救急車を呼びましょう。

 相手の身元確認、住所連絡先の交換

相手と連絡先を交換する必要性と方法

警察を待っている間にすべきことの2つ目は、相手の身元確認です。

相手の氏名や住所、加入している保険会社などの情報は「交通事故証明書」に記載されますが、交通事故証明書を入手できるのは事故から数日が経過した後です。

また事故現場は相手と直接話ができる数少ない機会ですから、お互いに通じやすい連絡先や加入している保険会社名などの情報を交換しておきましょう。

最低限、氏名と電話番号、住所は確認すべきです。メールなどの方が連絡しやすい場合、メールアドレスを交換するのも良いでしょう。相手が加入している保険会社については自賠責保険と任意保険の両方を確認しましょう。

相手が名刺を持っている場合には、名刺をもらうのが有効です。名刺には勤務先の情報や仕事内容などが書かれているので、後で何かあったとき(たとえば連絡がつかなくなった場合、支払いを受けられない場合など)に役立つ可能性があります。また、相手がきちんとした会社の従業員や役員、公務員などの場合には、あまりややこしいことにはならないだろうという安心感も持てるでしょう。

相手に住所を教えたくない場合

交通事故に遭ったとき、「相手に住所を教えたくない」と考える方がおられます。

しかし交通事故当事者の住所や電話番号は交通事故証明書に記載されるので、隠すことはできません。

また自分の連絡先を教えないと相手も教えてくれないでしょう。お互いに隠しても意味がないので、きちんとその場で確認しておくべきです。

 目撃者を探して確保

3つ目にすべきことは、目撃者の確保です。交通事故では、被害者と加害者の認識が一致せずに「過失割合」についてのトラブルが発生するケースが非常に多いのですが、目撃者による証言があれば、自分が正しいことを証明できる可能性が高くなります。

しかし交通事故から時間が経つと目撃者を探すのは大変です。事故現場に貼り紙などを貼っても、誰も連絡をくれないケースが多数あります。そこで必ず「事故現場」で目撃者を探して確保しておくべきです。

周囲に事故を見ていた人がいたら、話しかけて「後に何かあったときに証言などの協力をしてほしい」とお願いしましょう。了承してもらえたら、名前や連絡先を聞いてメモをとります。
目撃者が警戒して協力を渋る場合には「連絡先などを聞いても交通事故関係のトラブル解決以外には利用しないこと」「何かあったときにしか連絡はしないこと」を約束し、納得してもらいましょう。

警察を待っているときにすべきことまとめ

以上のように、交通事故後警察を待っている間には、以下の3つの対応が重要です。

  • ① 負傷者の救護
  • ② 相手との連絡先の交換
  • ③ 目撃者探しと確保

事故の相手と証言が食い違う、嘘をつかれる場合の対処方法

相手と事故現場でケンカをしない

交通事故が起こったとき、相手と自分との間に認識の不一致があるケースもよくあります。
「そっちが飛び出してきた」
「そちらがもたもたしていたからぶつかった」
「スピードの出し過ぎではないか」
「信号無視した」

証言が食い違い、相手が嘘をつくケースも多々あります。

しかし、警察が到着するまでの間に相手とケンカをしても仕方がありません。お互いに気分が悪くなるだけですし、やってきた警察には「どちらにも責任があるのだから」などと言われていさめられるでしょう。

相手と認識が一致しなかったり相手が嘘をついたりしても、喧嘩をせず警察を待つべきです。

警察が到着したら正確に事故状況を伝える

警察が到着したら、事故の状況を正しく伝えることが重要です。相手が嘘をついているなら、なおさらしっかりと事故状況を伝えて正確に実況見分調書に記載してもらいましょう。
警察が事故現場で行う実況見分にもとづいて作成される「実況見分調書」は、後に交通事故状況を証明するための重要な証拠となります。相手と直接口論するより、警察に自分の主張を聞いてもらって実況見分調書に反映してもらう方がずっと大切です。

事故後、警察・救急車が到着するまでにかかる時間

交通事故が発生したら、警察や救急車が到着するまでどのくらい時間がかかるかご存知でしょうか?

救急車が到着するまでの時間

救急車を呼ぶときには「119番」をします。消防局につながるので、事故が起こったことと事故現場を伝えてすぐに来てもらいましょう。
東京消防庁によると、通報してから救急車が現場に到着するまでにかかる時間の平均は、7~8分程度です。
その間にできる限りの応急処置と危険防止措置をしておく必要があります。

参考:平均到着時間(平成25年~平成29年) – 東京消防庁

警察が到着するまでの時間

警察庁の発表によると、110番通報後に警察が現場にかけつけるまでにかかる時間の平均は6~7分程度です。

参考:「事件・事故への即応」(警察庁サイト)

ただし上記はあくまで平均的な時間であり、現実に救急車や警察が現場に到着するまでの時間は、ケースバイケースです。たとえば山奥では救急車や警察の到着が遅れる可能性が高いですし、都心でも、道路が渋滞していればなかなか来てくれないケースもあるでしょう。上記はあくまで目安の数字と捉えてください。

まとめ

交通事故が発生したとき、当初にきちんと対応できたかどうかで後の損害賠償や刑事事件の結果が大きく変わってくる可能性があります。今回ご紹介した内容を頭に入れて、適切な対応を進めていきましょう。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事