物損から人身切り替え!加害者が警察署に行かない時の対処法

警察官
【よくある質問】
事故現場では、軽度な追突事故だったので警察も物損事故扱いで処理をし、その場は解散しました。しかし、後日むち打ちの症状が出たため、病院に行き診断書をもらい人身事故に切り替えようと考えています 。ただ、加害者が色んな理由を言って、警察署に一緒に行こうとしません。助けてください。

人身事故切り替え時、警察署へ加害者と一緒に行く理由

確かに物損事故から人身事故への切り替えには「被害者と加害者両方の出頭が必要」との記載が、警察署のホームページに書いてある場合があります。

参考外部サイト 保土ヶ谷警察署サイト)「物件事故から人身事故へ切り替える方」

そもそもなぜ両者の出頭が必要なのかと言うと、人身事故扱いとなると警察には「捜査義務」が発生し、実況見分調書などを作成しなければならないため事故当事者双方から事情を聞く必要があるからです。

加害者が切り替えに協力しない場合

確かに実況見分をするためには、被害者、加害者双方の立会いが必要です。ですが、これはあくまで原則論です。

加害者がいなければ人身事故への切り替えが出来ない、という事はありません。

加害者が協力しない時、対応方法を教えてもらうために、交通事故に強い弁護士に一度無料相談することをお勧めします。

警察が人身切り替えを警察が拒む理由

被害者が、人身事故への切り替えの届け出をしても、警察が断る理由はいくつかあります。

事故発生から日数が経過し期限を過ぎている

物損事故から人身事故への切り替えは、出来る限り「早く」が鉄則です。

診断書を書いた医師にも、早く届出て下さいと言われるはずです。

時間が経てば経つ程、事故との因果関係に疑問が生じることとなり、警察は受理しなくなります。

事故後10日以上経っているような場合は、これも一つの要因として考えられます。

法的に明確な切り替え期限の基準はありませんが、警察に受理を拒否する理由を与える事になってしまいます。

事前に予約をしていない

人身事故への切り替え手続は、警察署の中でも一定の職員でなければ調書などがとれないため突然では対応が出来ません。そのため、アポ無しで行った場合は何かと理由をつけて断られるということもあります。

警察は出来る限り人身事故にしたくない

警察署にとって、物損事故と人身事故は業務量がまるで違います。

人身事故になると警察は捜査に着手しなければならず、軽いケガ、むち打ち程度の被害では出来る限り受理を拒む傾向にあります。

これは、被害届と告訴状のケースととても似ています。

警察は被害届についてはちゃんと内容が書かれていれば受理してくれますが、犯人に処罰を求める主旨である告訴状はそう簡単には受理しません。

理由は、被害届には捜査義務は発生せず、告訴には捜査義務が発生するからです。物損事故と人身事故の関係でもこれと同じ事が言えます。

加害者がいないと実況見分ができないのですか?

そんな事はありません。そもそもはじめから人身事故になるような大事故の場合、事故当事者のいずれかが救急車で病院に搬送されている事だってあります。そう言った場合でも、現場では残った当事者と警察で実況見分が行なわれ、一方当事者のいい分だけが実況見分調書に記録されます。

ですから、被害者、加害者が一緒にいないと実況見分が出来ない、だから人身事故への切り替えを受理出来ない、という警察側の主張はそもそもおかしな言い分なのです。

どうすれば受理してもらえるの?

医師から事故との因果関係を記録した診断書を貰っているのであれば、加害者不在でも強く主張すれば受理させる事は可能です。ポイントは、なぜ加害者と一緒に来れないのかをきちんと警察に説明する事です。

警察が人身事故切り替えに協力してくれない

万が一それでも警察が拒否する場合は、交通事故に強い弁護士に相談しましょう。

上記の被害届と告訴状の例でもそうですが、弁護士が介入すると警察署は急に態度を変えます。警察を動かすには弁護士が効果的です。

弁護士から警察署に連絡してもらったり、同行してもらう事が一番効果的です。

関連記事
img_lawyercost0_ver1.0
弁護士費用特約のメリット、デメリット、注意点と使い方を解説!
交通事故被害者には、弁護士費用特約は非常に重要です。弁護士費用特約とは何か?弁護士費用特約で知っておくべきメリットと…

こういったメリットからも、加害者側の理不尽な対応や不明点がある場合は、交通事故に強い弁護士に相談することをお勧めします。

※どの弁護士事務所にしたら分からないという方は、「誰も教えてくれない「交通事故に強い弁護士の選び方」」を参考にして、交通事故に強い弁護士にご相談ください。

※今すぐ、人身事故の切り替えに関して弁護士に相談したい!最寄りの弁護士を探す方はこちらからどうぞ。お電話で自分が準備したものを元に、お気軽にお話してみてください。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates
 現在営業中( 本日9:30~20:00 ) ]

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
 現在営業中( 本日9:30~20:00 ) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!