交通事故の実況見分調書が加害者主体!不満がある場合の対処方法は?

★ お気に入りに追加
警察パトカー

交通事故が起こった場合、事故現場に警察を呼ぶ必要があります。人身事故の場合には、警察が実況見分を行い、実況見分調書を作成します。

ところが、被害者の怪我の程度が重かったりすぐに救急車で運ばれたりすると、被害者は実況見分に立ち会えない可能性があります。そうなると、被害者に不利な内容で実況見分調書が作成されてしまい、被害者にとっては大きな痛手になります。

そこで今回は、交通事故の実況見分調書が加害者主体で作成されていて、被害者にとって不満がある場合の対処方法について、解説します。

被害者が実況見分に立ち会えない場合とは?

実況見分調書や供述調書は、被害者による加害者への損害賠償請求手続きにおいても重要な証拠になるので、その内容を適切に作成してもらう必要があります。

そのためには、被害者が実況見分に立ち会って自分の主張を警察官にしっかり伝える必要があります。しかし、被害者が実況見分に立ち会うことができないケースがあります。

それは、被害者が重傷を負った場合や死亡した場合です。重傷を負うと、とても実況見分に立ち会う気力がないことが多いですし、救急車ですぐに病院に運ばれることもあります。
死亡すると、当然実況見分には立ち会えません。

このような場合、被害者不在のまま実況見分調書が作成されるので、加害者の一方的な言い分に従って実況見分調書が作成されて、被害者の意見が反映されません。そうなると、実況見分調書の内容が被害者に不利になってしまいます。
さらに、被害者の主張内容をまとめた被害者の供述調書も作成されません。よって、この場合、加害者にとって有利な証拠ばかりが作られてしまうことになります。

このようなことになると、損害賠償請求をする際、被害者にとって大変な不利益があります

実況見分をやり直してもらえるのか?

被害者が重傷を負ったり死亡したりした交通事故の場合、加害者の言い分にもとづいて実況見分調書が作成されますが、この場合、被害者としてはどのような対処をとることができるのかが問題です。

まず考えられるのは、実況見分をやり直してもらうことです。被害者が死亡してしまったら、もはや被害者の立ち会いのもとに実況見聞をやり直すことは不可能ですが、被害者が重傷の場合などには、回復後に実況見分をやり直してもらえないのかが問題となります。

しかし、残念ながらこれはかなり難しいです。警察は、基本的に実況見分を一度しか行いません。被害者が立ち会えなかったからと言って、被害者立ち会いのもとに実況見分をやり直してくれることはほとんどありません。

もしやり直しがあるとしたら、1度目に作成した実況見分調書の内容や作成過程に明らかな問題や重大な問題があったようなケースです。警察は、あくまで加害者の刑事事件の資料として実況見分を行っているのであり、被害者の権利保護のためにしているわけではありません。よって、基本的に被害者が立ち会えなかったという理由では実況見分調書は作成し直してくれないのです。

以上より、被害者が実況見分に立ち会えず、その内容に不満がある場合でも、実況見分調書そのものを作成し直してもらうことは難しいと考えましょう。

実況見分調書に不満がある場合の対処方法

それでは、被害者が実況見分に立ち会えなかった場合、被害者としては何もできずに泣き寝入りするしかないのでしょうか?
この場合、被害者が何もできないということはありません。

被害者が実況見分に立ち会えなかった場合、被害者の供述調書の作成がまだになっています。そこで、後日警察が被害者の供述調書をとりにくることが多いです。この場合、被害者は、自分の認識通りの説明をして、その内容で供述調書を作成してもらうことができます。供述調書の内容も、民事損害賠償請求の手続きで重要な意味を持つので、しっかり自分の主張をして納得のいく内容のものを作成してもらう必要があります。

ただ、被害者が実況見分に立ち会えず、後日供述調書のみ作成する場合、注意が必要な点があります。

警察は、交通事故日に加害者から説明を受けて実況見分調書を作成し、加害者の供述調書を作成しているので、加害者の説明通りのストーリーが頭に入っている状態になっています。そこで、警察は、被害者の供述調書作成に際し、事前に加害者のストーリーをもとにして、下書き(文案)を作成していることがあります。また、文案を作成していなくても、何かにつけて加害者の説明通りのストーリーを押しつけてくるような場合もあります。

このように、被害者が後から供述調書を作成する場合、警察が事故状況についての先入観を持っていることが大きな問題になります。

被害者としては、このような押しつけや先入観に屈することなく、自分の主張をしっかりと行って理解してもらうことが大切です。そして、自分の認識通りに正しい供述調書を作成してもらいましょう。

供述調書は、供述者が署名押印しない限り、無効な書面です。警察官がいくら上手に作文をしても、被害者自身が納得して署名押印しないと意味がありません。

また、警察に対しては、何度でも供述調書の訂正を求めることができます。警察官が多少面倒そうにしていても、遠慮せずに納得いくまで訂正に応じてもらうことが、後の損害賠償請求手続きで役立ちます。

以上のように、交通事故の実況見分に立ち会えなかった場合には、後の供述調書作成の際に、しっかりと自分の意見や認識を反映させてもらうようにしましょう。

弁護士に相談する

被害者が重傷を負って実況見分に立ち会えなかった場合には、実況見分調書自体のやり直しは難しく、基本的に自分の認識に従った供述調書を作成してもらうという対応になります。
ただ、それだけでは本当に被害者の言い分通りの事故状況を認定してもらえるとは限りません。また、被害者が死亡したケースなどでは、後日に被害者が自分の認識通りの供述調書を作成してもらうこともできません。

このように、被害者が実況見分に立ち会えなかったために不利になることを避けるためには、弁護士に示談交渉の手続きについて相談・依頼することが役立ちます。
弁護士であれば、交通事故事件に詳しいので、ケースごとの適切な対応方法を心得ていますし、不利な証拠の中でも最大限に被害者の利益を実現出来るように対処してくれます。

示談交渉の際に過失割合の認定をする場合でも、被害者が最大限有利になるようできるだけの証拠を集めて、法律的な知識を駆使して戦ってくれるでしょう。
そこで、実況見分調書の内容に不満がある場合には、交通事故問題に強い弁護士を探して相談してみることをおすすめします。

まとめ

今回は、交通事故後の実況見分に立ち会うことができず、実況見分調書の内容に不満がある場合の対処方法について解説しました。

交通事故の実況見分調書や供述調書は、交通事故の状況を示す有力な証拠なので、実況見分に立ち会えずに加害者の主張にもとづいてこれらが作成されると、被害者にとって大変不利になる可能性があります。これらの書類は、とくに被害者の過失割合に大きな影響を及ぼします。

被害者が重傷で実況見分に立ち会えなかった場合、実況見分をやり直してもらうことは基本的に難しいですが、被害者の供述調書については、根気よく警察官とやり取りして、納得いくものを作成してもらうようにしましょう。

自分一人では対処が難しいと感じたら、交通事故問題に強い弁護士に対応を相談することをおすすめします。

今回の記事を参考にして、実況見分調書の内容に不満がある場合にも上手に対応をして、なるべく過失割合を有利に認定してもらえるように行動しましょう。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
【全国対応】
弁護士法人ALG&Associates

土日の電話受付対応。交通事故の初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。交通事故の初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6353
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

あなたへおすすめの記事

この記事が役に立ったらシェアしてください!