交通事故の相手(被害者)に連絡とれない。お詫びの品や挨拶はどうする?

交通事故の相手(被害者)に連絡とれない。お詫びの品や挨拶はどうする?

交通事故に巻き込まれたり、逆に不注意で交通事故を起こしたりして、相手を怪我させてしまうことがあります。
その場合、一般的には双方が早め早めにトラブル解決したいと考えるでしょう。

しかし、時折解決が長引くこともあります。
その理由の一つは、「被害者が会ってくれない」、「お詫びの品を受け取ってくれない」、「電話に出ない」、「連絡がとれない」という状況です。

ここでは、そのような場合にどう対応すれば良いのかを解説します。

※逆に、示談交渉等のために加害者に連絡とろうとしてもとれない被害者の方は、以下の記事をご覧ください。

関連記事
img_rudeman_ver01
加害者の誠意がない、謝罪ない、連絡がとれない時の対処法とは?
交通事故の被害には、大きく分けて2種類あることをご存知でしょうか。 一つは交通事故自体によって引き起こされた被害、つ…

1.人身事故でお詫び・謝罪をする必要性

まず大前提として、そもそも交通事故において「謝罪」は必ず必要なのでしょうか?

実は、「必ず」ではありません。むしろ、謝罪しない方が良い場合というのもあります。

(1) 謝罪した方が良い場合

謝罪した方が良い場合とは、すなわち「100%こちらが悪いことが明白な場合」です。

例えば、被害者が停車中の追突事故などはこの典型でしょう。
また、当て逃げしてしまったような場合も100%こちらの責任ですから、とにかく謝って被害者の怒りを鎮めるしかありません。

また、人身事故の場合で、 刑事責任を軽くしてほしいような場合は、被害者との示談が成立しているかどうかが大きく左右します。

そのため、早めに謝罪して示談交渉がスムーズにいくよう配慮することも一つの選択肢です。

(2) 謝罪しない方が良い場合

ただし、お詫びをする場合に注意しなければならないことがあります。それは「謝る」ことは「あなた自身の過失を認める」ことに等しいということです。

仮に、過失割合が拮抗しているような交通事故の場合で一方的に謝罪しすぎると、被害者も自分が一方的な被害者だと勘違いをする恐れがあります。
特に、出合い頭の衝突事故などの場合は、どちらの方が悪いのかその場で判断が難しい場合もあります。

関連記事
松葉杖・スーツ
交通事故の加害者と被害者、その定義と区別とは?
交通事故の話題には、必ず被害者と加害者が登場します。では、被害者と加害者はどのように区別するのでしょうか? 一般に、…

加害者の方は、自分が加入する保険会社の担当者とよく相談するようにしましょう。

2.加害者の事故後対応ポイント

Aさん:
不注意で相手に車をぶつけてしまいました。その交通事故の被害者に謝りに行こうと連絡をしているのですが、「謝罪はけっこうです」と拒否されています。ついには電話しても、全く出なくなってしまいました。
こんな時はどうすれば良いのでしょうか?なにかすべきことはありますか?

このように、加害者からの謝罪を拒否する被害者は少なくありません。

では、そんな時、加害者はどうしたらよいのでしょうか。

ポイント1:謝罪の連絡は交通事故後できる限り早く

謝罪を拒否されるのには、それなりの理由がある場合がほとんどです。中でも、「謝罪に来るのが遅い」ということで、以後の謝罪を受け入れてもらえないというケースは多々あります。

謝罪とは、謝罪することそれ自体よりも、申し訳ないという気持ちをいかに早く被害者に伝えるのかが重要です。

そのため、交通事故の翌日には、謝罪の連絡を被害者に対して入れましょう。この電話があるかないかで、被害者心理は大きく変わります。

また、この電話が一日遅れる度に、被害者の心証が悪くなっていきます。自分自身も忙しいかもしれませんが、それらを差し置いてでも最優先に被害者に謝罪するという精神こそが、被害者の理解に繋がります。

関連記事
人身事故(追突)のお詫びの仕方・謝罪文の書き方【超入門・文例付き解説】
人身事故(追突)のお詫びの仕方・謝罪文の書き方【超入門・文例付き解説】
今回は、追突で人身事故を起こした場合(特に軽い追突事故を起こして相手が病院に通院し、むちうち症状などを訴えている場合…

ポイント2:病院や自宅へ直接謝罪に行く

電話での謝罪を行なったら、その次は直接の謝罪となります。

謝罪には唯一の正解はありません。また、謝罪は「生身の人間」を相手にするものなので、謝罪の行くのことが良い方向に働くのかどうか、不確実性があります。
もし謝罪を受けて入れてもらえる余地があると感じとれるようでしたら、以下のように直接謝罪に行くことも選択肢の一つでしょう。

まず、急に来られると迷惑になるため、通常は被害者の都合を聞いて、アポイントを取ってから伺うようにします。

ただ、被害者によっては「謝罪は結構です」といって受け入れてくれないケースもあります。しかし、そのような場合でも、お詫びの品と謝罪文を持参して謝罪に行くという姿勢を見せましょう。

交通事故被害者の多くは、心の底では加害者からの謝罪を求めているはずです。しかし、あまりの怒りや悲しみから、謝罪を受け付けられない精神状態になってしまっていることもあります。
このため、たとえ電話で謝罪を拒否していても、実際に行ってみると話くらいは聞いてもらえることもあります。

また、謝罪に行っても結果的に取り合ってもらえなかった場合には、謝罪に行った日時などを正確に記録しておきましょう。

裁判になった際に、被害者が「謝罪に来なかった」と主張してくるケースがあります。そのような場合に備えて、その旨を反論するためにきちんと謝罪に行った記録をとっておくことが大切です。

関連記事
交通事故の加害者が守るべきお見舞い6つの鉄則
交通事故の加害者が守るべきお見舞い6つの鉄則
注意!お見舞いに行く前の確認事項 交通事故を起こし相手に怪我を負わせてしまった場合、加害者は損害賠償や示談の心配で頭…

google 広告 記事下

この記事が役に立ったらシェアしてください!