交通事故で顔や露出部に傷(醜状痕)!慰謝料・逸失利益は認められる?

交通事故によって顔面に傷跡が残った後遺障害を「醜状」と言います。

では、普段から露出している、もしも顔、足、首などに大きな傷を負って、美容上の問題が起きた場合、損害賠償はどうなるのでしょうか。

後遺障害慰謝料

交通事故で顔をはじめ、肌が露出している部分に大きな傷を負った場合は、醜状・醜状痕という後遺障害に認定される可能性があります。

後遺障害に認定された場合は、通常の慰謝料のほかに後遺障害慰謝料を請求することができます。
醜状によって認定される等級と、それに対応する裁判基準の後遺障害慰謝料は以下の通りです。

  • 7級12号 外貌に著しい醜状を残すもの…1,000万円
  • 9級16号 外貌に相当程度の醜状を残すもの…690万円
  • 12級14号 外貌に醜状を残すもの…290万円
  • 14級4号 上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの…110万円
  • 14級5号 下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの…110万円

このように、傷跡が後遺障害に認定されれば、それに応じた後遺障害慰謝料を請求する事ができ、これについては示談交渉や裁判において大きく争うことはないでしょう。

醜状は顔面だけに限らず、頭部、上肢、下肢など、夏服等を着用した際に一目に触れるような場合で、一定以上の大きさのものであれば認定される可能性があります。
問題となるのは、次の逸失利益についてです。

逸失利益

これは、交通事故で顔などに傷を負ったことで、失ってしまった利益のことで、労働能力喪失率をもとに計算をすることになります。ただ、醜状の場合はその他の後遺障害と違い、体の機能に障害があるわけではなく、あくまで見た目の問題のため、労働能力自体は失われていないという見方をされる場合もあります。醜状については、原則、逸失利益は認められません。

醜状はあくまで傷跡であって、労働能力の機能低下に直接的な影響がないと考えられているからです。

過去の裁定においても、左目に長さ5cm以上の線状痕が残った被害者が、第9級16号に認定されたましたが、裁定では「外貌醜状による逸失利益の発生は現時点では予想しづらい」との見方を示し、醜状については逸失利益を認めませんでした。(29歳男性トラック運転手)

しかし、近年この考えを改め、一定の場合は醜状でも逸失利益を考慮しようという動きがあります。具体的には、以下のようなケースにおいては、醜状についても損害が認められる場合があります。

  • 年齢、性別、職業等を考慮した上で、醜状が原因で配置転換させられた場合。
  • 醜状が原因で、一定の職につけないなど職業選択の自由を制限される可能性がある場合。
  • 醜状が原因で、対人的、対外的に消極的になる恐れがあり、それが間接的に労働能力の喪失に影響を及ぼす恐れがある場合。

これらに該当する場合は、その損害を逸失利益としてではなく「後遺障害慰謝料の増額」という形で考慮されます。増額される金額の目安としては、原則100万円〜200万円と言われています。被害者本人がどのような職業についているのかも重要な判断材料となります。

例えば、対人接客業のような場合、醜状によって配置転換させられたり、消極的になってしまい、配置転換せざるを得なくなる可能性も出てきます。また、今後そう言った職につけなくなるという点も主張する事で、後遺障害慰謝料を増額させられる余地はあります。

醜状が逸失利益として認められるかどうかの2つのポイント

ポイント1:傷の回復の可能性

顔面に負った傷跡は、他の場所よりは目立つものの現代医学の発達によってかなり改善できるようになりました。そのため被害者が醜状による逸失利益を請求した場合、加害者側から以下のような反論をされる可能性があります。

1:今後の治療によって傷跡が回復する可能性がある。
2:髪型によっては傷を隠すことができる。
3:化粧によって見た目を緩和することができる。

こういった主張は、被害者側からすれば非常に腹の立つことではありますが、実際にこれらによって傷跡が緩和されるのであれば、逸失利益については同等の他の後遺障害よりも低く見られる可能性があります。

ポイント2:被害者の職業との関係性

醜状による逸失利益は、被害者の職業にも大きく関係してきます。例えば先ほど逸失利益が認められなかった人の場合、29歳男性でトラック運転手ですから、眼の周辺にできた線状痕が仕事に大きく影響するとはあまり考えられません。

ただ、接客業だったりしたらどうでしょう。例えば飲食関係やホテル関係だった場合、顔面の傷跡が原因で配置転換させられたり、最悪の場合解雇もあり得るかもしれません。このように醜状が原因で実質的な被害を被っているような場合、もしくは被る恐れがある場合は、逸失利益として認められやすい傾向にあります。

傷を隠す美容整形外科クリニック、形成外科は使えるのか?

このように逸失利益を低く見られる可能性がある場合は、できる限り症状固定までに傷がより回復するよう形成外科や美容外科クリニックで治療をすると良いでしょう。
交通事故で美容外科クリニックは使えないと思っている人もいますが、その必要性が加害者側の保険会社から承諾が得られれば、負担してもらえる場合もあります。

美容外科で治療を受ける場合は、健康保険が適用できないため治療費が高額となります。そのため加害者側が承諾していないのに勝手に美容外科を利用するとあとで争わなければならなくなるため、事前に加害者側の保険会社と協議をすることをおすすめします。

ただし、治療などによって醜状が緩和されれば、逸失利益は当然低く見られます。どっちが良いのか、という議論もあり得るのかもしれませんが、基本的には医学的に醜状を緩和できる場合は、その旨を加害者側が主張してくる可能性が高いため、治療費を負担してもらって治す方を優先すべきでしょう。

女性の醜状は男性より重くみてもらえるのですか?

確かに男性よりも女性の方が、醜状が及ぼす影響は大きいように思えます。そもそも醜状の後遺障害認定は、女性を重く評価するような制度になっていました。けれども平成22年の判決において、「醜状に男女間で大きな差を設けることは差別的取扱いである」として、平成23年にこの制度が改正され、男女とも同じように認定するように改められました。

こうした背景から、女性だけを重く評価するということはありません。但し、現実的には女性の方が肌を露出することが多く、またそれが職業によっては大きく影響する場合が多いため、事実上は逸失利益などについては女性の方が重く見られることはあります。

女性の醜状は、整形をせずに我慢した方が慰謝料は高くなるのですか?

まず慰謝料については、裁判基準を用いて請求するだけですので、醜状を整形で治すかどうかで大きく変わりません。問題は逸失利益です。

ポイントは、どこまでが治療でどこまでが整形かということです。あくまで怪我の治療として認められればそれは治療費として加害者に対して請求することが可能です。

仮に、被害者が必要最低限の治療しか受けず、結果として大きな傷で後遺障害認定を受けたとしても、加害者側から治療によって更に回復することが可能であるとの反論を受けることになり、逸失利益が低く修正される可能性があります。

加害者側は、被害者に更なる治療によって回復する可能性があるのであればその治療費を負担する義務がありますし、治療が不可能であれば、そこからは逸失利益として負担する義務があります。
どっちがトクかという問題ではなく、治療可能な傷については治療しなければその旨加害者側から反論されるだけですので、治療で良くなるようであれば治療費を負担させて治療すべきです。

なお、美容整形の場合はどこまでが交通事故との因果関係が認められるのかは、その都度議論されることになりますので、どのような治療を受けるのかがポイントとなるでしょう。

美容整形や美容外科の場合、どこまでが加害者側に負担してもらえますか?

はっきりとした線引きを知りたい気持ちは分かりますが、これは醜状の状態によりますから、安易にこうです、ということを明言することはあまりに無責任なアドバイスとなるためそれはしません。

それらは、治療に入る前に交通事故に強い弁護士に相談の上、予め加害者側の保険会社と協議をして進めることをおすすめします。なぜなら、美容整形や美容外科クリニックを利用する場合は費用が高額になるため、こうなるであろうと決め込んで治療をすることが、非常にハイリスクだからなのです。

必ず事前に、交通事故に強い弁護士に相談してからにしましょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-2099
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!