交通事故の後遺障害認定までにかかる期間とは?

交通事故で後遺症が残り,後遺障害の認定を申請したけど,なかなか結果が出ない…。

  • 「申請してからどれくらいかかるの?」
  • 「申請方法によって期間が違うの?」
  • 「人によっても期間は違うの?」

このような疑問,悩みを持っている方は多いと思います。

そこで,交通事故による後遺障害等級認定について,申請準備の段階から後遺障害の認定までの期間について詳しく解説していきます。

後遺障害等級認定とは

交通事故で怪我をして後遺障害が残った場合には,後遺障害慰謝料を請求することが出来ます。

ただし,被害者が後遺症が残ったと主張するすべての場合で、後遺障害慰謝料を請求できるわけではありません。

交通事故でけがをして治療を続けた後,「まだ痛みが残っている」「○○が動きにくい」などと主張する人はとても多いのですが,それだけですべての場合に慰謝料請求を認めていては,公正とはいえません。そこで,中立的な立場で調査が行われ,その被害者の症状が,賠償されるべき交通事故の後遺障害に当たるのか,また,どの程度の後遺障害に当たるのかが決められることになっているのです。

そのため,自賠責保険で後遺障害の慰謝料を請求するためは,まず,損害保険料率算出機構という団体の下部機構である自賠責損害調査事務所に,自賠責保険の「後遺障害」として等級を認定(後遺障害等級認定)してもらう必要があります。自賠責保険においては,後遺症の程度によって定められた「等級」ごとに慰謝料などの金額が決められます。

そして,この後遺障害等級認定の申請方法には,事前認定と被害者請求の2種類があります。以下,それぞれの方法について,詳しく説明します。

事前認定とは

自動車保険には,法律で加入が義務付けられている「強制保険」である“自賠責保険”と,加入の義務はない“任意保険”があります。任意保険は,自賠責保険では賠償しきれない様々な損害を補償する保険です。自賠責保険で支払われる損害賠償金を超える分について,任意保険から支払われることになります。

もっとも,自賠責の保険会社と任意保険の保険会社の両方に損害賠償請求をしなければならないとすると,交通事故の被害者にとって手間となります。

そこで,任意保険会社が窓口となり,任意保険から支払うべき部分だけではなく自賠責保険の分の賠償金もまとめて被害者に支払ってくれる制度があります。この方法を,「一括払い」といいます。そして,「事前認定」とは,一括払いの一環として,任意保険会社が被害者の自賠責保険の後遺障害の等級認定を事前に確認する事前照会制度のことをいいます。この場合には,任意保険会社が後遺障害等級認定の手続きも行います。

事前認定では,任意保険会社が,必要書類を全て揃えて後遺障害等級認定の申請をしてくれます。認定の結果は,被害者本人ではなく任意保険会社に対して連絡されます。任意保険会社は,後遺障害が認定されると,これに対する損害賠償金もいったん被害者に支払い,その後,自賠法15条に基づき,自賠責保険会社に対して,立て替えた自賠責保険分の支払いを請求します。

ここで,「被害者の損害について,相手方である加害者側が手続きをして大丈夫なの?」という疑問を抱く人もいると思います。

実際,事前認定は,加害者側が行うものであることから,被害者の後遺障害の等級が認定されやすいようにという努力は一切してくれません。また,被害者本人がまだ治療を続けたいと考えている段階で治療を打ち切って申請に進んでしまったり,被害者に有利な資料を提出してくれなかったりすることもあります。この点は,事前認定の大きなデメリットといえます。

事前認定に関して、詳しく知りたい方は、次の解説記事をお読みください。

関連記事
事前認定・加害者請求
交通事故の後遺障害の事前認定とは?注意点とメリット・デメリットも解説!
交通事故に遭って怪我をすると、治療を続けても完治せず後遺障害が残ってしまうことがよくあります。この場合、適切な等級の…

被害者請求とは

これに対して,「被害者請求」は,被害者の側から直接,自賠責の保険会社に対して,後遺障害等級認定を申請する方法です。被害者請求では,被害者が自分自身で必要な書類や資料をそろえ,請求書を書いて,申請しなければなりません。認定の結果は,被害者に直接連絡されます。

自分で準備をしなければならないので大変ですが(後で説明するように弁護士に依頼してしまえば本人の負担はほとんどありませんが),できるだけ高い等級が認定されるように有利な資料を用意することなどができるというメリットがあります。

関連記事
被害者請求の手続きとメリット・デメリット|後遺障害認定申請の流れ
交通事故に遭って怪我をした場合、治療を続けて完治すれば良いですが、完治せずに後遺障害が残ってしまうことがあります。 …

後遺障害等級認定にかかる期間

後遺障害認定にかかる期間には,2つの部分があります。1つは申請準備の為の期間,もう1つは申請してから調査が完了するまでの期間です。

それぞれ,一般的にどれくらいの期間がかかるのか,どのような理由で時間がかかってしまうケースがあるのか,詳しく見てみましょう。

申請準備に時間がかかるケース

先ほど,申請方法には事前認定と被害者請求の2つがあると説明しましたが,2つの申請方法によって,申請準備の期間の長さに違いはあるのでしょうか。

⑴ 事前認定の場合

事前認定においては,申請準備は任意保険会社がやってくれます。では,どのような理由で,申請準備段階に時間がかかることがあるのでしょうか。

例えば,保険会社の繁忙期であってなかなか手続きが進められないことや,保険会社の担当者が慣れていない,能力が不足している,あるいはあまりやる気がないことなどが考えられます。時期や担当者によって,差が出てくるのです。

これに対する対応策としては,第一に,小まめに保険会社に連絡をして,進捗状況を確認したり催促をしたりするということが考えられます。保険会社にプレッシャーを与えて急いでもらうのです。それでもなかなか動いてくれないような場合には,被害者請求に切り替えるということもあり得ます。

⑵ 被害者請求の場合

被害者請求の場合,申請の準備は被害者自身が行います。事前認定とは違って保険会社任せにはしないため,ある程度自分で準備期間をコントロールすることができます。

もっとも,申請に必要な書類は,多岐にわたります。主なものを挙げると,請求書,交通事故証明書,事故発生状況報告書,診断書,後遺障害診断書,レントゲン写真等などです。

これらの資料・書類を自分で用意するのは相当な手間になりますし,さらに日常的に一般の人が行っているようなことではありませんから,自分に有利な資料を適切に用意することは大変難しくもあります。後遺症に苦しんでいたり,仕事をしていたりすればなおさらです。

そのため,自分でやった場合,ここで手間取ることがあり,それによって認定までの期間が長期化することになります。

最も効率的なのは,専門家である弁護士に依頼をすることです。弁護士は,必要書類を適切かつ迅速に収集して申請してくれますので,この準備期間を短縮することができるのです。また,弁護士に依頼した場合,できる限り等級認定されやすいために動いてくれますので,自分で申請するよりも認定される可能性は高まるといえるでしょう。

⑶ どちらの申請方法が早いのか?

このように見てきますと,一概にどちらが早いとはいえませんが,事前認定の場合は,保険会社の事情によりけりとなり想定ができませんから,期間を短縮する確実な方法は弁護士に依頼して被害者請求をすることであると言えそうです。

審査に時間がかかるケース

損害保険料率算出機構が公表している2016年度のデータによれば,自賠責損害調査事務所における申請の受付から調査完了までの期間は,30日以内が全体の80.3%,そして,31 日から60 日以内が10.7%を占めています。さらに,61 日から90 日が4.9%,90 日超が4.0%となっています。

つまり,9 割以上は,60 日以内に完了していることになります。(参照:2017年度自動車保険の概況

では,より長くかかってしまう理由としては,どのようなものがあるのでしょうか?

医療照会などに時間がかかる場合

自賠責損害調査事務所では,申請書類に基づいて,事故発生状況,傷害と事故との因果関係,発生した損害の額などの調査を行いますが,申請段階の書類の内容だけでは判断できない場合には,事故当事者に事故状況の照会を行ったり,病院に照会を行ったりといった,さらに必要な調査を行うことになっています。

この際,病院側からの回答が遅い場合などもあります。そうなると,調査結果が出るまでの期間が長くなってしまします。

上部機関で調査をする場合

まず調査を行う都道府県庁所在地の自賠責損害調査事務所では判断が難しい事案などについては,損害調査事務所の上部機関である地区本部(主要都市に設置されている)・本部で調査が行われます。

また,「特定事案」と呼ばれる,脳外傷による高次脳機能障害に該当する可能性がある事案,非器質性精神障害に該当する可能性がある事案,異議申立事案等の場合には,弁護士や専門医などが参加する審査会で審査を行うことになっています。

この場合は,通常よりも特に慎重に調査が行われることになるため,認定までの期間は長くなります。

書類の不備などが長期化の原因になることも

上の2つは,事案によるものということになりますが,書類の不備が長期化の原因になることもあります。

自賠責保険の損害調査は,提出された書類の点検から始まります。申請書類に不備があったような場合は,修正や書類の追完をしなければなりませんから,その分時間がかかってしまいます。

そのため,最初の段階できっちり書類を整えておくことも重要です。

まとめ

これまでみてきたように,申請が受け付けられてから認定までの期間自体は,2か月以下になることが大半で,ある程度一律になっています。

そうすると,期間の長短に差が出てくるのは,申請準備段階においてであることが多いということになりますから,認定されるまでの期間を短くしたい場合には,ここでできる限り時間をかけないようにすることが大切です。

事前認定の場合は,保険会社の担当者に定期的に連絡をしてプレッシャーをかけることも必要ですし,また,そもそも,準備期間を自分でコントロールすることのできる被害者請求の方法をとることも一つの手です。

また,被害者請求の方法を選択する場合,自分で全てやろうとすると逆に時間がかかってしまうことも少なくありませんので,必要書類を準備する段階から専門家である弁護士に依頼することでよりスピードアップが見込めます。

できるだけ早く認定を得たい場合には,交通事故を得意とする弁護士に相談してみてください。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!