チャイルドシートと法律|違反の罰則と免除されるケースとは

★ お気に入りに追加

はじめに

小さい子どもを車に乗せるときにはチャイルドシートを使用しなければいけないということは、多くの方がご存知だと思います。

ところがチャイルドシートを嫌がる子どもも多いので、できれば抱っこして乗せたいのが本音、という方も多いのではないでしょうか。

ではチャイルドシートの利用を怠るとどのような罰則があり、どのようなリスクがあるのでしょうか。

この記事では、チャイルドシートに関する法律の決まりについて詳しく解説いたします。

チャイルドシートの使用は義務?

チャイルドシートの使用に関する法律

そもそもチャイルドシートの使用は絶対に守らなければいけない義務なのでしょうか。義務だとしたら何歳から何歳まで使用させなければいけないのでしょうか。

チャイルドシートの使用に関する規定は、2000年4月1日から道路交通法の改正によって新たに設けられました。

道路交通法の第71条3項を読むと、「幼児用補助装置」、すなわちチャイルドシートを使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない、とされていることからわかるとおり、チャイルドシートの使用は運転者の「義務」であると定められています。

チャイルドシートを使用すると子どもが苦しそうにしたり泣き出したりするので、外してあげたいという方もいらっしゃると思います。

しかし、チャイルドシートは子どもの安全のために使用が義務付けられているものですので、使用を怠ると取り締まりの対象となります。

なお、抱っこひもを着用して子どもを乗車させることも違反となります。

何歳から何歳まで?

「幼児」とは6歳未満の子どもをいいます。したがって6歳になるまで(0歳から5歳)は使用する義務があり、出産直後の新生児も対象となります。

6歳以上の子どもに関しては使用する義務がありませんので、使用しなくても取り締まりの対象とはなりません。

ただし車のシートベルトは身長140cm以上の人を基準に設計されていますので、安全面では子どもの身長が140cmに達するまではチャイルドシートを使用した方が安心です。

子供が大きくなってしまってチャイルドシートを使用できない場合、ジュニアシートを利用しましょう。選び方などについては下記記事が詳しいので併せてご覧ください。

関連記事
ジュニアシート
ジュニアシートの役割とは?対象年齢からおすすめ商品まで紹介
ジュニアシートを購入しようか迷っているだけど・・・ 初めてであればどんな商品を選ぶべきか分かりませんよね。 「そもそ…[続きを読む]

違反の点数・罰則はどれくらい?

チャイルドシートの使用を怠って取り締まりを受けると「幼児用補助装置使用義務違反」となり、1点の違反点数が科されます。

反則金や刑事罰(罰金、懲役など)はありません。違反点数が加算されるのは運転者に限られ、同乗者は対象となりません。

このように、チャイルドシートの使用を怠ったときの罰則はそこまで重いものではありません。

チャイルドシートを使わなくても良い条件・免除される条件は?

チャイルドシートの使用義務が法律上免除される場合もあります。
具体的には次のようなケースです。

チャイルドシートが固定できないとき

座席にシートベルトが装備されていなかったり、特殊なシートベルトが装備されている場合など、チャイルドシートを座席に固定できないことがあります。

このようなときにはチャイルドシートの使用義務が免除されます。

チャイルドシートを使用すると全員乗車できなくなるとき

車には決められた乗車定員があります。ところがチャイルドシートを使用すると乗車定員の範囲内で全員が乗れなくなる場合があります。

このような場合にはチャイルドシートの使用義務が免除されます。

ただし、複数の子供が乗車する場合、すべての子供に義務が免除されるのではなく、あくまで乗車できる限りは使用する必要があります。

幼児が負傷している時等

股関節を脱臼している場合やアトピー性皮膚炎等の皮膚病がひどい場合など、子どものケガや病気などによりチャイルドシートを使用することがふさわしくない場合があります。このような場合には免除となります。

著しい肥満・身体の状態により使用できないとき

子供の身体が大きすぎて、使用することが不可能である場合など、身体の状態により適切にチャイルドシートを使用させることができない場合には免除となります。

授乳等の日常生活上の世話ができないとき

授乳やおむつ交換など、チャイルドシートを使用したままでは行うことができない日常生活上の世話をするときにはチャイルドシートの利用義務が免除されます。

しかし、安全面を考慮すればできるだけ車を停止して世話をするべきです。

バス・タクシー

路線バス貸し切りバス、タクシーやハイヤーに子どもを乗車させるときには免除となります。

応急救護のため医療機関、官公署等へ緊急に搬送する際に

救急車など緊急自動車に乗車させる場合はもちろん、深夜に子どもが急に病気にかかり自家用車を使用して病院に向かう場合や、迷子である幼児を保護して交番等に搬送する場合など、緊急性のあるときには免除となります。

チャイルドシートを助手席に取り付けるのは危険?合法?

チャイルドシートは助手席に取り付けてもいいの?

車によっては助手席のサンバイザーに「チャイルドシートは後部座席に取り付けてください」という注意書きがあることもあります。しかし、一人で車を運転するときなどに目の届くところに設置したいという方もいらっしゃると思います。では、助手席にチャイルドシートを取り付けてはいけないのでしょうか。

チャイルドシートは後部座席に取り付けるべき

結論からいうと、チャイルドシードは後部座席に取り付けるべきです。
最近発売された車であれば、ほとんどの車には事故による衝撃を軽減するためのエアバッグが装備されています。チャイルドシートを助手席に設置すると衝撃によってエアバックが開いたときにチャイルドシートに当たり、チャイルドシートが弾き飛ばされてしまうことがあるのです。また、エアバッグが押し付けられて子どもが窒息してしまう危険性もあります。

チャイルドシートを助手席に取り付けても違法ではない

法律上は「チャイルドシートは後部座席に取り付けなければならない」という規定はありません。したがって、チャイルドシートを助手席に取り付けたからといって取り締まりの対象となるわけではありません。
安全上の理由から後部座席に取り付けた方がいいことはすでに説明したとおりですが、車種や乗車人数によっては助手席にしか取り付けられない場合もあるかと思います。そのようなときには車のシートを極力後ろまで下げ、チャイルドシートは必ず前向きに設置するようにしましょう。

最後に

チャイルドシートに関する法律の決まりについてご理解いただけたでしょうか。
チャイルドシートの使用を怠って取り締まりを受けたとしても、罰則はそこまで厳しいものではありません。しかし、チャイルドシートは子どもの命を守るためのものであるということを忘れてはいけません。
交通事故はどれだけ注意していても起こり得るものです。子どもは自分の身を自分で守れませんので、万が一のときのために万全の対策をすることは私たち大人の責任です。
子どもの命を危険に晒すことがないよう、チャイルドシートは必ず使用するようにしましょう。

Adsense 関連コンテンツ

この記事が役に立ったらシェアしてください!