【10対0事故】むちうちで2週間通院!示談金・慰謝料相場を解説

  • むちうち症状を患い、通院期間が2週間程度の場合の10対0事故における慰謝料・示談金相場はどのくらいなのでしょうか?

軽い接触事故でも、停止している車に後ろから追突などがあった場合、初めはからだに怪我がないように見えても、「むちうち」の症状で首が痛くなることがあります。

この時には、すぐに治る場合と治らない場合があります。

この記事では、Yahoo!知恵袋やブログでも話題の「10対0の事故でむちうち症状が2週間通院した場合の慰謝料相場」や示談金の増額方法について解説します。

関連記事
東京でむちうちに強い弁護士4選【2022年版】
東京でむちうちに強い弁護士6選!【2024年版おすすめ】
むちうち症状に関する法律問題に詳しい弁護士事務所をお探しの方は、東京エリアの池袋や新宿、八重洲などでも多く存在してい…[続きを読む]
関連記事
むちうち!弁護士特約
むちうち!弁護士特約で費用0円に!5つのメリットとタイミングを解説
追突事故でむちうちになった時に弁護士特約を使って弁護士に依頼するメリットをご紹介していきます。追突事故の被害に遭い、…[続きを読む]

慰謝料・示談金の金額相場を計算する

慰謝料・示談金は通院期間や日数が関わってくる

むちうち症状の慰謝料の計算基準には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つが存在します。

任意保険基準は現在非公開となっていますが、自賠責基準と弁護士基準は公開されており、いずれも「通院期間」や「通院日数」によって金額相場が変動するよう設定されています。

例えばむちうちにしろそれ以外の症状にしろ、自賠責基準の場合は、以下のような公式が適用されることがあります。

  • 自賠責基準の入通院慰謝料の計算方法
  • 「実通院日数 × 2」「治療期間」
  • 上記いずれか少ない方の日数 × 4,300円 = 入通院慰謝料

10対0事故で、むちうちで2週間通院の具体例

例えば、むちうち通院2週間の場合はどうなるか考えてみましょう。例えば以下のような日数であったとします。

  • 実通院日数:6日
  • 治療期間:14日(2週間)

この場合、上記の公式を照らし合わせると、以下のような金額になります。

  • 6×2×4300=51,600円

実通院日数が伸びると慰謝料金額が上昇

先述のように、むちうちの治療期間が2週間であっても、実際の通院日数が増えると慰謝料が増額されることがわかります。

ただし、無理な通院は避けるべきであり、不必要な通院は望ましくありません。保険会社にバレる可能性もありますので注意が必要です。

また、前述の金額は「慰謝料」に関するものであり、「治療費」については別途請求することができます。

注意点:診断書の日数ではなく完治した通院期間が重要

重要な注意点として、治療期間に関する診断書の記載だけに頼るのではなく、実際の完治した通院期間が非常に重要です。

特にむちうちの診断書の場合、2週間といった治療期間が記載されることが一般的ですが、これはあくまでも目安であることを理解しておきましょう。

実際には、診断書に記載された治療期間よりも治療に必要な期間が長くなる場合が多く、むちうちの完治には時間がかかることがあります。

多くのケースで、事故直後に医師からもらった診断書では2週間で治るとされていたが、実際には2週間を過ぎても症状が改善しないという不満があります。

このような場合、慰謝料や示談金の額はさらに増加する可能性があることを理解しておくことが重要です。事故後の経過をしっかりと把握し、完治したときに治療を終えるよう努めることで、公正な賠償を得ることができるでしょう。

むちうち通院2週間の場合、弁護士基準はどうなる

10対0の事故で、弁護士基準でむちうちの慰謝料を計算した場合は、前述の方法よりも金額が上昇します。

ただし、弁護士費用特約に加入していない場合、弁護士に依頼することにより弁護士費用がかかり、2週間程度の通院の場合、結果的にマイナスになる可能性もあります。

そのため、多くの人々は弁護士に依頼せず、自賠責基準で慰謝料を計算して請求することが選択されることが多いでしょう。

むちうちの弁護士基準表に関する詳細は別のコラムに譲りますので、併せてご参照ください。

関連記事
交通事故の慰謝料相場と、慰謝料を確実に増額させる方法
交通事故の慰謝料相場はいくらもらった?計算方法と増額方法【2024年まとめ】
交通事故における慰謝料の相場、いくらもらえたのか、計算方法と増額方法をわかりやすく解説致します。交通事故で保険会社か…[続きを読む]

示談金は慰謝料だけではない

10対0の過失割合でむちうちになった場合の示談金は慰謝料だけではありません

主に、以下のような内容の損害が含まれます。

  •  治療費
  •  付添看護費用
  •  入院雑費
  •  通院交通費
  •  休業損害
  •  入通院慰謝料

治療費、付添看護費用、入院雑費、通院交通費などについては、通常は金額について揉めることは少ないと考えられますが、休業損害の場合は交渉が必要なケースもあります。

むちうちでの休業損害に関しては、双方の意見が食い違うことがあるため、しっかりと交渉する必要があります。

まとめ

今回は、Yahoo!知恵袋やブログでも話題の、「10対0の事故でむちうち症状が2週間通院した場合の慰謝料相場」や示談金について解説しました。

10対0の事故でむちうち症状が2週間通院で完了せずに、治療期間が伸びる場合もあるので注意が必要です。

弁護士特約に加入している場合は、まず交通事故に強い弁護士に相談をすることがおすすめです。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

交通事故の無料相談ができる事務所
【東京都・港区・六本木】
ベリーベスト法律事務所
  • 初回無料相談
  • 土日対応可能
  • 慰謝料無料診断
全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
交通事故でお悩みなら今すぐ弁護士相談
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
監修
弁護士相談Cafe編集部
本記事は交通事故弁護士カフェを運営するエファタ株式会社の編集部が執筆・監修を行いました。
この監修者の記事一覧
この記事が役に立ったらシェアしてください!