交通事故が発生しやすい場所と原因を統計データから分析

交通事故が発生しやすい場所と原因を統計データから分析

警視庁交通局の統計資料によると、平成27年度に発生した交通事故は全体で53万6,899件でした。この発生件数は、警視庁の努力によって年々減少しています。

しかし、1日あたりに換算すると、なんと1470件も交通事故が発生している計算になります。そうすると、まだまだ交通事故が多発していることが分かります。

そこで今回は、そんな交通事故から身を守るために、交通局の統計データから交通事故が発生しやすい場所を割り出しました。

1.交通事故の76%は市街地で起きている

まず、大まかに交通事故が発生し易いエリアを捉えます。

市街地と非市街地で交通事故発生件数を分析すると、全体の76%が市街地で発生しています。

郊外の幹線道路よりも市街地の人や車が多く密集している場所の方が圧倒的に交通事故の発生率は高いことが確認出来ます。

では、その市街地の中で最も交通事故が発生しやすい場所とはどこなのでしょうか。

(1) 市街地の「交差点」が最も事故に遭いやすい

市街地の中で最も交通事故発生件数が多いのが「交差点」です。
市街地全体の交通事故発生件数が約41万件であるのに対し、このうちの約半数である23万件が交差点での交通事故となっています。

中でも多いのが、信号機のない交差点での事故で、9万3,000件となっています。

交差点は直線道路に比べて見通しが悪く、特に信号機のない交差点では出合い頭の衝突事故や右直事故などが発生しやすいため、運転する際には十分注意が必要です。

また、歩行者の面においても、横断歩道に信号機が付いていない場合は、車が歩行者を見落としたり、発見が遅れたりする可能性があります。

そのため、信号機がない横断歩道を渡る際には、必ず車が停止したのを確認してから渡るようにしましょう。

(2) 意外に多い一般単路での交通事故

一般単路とは道路の直線区間のことで、トンネルや橋ではない場所のことです。件数としては約15万件発生していますので、見通しが良いからといって決して油断出来ません。

直線区間で発生しやすい事故としては、追突事故や脇見運転などが考えられます。

ただ、一般単路での交通事故は交差点での交通事故に比べ減少傾向が強く、ドライバーが運転に集中すれば、交通事故を回避しやすい場所ともいえます。

2.交通事故の原因の多くは「安全運転義務違反」

交通事故が発生した際の法令違反を違反別に集計してみると、圧倒的に多いのが「安全運転義務違反」です。
先ほどの交差点や一般単路での交通事故も、多くはこの安全運転義務違反が原因である可能性が高いと考えられます。

では安全運転義務違反で、具体的にどのような事故が起きているのでしょうか。

 

交通事故原因統計TOP10

【1位】漫然運転(安全運転義務違反)
【2位】脇見運転(安全運転義務違反)
【3位】運転操作不適(安全運転義務違反)
【4位】安全不確認(安全運転義務違反)
【5位】歩行者妨害(横断歩行者等妨害違反)
【6位】最高速度違反
【7位】通行区分違反
【8位】交差点安全通行義務違反
【9位】信号無視
【10位】優先通行妨害

1:漫然運転

「漫然」とは、はっきりとした意識を持たずにいい加減に行うさまのことを言います。

つまり、運転に集中せず、ぼーっとしながら運転をしていたことで事故を起こしてしまうことが、交通事故の原因としては最も多くなっています。

2:安全不確認による事故

安全運転義務違反の中でも圧倒的に違反が多いのが「安全不確認」です。

これは、交差点内などにおいて左右の安全の確認を怠ったまま走行したことにより、事故が起きるようなケースを言います。
逆を言えば、しっかりと安全確認をして走行すれば、大半の事故は防げます。

3:脇見運転による事故

次に多いのが脇見運転です。これは、一般単路など見通しの良い直線道路などでよく発生します。

単路だからといって油断して外の景色を眺めていると、つい脇見運転になり、気が付いた時には大事故になっている恐れがありますので十分注意しましょう。

また、車内で落としたものを拾おうとして脇見運転となるケースもあります。

関連記事
追突事故
脇見運転、前方不注意による追突事故と過失割合の考え方とは?
車の運転は集中力が大切、とわかっていても、長時間ドライブしているとつい集中力がとぎれ、脇見をしてしまいそうになること…

4:動静不注視による事故

安全不確認が安全確認自体の怠りであるのに対し、動静不注視とは相手の車の存在に気付いたにも関わらず、それが危険な状態であると判断できずにそのまま走行して事故に至るようなケースです。

例えば、「〇〇だろう運転」がこれに該当します。「相手が停まってくれるだろう」などと甘く考えるのではなく、自ら停まって事故を回避しましょう。

3.まとめ

交通事故の大半は、人の多い市街地で発生しており、その中でも最も多いのが信号機のない交差点です。
つまり、交通事故が最も発生しやすい場所とは、「市街地の信号機のない交差点」なのです。これに該当する場所は、街の至るところにあります。

また、交通事故の原因の多くは、しっかりと周囲を確認し、安全運転を心がければ回避できるものばかりです。

ドライバーの方も歩行者も、交通事故には十分注意しましょう。

関連記事
交通事故の原因分析!被害に遭いやすい時間帯と季節とは
交通事故の原因分析!被害に遭いやすい時間帯と季節とは
交通事故は、いつどこで、自分自身が被害者・加害者どちらの立場に立たされるか分かりません。 ただ、事前にどのような状況…

google 広告 記事下

この記事が役に立ったらシェアしてください!