なぜ交通事故で逮捕されないケースがあるのか|池袋暴走事故から考える

逮捕

死亡事故を起こした場合、逮捕される人とされない人がいます。

たとえば2019年4月に東池袋で発生した高齢者による自動車暴走死傷事故では、複数の死亡者が出ても加害者が逮捕されませんでした。
いったいなぜ逮捕されるケースとされないケースがあるのでしょうか?不公平ではないでしょうか?

今回は交通事故で逮捕されるケースとされないケースの違い、逮捕の基準について解説していきます。

逮捕の要件はズバリ「逮捕の理由」と「逮捕の必要性」

死亡事故を起こした場合、加害者の責任は重大なので現行犯逮捕されるのが当然と思われます。しかし必ずしも逮捕されるとは限りません。逮捕には一定の要件があり、死亡事故のケースで必ずその要件を満たすとは限らないからです。

一般的な逮捕の要件は「逮捕の理由」と「逮捕の必要性」の2つです。

逮捕の理由

被疑者が「罪を犯したと疑われる相当な理由」です。つまり被疑者が何らかの犯罪を犯している蓋然性が高い場合に逮捕が可能となります。

逮捕の必要性

逮捕の必要性とは、逮捕しないと被疑者が逃亡してしまったり罪障隠滅してしまったりすることです。逃亡のおそれも罪障隠滅のおそれもなかったら、あえて逮捕はしません。

死亡事故で逮捕されるかどうかの判断基準

死亡事故の場合、逮捕されるかどうか具体的にどうやって決まっているのでしょうか?

逮捕されやすいケース

その場で逃亡しようとした

ひき逃げをしたり、事故現場から逃げようとしたりすると「逃亡のおそれ」があると判断されて逮捕されやすくなります。

飲酒運転など悪質な場合

飲酒運転、無免許運転、危険なスピード違反などの道路交通法違反があり悪質なケースでは、放っておくと逃げられるおそれがあるので逮捕されるケースが多数です。

事故態様について不合理な説明や弁解を繰り返している

自ら事故を起こしたのが明確なのに被害者のせいにしようとしていたり嘘をついたりして責任逃れしようとすると「逃亡のおそれ」「証拠隠滅のおそれ」があるとみなされて逮捕されやすくなります。

住所不定、定職に就いていない、家族がいない

住所不定や定職に就いていない、独身で賃貸住宅に独居しているなどの場合、逃亡のおそれが高くなるので逮捕される可能性が高くなります。

交通前科がある

以前にも人身事故を起こしたり交通違反によって立件されたりして前科がついている方の場合、重い処罰が予想され逃亡や証拠隠滅のおそれがあると考えられるので逮捕されやすくなります。

加害者側の過失割合が高い

危険運転をした場合、信号無視や無理な割り込みをした場合、一方的に高スピードを出して前方車両に追突した場合など加害者側の過失割合が高ければ逮捕される可能性が高くなります。

逮捕されにくいケース

 

本人も大けがをしていて病院に搬送された

大けがをして病院に搬送されたら逃亡も証拠隠滅もできませんし、治療の必要もあるので逮捕されません。

家族がいて定職に就いている

サラリーマンや公務員など定職に就いていて家族と一緒に暮らしている方の場合、逃亡のおそれが低いので逮捕されにくくなっています。

事故態様が明確になっていて争いがない

事故後の実況見分などによって交通事故状況が明らかになっている場合、証拠隠滅も逃亡のおそれも低くなるので逮捕される可能性が下がります。

本人が責任を認めて反省している

本人が事故態様について争わず責任を認め、反省している場合にはあえて逃亡や証拠隠滅をはかろうとはしないと考えられ、逮捕される可能性は低くなります。

飲酒運転などの道路交通法違反がない

ひき逃げ、飲酒運転、スピード違反などの道路交通法違反をしておらず、単純に人をはねて運悪く死なせてしまった、というケースでは逃亡や証拠隠滅のおそれが低く逮捕されない可能性が高くなります。

本人が80歳以上などの高齢者で家族と同居している

加害者が80歳を超える高齢者で家族と同居している場合、家族が協力しない限り逃亡や証拠隠滅が行われる可能性は極めて低くなるので、通常は逮捕されません。

本人に過失がほとんどない

青信号を守っていたのに歩行者が飛び出してきたケース、トラックに小型車が衝突して小型車の運転手が死亡したケースなど「加害者側」に過失がほとんどないケースがあります。このような場合にも逃亡や証拠隠滅のおそれが低いとして逮捕はされにくくなっています。事故現場でいったんは現行犯逮捕されても、家族が迎えに来て「身元引受書」を書いたらすぐに釈放されるケースもあります。

飲酒運転やスピード違反の場合も逮捕されないケースはあるのか?

飲酒運転や危険なスピード違反などの道路交通法違反をした上で死亡事故を引き起こしたら、多くのケースで現行犯逮捕されます。
ただし本人が大けがをしてそのまま入院した場合などには逮捕されません。高齢者のケースなどでも逮捕されない可能性があります。

逮捕されなくても起訴される可能性がある

加害者が逮捕されなかったら、そのまま何の処罰も受けずにおとがめなしになるのでしょうか?
一般的な感覚として、そのような結果は不合理で許せないと思いますよね?

現実にも、そのようなムシの良い制度にはなっていません。

実は刑事手続きでは「逮捕しなくても刑事事件にして処罰できる」制度となっています。

加害者が逮捕されなくても「在宅」のまま捜査が進められて証拠収集が行われ、必要な証拠が揃ったときに加害者が起訴される仕組みです。
たとえ在宅捜査が進められたケースでも、日本の刑事裁判は有罪率が99.9%を超えているので、いったん起訴されるとほとんど「有罪判決」が下り、本人には一生消えない前科がつきます。

どのような刑罰が下されるのか?

加害者は刑事事件においてどのような刑罰を受けるのでしょうか?

通常の交通事故では罰金や禁固、懲役刑

前方不注視などによる通常の交通事故の場合には、加害者は「罰金刑」または「禁固刑」「懲役刑」の「執行猶予」になる可能性が高く、いきなり実刑になるケースは少数です。ただし中には「不起訴」になり、刑事罰を受けない事例もあります。罰金なら100万円以下、禁固や懲役なら7年以下となります。

危険運転の場合には懲役刑

飲酒運転、人の集団にあえて車で突っ込んだなどの危険運転の場合には1年以上の有期懲役刑(最長20年)となります。初犯でも実刑判決を受けて刑務所に行かねばならない可能性が高くなります。

加害者が起訴されなかったときの処罰は?

死亡事故を起こせばたいていは起訴されますが、加害者の過失が極めて低い場合などには起訴されないケースがあります。そのようなときでも死亡事故を起こせば免許の点数が大きく加算され、一回で免許取消処分を受けます。

欠格期間も発生するので、加害者は最低年、免許の再取得をできなくなります。

死亡事故を起こしても必ず逮捕されるわけではありませんが、多くのケースで最終的に刑事罰(罰金や懲役刑)を受けることになります。

今後、池袋暴走事故のようなニュースを見るときの参考にしてみてください。

Google AdSense

あなたへおすすめの記事

この記事が役に立ったらシェアしてください!