後遺障害13級の慰謝料相場と増額方法をわかりやすく解説

★ お気に入りに追加

後遺障害13級は、等級が認められた場合の労働能力喪失率が9%ということもあり、一般的にさほど大きな障害ではないと考えられがちです。そのため、症状があっても等級認定の手続きをせずに泣き寝入りをしている人が存在します。

しかし、入念に準備して請求することで、13級の認定を受けることができれば、弁護士・裁判基準で180万円の後遺障害慰謝料に加え逸失利益を手にすることが可能です。

必要なことは、慰謝料などの相場を知り、認定のポイント、慰謝料の増額方法を知ることです。

そこで、今回は、13級に認定された場合の慰謝料や示談金の相場、認定されるためには何をすべきかなどをご紹介致します。

後遺障害13級の代表的な症状と慰謝料

後遺障害13級として認められる症状と慰謝料相場を下表にまとめてみました。

等級症状
13級1号1眼の視力が0.6以下になったもの
13級2号正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
13級3号1眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
13級4号両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
13級5号5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
13級6号1手のこ指の用を廃したもの
13級7号1手のおや指の指骨の一部を失ったもの
13級8号1下肢を1センチメートル以上短縮したもの
13級9号1足の第3の足指以下の1又は2の足指を失ったもの
13級10号1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの又は第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
13級11号胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

13級4号は、まぶたに欠損がおこったり、まつげが半分未満、はげてしまったりした場合に認定されます。一方、まぶたを閉じても黒目の部分を覆うことができなくなってしまったような「著しい欠損」が1眼にある場合は11級3号、両眼にある場合は、9級4号の認定を受けることができます。

弁護士・裁判基準の後遺障害慰謝料は、11級で420万円、9級で690万円です。

また、詳しくは後述しますが、後遺障害等級によって労働能力喪失率が異なるので、逸失利益も変わってきます。

適正な等級認定がいかに重要かお分かりいただけるでしょう。

後遺障害13級の後遺障慰謝料
自賠責基準任意保険基準(※)弁護士・裁判基準
57万円程度60万円程度180万円程度

13級の後遺障害慰謝料は、自賠責基準と弁護士・裁判基準とで、3倍以上の差があることが上表からわかります。

後遺障害慰謝料には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士・裁判基準の3つの基準があります。

自賠責基準とは、人身事故での最低限の補償を定めた自賠責保険による基準で、金額としては3つの基準の中でも最低の基準となります。

任意保険基準は、任意保険会社が独自に定める損害賠償の基準であり、金額としては、3つの基準のうち真ん中に位置する基準です。

弁護士・裁判基準は、3つのうちで最も高額な基準で、裁判例を基に策定された実際の裁判でも用いられる基準です。弁護士・裁判基準は、裁判例を基にした、最終的な賠償額決定の権限をもつ裁判所の基準なので、唯一法的に妥当な基準なのです。

※任意保険基準については、一般に公開されていないので、旧任意保険の統一支払基準を参考に記載しています。

弁護士・裁判基準で交渉するには、弁護士に依頼する

そこで、後遺障害慰謝料を弁護士・裁判基準で交渉する必要があります。それには、弁護士に依頼するのが近道です。被害者本人が交渉しようとしても、保険会社が対応してくれるとは限らないからです。

後遺障害が認定された場合、損害賠償として、後遺障害慰謝料以外に先述した逸失利益が認められます。

では次に、その逸失利益について解説しましょう。

後遺障害13級の逸失利益の計算例

後遺障害逸失利益は、交通事の後遺障害が残らなければ得られたであろう将来の収入です。後遺障害によって働く力が失われたと考え、その失われた割合が後遺障害の程度に応じて基準化されています(労働能力喪失率)。

実際の逸失利益の算定には、以下の計算式を用います。

逸失利益=年収額×労働能力喪失率×被害者の年齢に応じたライプニッツ係数

「被害者の年齢に応じたライプニッツ係数」は、国土交通省のサイトで調べることができます。

参考外部サイト:国土交通省「就労可能年数とライプニッツ係数表

そこで次の事例を使って実際に逸失利益の計算をしてみましょう。

後遺障害13級の労働能力喪失率は、9%です。

事例

被害者の年齢・性別:47歳女性
被害者の年収:850万円
被害者の後遺障害等級:13級

850万円(年収)×9%(労働能力喪失率)× 12.462(年齢47歳のライプニッツ係数)=9,533,430円

このケースで被害者は、約950 万円の逸失利益を手にすることができます。

仮に、この被害者が同じ条件で11級の認定を受けることができたなら、11級の労働能力喪失率が20%なので、逸失利益は、21 ,185,400円です。

認定される等級によって大きく違ってくることが分かります。

では、適正な等級の認定を受けるにはどのようなことが必要なのでしょうか?

後遺障害13級認定のためにすべきこと

被害者請求で認定される可能性を上げる

後遺障害の認定は被害者請求で行い、納得できる等級が認定される可能性を上げましょう。

請求手続を相手側の保険会社にお任せしてしまう事前認定と比べ、手続自体は煩雑ですが、提出すべき情報を自分でコントロールすることが可能であることから、手続きの透明性が確保でき、納得できる等級の認定を受けられる可能性が上がります。

関連記事
被害者請求
後遺障害申請を被害者請求でするメリット・デメリット
交通事故で後遺障害等級の認定を受ける方法には、「被害者請求」と「事前認定」という2つの方法があります。なぜ事前認定よ…

後遺障害診断書が審査に大きく影響

また、後遺障害の認定は書面審査で行われるため、後遺障害診断書の内容は、審査に大きく影響するので重要です。

交通事故に詳しい弁護士に依頼すれば、被害者請求、後遺障害診断書の2つについて有効なアドバイスを受けることができるようになります。

後遺障害診断書について言えば、医師に作成を依頼する前にアドバイスを受けることも可能ですし、作成後にチェックをしてもらうこともできます。

等級の認定を諦めず、しっかりと後遺障害認定の請求手続きをしましょう。

後遺障害13級の慰謝料増額の事例

後遺障害13級の裁判例を2つご覧いただきます。13級相当の後遺障害慰謝料がどれくらいまで認められるのかご確認ください。

裁判例1 

札幌地裁平成13年11月21日判決

被害者は主婦(67歳)。

左手の母指(親指)を動かす長母指伸筋腱の断裂などの傷害を受けました。

左手関節の可動域低下、握力低下、巧緻な運動の困難(※)、しびれの残存という障害が残り、缶切りが使用できない、力を入れる仕事が困難、雑巾がけの後などには強烈なしびれと痛みを感じるという不便が生じていました。

裁判所は、この障害を13級6号(1手のこ指の用を廃したもの)に相当すると判断したうえで、後遺障害によって、被害者が約30年間習っていた能管の演奏ができなくなり、小鼓の演奏は長時間続けられなくなったことを指摘しました。

このことから裁判所は、入通院慰謝料210万円に加えて、後遺障害慰謝料300万円を認めました

参考文献:自保ジャーナル1441号14頁

※ボタンをとめる、箸を使うなどの細かい運動を巧緻運動といいます。

裁判例2 

横浜地裁川崎支部平成28年5月31日判決

被害者は女児(事故時及び症状固定時3歳)。

頭部骨折など多くの傷害で生死が危ぶまれ、ICU治療で一命を取りとめましたが、左腎臓の機能を喪失し、自賠責保険により13級11号(腹部臓器の機能障害)の後遺障害に認定されました。

裁判所は次のとおり判断しました。

  • 成人に達するまで定期的な検査、受診が必要とされ、現在も半年から年1回の頻度で通院をしている
  • 腎機能低下による高血圧や残存している左腎臓の合併症が出てくる場合は、外来受診の頻度が増えたり、入院が必要となる可能性もある
  • 医師からは、発熱したときは腎機能に影響を与える病気の可能性があるので注意するよう指示されており、風邪が原因と思われるような発熱であっても通院治療しなくてはならない負担がある
  • 今後、腎機能の全廃の危険性などの不安を抱えながら生活してゆくことを余儀なくされる

これらの事情から、入通院慰謝料120万円に加えて、後遺障害慰謝料230万円を認めました

参考文献:交通事故民事裁判例集49巻3号682頁

13級の弁護士・裁判基準の後遺障害慰謝料の相場は、180万円ですが、上記2つの裁判例は、この相場を超えています。12級の相場が290万円ですから、裁判例1で認められた後遺障害慰謝料は12級の相場をも超えています。

後遺障害慰謝料は、個別具体的に判断されるので、実際に支払われる額は、同じ等級だとしても事故によって違います。

機械的に処理する自賠責と異なり、特に裁判の場合は、被害者のあらゆる事情を勘案して判断するので、相場を超えることもあり得るのです。

増額理由となる事実をすべて明らかにして主張できるかが、慰謝料増額のカギとなります。

実際の慰謝料がどれくらいまで認められるかは分かりました。それでは、13級と認められる症状と実際の慰謝料相場はどのようなものなのでしょうか?

慰謝料増額のための3つのポイント

弁護士に依頼するメリットは、他にもあります。慰謝料増額の可能性がアップするのです。

以下3つのポイントで弁護士があなたをサポートします。

そこで大切になのが、交通事故に詳しい弁護士を選択することです。

交通事故の医学的知識を持った後遺障害認定などの手続きに詳しい弁護士であれば、あなたの力になってくれるでしょう。

後遺障害13級の慰謝料の自動計算ツール

自分の事故のケースで、後遺障害13級の慰謝料相場を調べたい方は、入通院慰謝料の自動計算ツールをご利用ください。

通院期間や後遺障害等級を入れるだけで、より詳しく自分の慰謝料相場を弁護士基準で計算することができます。

関連記事
calc_317x207
交通事故の慰謝料相場シミュレーション
本当の慰謝料はいくら?通院期間や後遺障害等級を入れるだけで、弁護士基準の慰謝料相場を知ることができます。 むち打ちの…

まとめ

今回は、後遺障害13級の慰謝料の相場や認定のためにすべきこと、慰謝料増額のためにすべきことについて解説しました。

後遺障害13級が認められるケースはさまざまですが、微妙な診断内容によって認定される等級が変わることもあります。

後遺障害の等級認定請求をする際に、交通事故に強い弁護士に認定手続きを依頼すると、結果的に高い等級での認定が受けられて、高額な損害賠償金を請求できることもあります。

後遺障害等級認定において強力な味方となる弁護士に是非相談してみてください。

関連記事
後遺障害とは
後遺障害とは?交通事故の後遺症が残った場合に知っておきたいこと
後遺障害とは何か、後遺障害として認定されるメリットやデメリット、認定手続きや注意点は何か、を詳しく解説していきます。…

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
【全国対応】
弁護士法人ALG&Associates

土日の電話受付対応。交通事故の初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。交通事故の初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6353
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

あなたへおすすめの記事

この記事が役に立ったらシェアしてください!