交通事故で自律神経失調症を発症!どうしたら後遺障害認定されるのか?

young woman have a headache

交通事故被害に遭われた方で、むち打ち等の影響で、自律神経失調症を発症してしまうケースがあります。

自律神経失調症はその名のとおり神経系の不調で、なかなか外形にはあらわれにくいものですから、被害者の方にとっては、ご自身の自律神経失調症に対して後遺障害認定は受けて慰謝料を受けられるのか?不安になられる方も多いです。

そこで、この記事では、交通事故により発症した自律神経失調症について、どうやったら後遺障害認定を受けられるのか説明します。

むち打ちが悪化すると自律神経失調症を発症することも

交通事故に遭ってむち打ちになることはよくあります。

むち打ちとは、自動車の追突や衝突などによって、首がまるでむちのようにしなったため首部分の神経にダメージが生じてしまったことをいいます。むち打ち症は,正式な傷病名ではなく、医師の診断名では「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」などとされることが多いです。むち打ちが悪化してしまうと、その影響で、様々な不調が生じてしまうこともあります。

その一つに自律神経失調症を発症してしまう例があります。

自律神経失調症の症状は、身体的、精神的に現れる

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスの乱れによって発症します。交感神経は、日中活動している時や緊張している時に働くもの、副交感神経は、睡眠時やリラックスしている時に働くもので、どちらの働きが過敏になっても体調が崩れてしまうといわれています。自律神経は全身の器官をコントロールしているためです。

むち打ちによる神経へのダメージで、交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、さまざまな不快な症状が身体的、精神的に現れます。

身体的症状

  • めまい
  • 片頭痛
  • 不眠
  • 手足の痺れ
  • 下痢
  • 便秘

等があります。

精神的な症状

精神的な症状として、

  • なんとなく胸がざわざわする
  • 締め付けられる
  • ろれつがまわらないような気がする

という言葉でうまく表現しづらい症状を訴える患者さんが多いことも特徴です。

特に精神的な症状は、うつ病と誤診されて心療内科などを紹介されるなどで治療が遅れたりすると、悪化してしまうことがあります。交通事故後このような症状がでたら、自律神経失調症を疑ってみましょう。

一般的に自律神経失調症で後遺障害認定を受けるのは難しい

残念ながら、一般的には、交通事故によるむち打ちが悪化して発症した自律神経失調症では、後遺障害認定を受けることは難しいと考えられています。

まず自覚症状が無い場合は、自律神経失調症と診断されること自体が難しいです。自覚症状があって自律神経失調症という診断を受けたあとのハードルとして、自律神経失調症が自賠責法上に基づく後遺障害であるということを証明・説明する資料を準備して、後遺障害認定審査機関である自賠責事務所に提出し認定してもらう必要があるのですが、資料の準備も難しいところがあります。

後遺障害認定を受けるためには、おおまかにいうと、

  • 自律神経失調症の存在を医学的に証明・説明すること
  • 自律神経失調症が交通事故が原因で発症したものであるという因果関係を証明・説明すること

の2点があります。

自律神経失調症は内科的・神経的な疾病ですので、骨折や損傷のようにMRIやレントゲンなどの他覚的な資料には現れるものと現れないものがあります。また、自律神経失調症はむち打ちによるものだけではなく、たとえば、ストレスや女性ホルモンの乱れなど様々な原因で発症します。現代社会においてこれらの原因と無関係である人はなかなかいないですし、自律神経失調症がそういった別の原因ではなく、交通事故が原因であると証明することは、なかなかハードルが高いのです。

自律神経失調症の因果関係が否定された判例

具体例でいうと、名古屋地裁の平成25年9月の判決で、24歳女性が運転停止中に後方から追突された結果、後遺症として自律神経の不調となったと訴えていた件について、被害者が事故前から精神疾患の病歴があったことを踏まえて、事故による発症ではないとして、裁判所に因果関係が否定されたケースなどもあります。

後遺障害認定を受けるには弁護士に頼み周到に準備する

それでは、交通事故によって自律神経失調症を発症してしまった人は、後遺障害慰謝料をもらえないのでしょうか?そんなことはありません。

症状によっては、きちんとした後遺障害等級認定請求資料を準備できれば、後遺障害等級認定を受けているケースもあります。もし自律神経失調症で後遺障害認定を受けられる可能性があるとしたら、第12級12号の局部神経症状か第14級10号の頚部神経症状という症状の認定をしてもらうということになります。

12級12号の認定と14級10号の認定との差

12級12号の認定と14級10号の認定との差は、自律神経失調症の存在と事故との因果関係を、「証明」できるか「十分に説明」できるかの差であるといってよいでしょう。

もし12級に認定を受けることができれば、裁判基準というもっとも高い基準で算定した場合290万円までの慰謝料も請求出来ます。14級の認定であれば、110万円の慰謝料となり、後遺障害には非該当という結果になってしまうと、後遺障害慰謝料は支払われないということになります。金額的にもかなり大きな差がでますので、該当する症状を発症されてしまった方はぜひ積極的に申請を検討しましょう。

12級に認定されるには、MRI等の画像所見や神経学的検査でによって自律神経失調症であることが医学的に説明できることや、交通事故との因果関係が証明できること、継続的に病院に通院していること等の条件が必要になります。

14級の認定を受けるためには、MRI等の画像所見や神経学的検査では十分存在が証明できなかったとしても、症状の存在と因果関係を十分に医学的に説明できることが必要です。説明に際しては、主治医の意見書や追加検査など説得力のある資料を用意してわかりやすく説明しなければなりません。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates
 現在営業中( 本日9:30~20:00 ) ]

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
 現在営業中( 本日9:30~20:00 ) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら

後遺障害等級認定請求の方法

後遺障害等級認定請求の方法として、加害者の保険会社に代行してもらう事前申請という方法と、被害者自らが請求する被害者請求という方法の2つがあります。

事前申請

事前申請は手続きをすべて加害者の保険会社に代行してもらうので手間がかからないというメリットはありますが、等級認定をしてもらうことによって加害者の保険会社は得をする立場ではないため、どうしても申請資料のクオリティがそれほどではないものとなってしまうことが多いです。

被害者請求

自律神経失調症のように、後遺障害等級認定が一般的に難しいといわれている症状については、もうひとつの被害者請求という制度を利用することがおすすめです。被害者請求は被害者自らが後遺障害等級認定申請を行うという自賠責法上の制度で、申請の手間がかかるというデメリットはありますが、納得いくまで立証に創意工夫をした資料を準備できるというメリットがあります。

被害者請求を行うにあたっては、なるべく早い時期から交通事故に強い弁護士に頼み、有利な資料を収集し、医師に自律神経失調症の後遺障害診断書を書いてもらうというアプローチがおすすめです。

交通事故に強い弁護士は、後遺障害等級認定申請を多く手がけていますので、申請のこつやノウハウを熟知しているので、効率よく有利な書面を作成することに役立ちます。

関連記事
後遺障害申請を被害者請求でするメリット・デメリット
交通事故で後遺障害等級の認定を受ける方法には、「被害者請求」と「事前認定」という2つの方法があります。色々なサイトで…

また、認定された等級をもとにした保険会社の示談交渉なども依頼できるため、心理的負担を軽くすることにも交渉上もメリットがあると思われます。弁護士に頼むと弁護士費用がかかることがデメリットですが、加入されている保険に弁護士特約が付保されている場合がありますので、確認してみてください。もし特約がついていれば、保険により弁護士費用がまかなわれるので、実質自己負担費用はかかりません。

まとめ

交通事故が原因で自律神経失調症を発症することもありますが、一般的に後遺障害認定を受けるのは難しいです。しかし、弁護士に頼み、必要な資料を収集し、医師に有利な診断書を書いてももらえれば、認定を受けることが出来る場合もあります。一人で悩まずに、なるべく早く弁護士に相談しましょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates
 現在営業中( 本日9:30~20:00 ) ]

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
 現在営業中( 本日9:30~20:00 ) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!