交差点における交通事故の過失割合をわかりやすく解説

★ お気に入りに追加
交差点事故

交通事故が起こる場所は「交差点」であることが非常に多くなっています。

そして事故に遭ったときには、当事者それぞれの過失割合が非常に重要です。自分の過失割合が高くなると、その分受け取れる賠償金を減額されてしまうからです。

自動車同士の交差点事故の場合、当事者それぞれの過失割合はどのくらいになるのでしょうか?

以下ではさまざまな交差点事故の過失割合をご紹介していきます。

交差点事故の種類

一口に交差点事故といっても、いろいろな種類があります。

まず信号機のある場所とない場所の分類があります。

また直進車同士の出合頭の事故、右折車と直進車の事故など進行方向による分類もあります。

以下では、それぞれの状況ごとの過失割合をみていきましょう。

信号機がある交差点の事故

信号機のある交差点では、基本的に信号機の色によって過失割合が決定されます。道路交通法上、信号機による交通指示に従う絶対的な義務があるので、信号の色を無視していると大きな過失割合が適用されます。

直進車同士の事故

信号機のある交差点上で、直進車同士の出合頭事故が起こった場合の基本の過失割合は以下の通りです。

A車の信号機の色B車の信号機の色A車の過失割合B車の過失割合
0100
2080
5050

右折車と直進車の事故

信号機のある交差点上で、直進車と右折車の接触事故の基本の過失割合は以下の通りです。

直進車の信号機の色右折車の信号機の色直進車の過失割合右折車の過失割合
2080
青で進入後、黄で右折7030
4060
5050
青で進入後、赤で右折9010
黄で進入後、赤で右折7030
右折の青矢印信号1000

信号機がない交差点の事故

信号機のない交差点の場合、道路幅や一旦停止義務の有無など、状況に応じて過失割合が変わってきます。

また直進車同士の出合頭の事故、直進車と右折車の事故など態様によっても過失割合が変わってくるので、それぞれ見ていきましょう。

直進車同士の出合頭の事故

同程度の道路幅のケース

それぞれの車両の速度左方車の過失割合右方車の過失割合
同程度の速度4060
右方車が減速6040
左方車が減速2080

一方通行違反がある場合

一方通行違反の車両:一方通行違反をしていない車両=20:80

一方が明らかに広い道路

それぞれの車両の速度広路車の過失割合狭路車の過失割合
同程度の速度3070
右方車が減速4060
左方車が減速2080

一時停止規制のある場所

それぞれの車両の速度規制のない車両の過失割合規制のある車両の過失割合
同程度の速度2080
規制のある車両が減速3070
規制のない車両が減速1090
規制のある車両が一時停止後に交差点に進入4060

一方が優先道路

優先車:非優先車=10:90

直進車と右折車の事故

対向車線を走ってきた右折車と直進車の場合

直進車:右折車=20:80

右折車が左方から進入してきた場合

直進車(右方車):右折車(左方車)=40:60

右折車が右方から進入してきた場合

直進車(左方車):右折車(右方車)=30:70

一方が明らかに広い道路

  • 右折車が狭路から広路に出る、つまり右折車狭路、直進車広路の場合

直進車:右折車=20:80

  • 右折車が広路から直進車の出てきた狭路に入る、つまり右折車広路、直進車狭路で両車の進行方向が対向する場合

直進車:右折車=60:40

  • 右折車が広路から直進車の「向かう」狭路に入る、つまり広路の右折車と狭路の直進車の進行方向が一致する場合

直進車:右折車=50:50

一方に一時停止規制がある

  • 右折車に一時停止義務がある場合

直進車:右折車=15:85

  • 直進車に一時停止規制があり、右折車が左方の場合

直進車:右折車=70:30

  • 直進車に一時停止規制があり、右折車が右方の場合

直進車:右折車=60::40

一方が優先道路

  • 右折車が非優先道路から優先道路に入る場合(直進車は優先道路)

直進車:右折車=10:90

  • 右折車が優先道路から、直進車の出てきた非優先道路に入る場合(直進車が非優先道路で、両車の進行方向は対抗する)

直進車:右折車=80:20

  • 右折車が優先道路から、直進車の向かう非優先道路に入る場合(直進車が非優先道路で、両車の進行方向は一致する)

直進車:右折車=70:30

左折車と直進車の事故

左方で左折する車両と右方で直進する車両が接触する交通事故です。

両方が同程度の道路幅なら、それぞれの過失割合は左折車:直進車=50:50です。

どちらかが狭路、どちらかが広路であれば、狭路車:広路車=70:30です。

どちらかに一時停止規制がある場合には、規制のある車両:規制のない車両=80:20です。

どちらかが優先道路の場合、優先車:非優先車=10:90です。

右折車同士の交通事故

交差点で、右折する車両同士が接触する場合の過失割合は、以下の通りです。

同程度の道路幅なら、左方車:右方車=40:60です。

どちらかが狭路、どちらかが広路であれば、狭路車:広路車=70:30です。

一方に一時停止規制がある場合には、規制のある車両:規制のない車両=75:25です。

一方が優先道路の場合、優先車:非優先車=20:80です。

T字路交差点の事故

交通事故が「T字路交差点」で発生するケースもあります。

T字路交差点の事故は、以下の2種類に分けられます。

  • 直線路を直進する車両と突き当たりで右左折する車両の事故

Tの横棒に該当する直線道路をまっすぐ走っている車と、縦棒に該当する道路を走行してきて突き当たりで右左折しようとした車が接触する事故です。

  • 右折車同士の事故

T字の交差点で、双方が右折しようとして接触する事故です。

以下で、それぞれの基本の過失割合を見ていきましょう。

直線路を直進する車両と突き当たりで右左折する車両の事故

この場合、道路幅や一旦停止義務の有無など、道路状況によってそれぞれの過失割合が変わってきます。

道路状況直進車の過失割合右左折車の過失割合
同程度の道幅3070
直進車が広路、右左折車が狭路2080
右左折車に一時停止規制あり1585
直進車が優先道路1090

右折車同士の事故

T字路の交差点上の右折車同士の交通事故の場合、通常の交差点上の右折車同士の交通事故の過失割合と基本的には同じです。つまり「信号機のない交差点で、右折車同士の交通事故」の過失割合をそのまま参照すれば良いのです。

念のためにここにも記します。

道路幅が同程度の場合

左方車:右方車=40:60

一方が明らかに広い道路の場合

広路車:狭路車=30:70

一方に一時停止規制がある場合

一時停止規制のある車両:一時停止規制のない車両=75:25

一方が優先道路の場合

優先車:非優先車=20:80

交差点の交通事故における過失割合の基本的なルール

交差点の交通事故では、基本的に以下のようなルールが適用されます。

  • 左方車優先
  • 優先道路車優先
  • 広路車優先
  • 一時停止義務がある車両が劣後

上記で紹介した過失割合は、すべてこれらのルールに従ったものとなっています。

過失割合の修正要素について

上記で示した数値はすべて基本の過失割合です。交差点で事故が起こったら基本的には上記の基準に従って双方の過失割合を決定しますが、個別の状況によってその数値が修正される可能性があります。

たとえば一方に著しい過失や重過失があれば、そちらの当事者の過失割合が上がります。

著しい過失とは、通常考えられる限度を超えた高い過失です。具体的には15キロメートル以上のスピード違反や酒気帯び運転、著しい脇見運転などが該当します。著しい過失が認められると、その当事者の過失割合が5~15%程度、加算されます。

重過失は故意とも同視すべき大きな不注意です。たとえば30キロメートル以上のスピード違反や酒酔い運転、無免許運転などが該当します。重過失が認められるとその当事者の過失割合が10~20%程度、加算されます。

上記でご紹介した基本の過失割合をあてはめると自分の過失割合が高くなるケースでも、修正要素を考慮すると相手の過失割合が上がってこちらの過失割合が下がる可能性があるので、保険会社の言い分を鵜呑みにする必要はありません。

関連記事
修正要素
過失割合の修正要素とは何か?保険会社に任せてはいけない訳
交通事故は、四輪車同士のみで起きるとは限りません。自転車やバイクに乗っている時、歩いている時、自動車と事故に遭ってし…

過失割合に強い弁護士に相談しよう

交通事故に遭ったとき、自分一人でできることは限られています。

過失割合について不満や疑問を感じたとき、助けになってくれるのは弁護士です。

弁護士であれば、基本の過失割合だけではなく修正要素も検討して「本当に正しい過失割合」を算出してくれます。このことで、過失相殺が緩和されて賠償金が大幅に増額される方も珍しくありません。

また弁護士に示談交渉を任せると、法的知識を駆使して有利に導いてくれますし「弁護士基準」を適用して高額な慰謝料を獲得してくれます。

交通事故の対応に困ったときには、過失割合の計算方法に詳しい弁護士に相談してみましょう。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から交通事故に強い弁護士を探す

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!