右直事故の過失割合|バイクvs車(すりぬけ・直進右折事故)

東京都内でのバイクと自動車の事故の中でも数が多いのは、交差点で右折する車両と対向車線を直進する車両との衝突事故です(※)。このような事故を右直事故と言います。

自動車が、走行する自動車に気を取られ、その陰からすり抜けるように現れるバイクに気付かずに衝突してしまいます。

バイクは、自動車と比較して機動性に富み、車体自体はコンパクトであるため、自動車の運転手の見落としにより事故につながるケースが多いのです。

このような右直事故の場合において、自動車とバイクの過失割合は、どう考えればいいのでしょうか?過失割合は、交通事故による損害賠償額に大きく影響することのある重要な要素の1つですから、被害者としては、とても気になるところです。

今回は、バイクと自動車との右直事故について、事故態様に応じた過失割合の目安について解説します。

なお、バイク事故の慰謝料や示談金については、下記記事をご参照ください。

関連記事
バイク事故の被害者の方へ!示談金の相場をわかりやすく解説
「バイク事故」と言っても、バイクで歩行者や自転車をはねてしまった事故、バイクで転倒した単独事故、四輪車に衝突した事故…[続きを読む]

二輪車の交通死亡事故統計(令和元年中)|警視庁

信号機がある交差点での直進車と右折車の事故

まず、信号機により交通整理の行われている交差点での右直事故における過失割合の目安をご紹介します。

ポイントになるのは、車両が交差点に進入した際の信号機の色です。また、同じ態様の自動車同士の事故と比較して、過失割合は若干、バイク側に有利に修正されています。

関連記事
「自動車」対「バイク」の交通事故の過失割合をわかりやすく解説
自動車とバイクとの交通事故では「自動車同士の事故とは異なる過失割合」が適用されることが多くなります。ここでは、バイク…[続きを読む]

直進するバイクと右折する自動車との事故

以下は、交差点で直進するバイクと自動車が右折する際に起きた事故のの過失割合の目安です。

各車両が交差点に進入した時の信号機の色によって、過失割合が変わります。

双方が青信号で交差点進入時の事故

双方が青信号で交差点に進入して起きた事故では、15(バイク):85(自動車)が過失割合の目安になります。

双方が黄信号で交差点進入時の事故

双方が黄信号で交差点に進入して起きた事故では、30(バイク):70(自動車)が過失割合の目安です。

双方が赤信号で交差点進入時の事故

双方が赤信号で交差点に進入して起きた事故では、40(バイク):60(自動車)が過失割合の目安です。

信号無視で直進するバイクと青矢印信号で右折する自動車との事故

直進するバイクが赤信号を無視して交差点に進入し、自動車が青矢印信号で右折しようとして起きた事故では、直進100(バイク):0(自動車)が過失割合の目安です。

この場合は、青信号に従って進行した車両と赤信号無視の車両との事故になるため、100%信号無視をしたバイクに過失のある事故となります。

バイク直進・
自動車右折事故の信号機の色
過失割合の目安
双方青信号15(バイク):85(自動車)
双方黄信号30(バイク):70(自動車)
双方赤信号40(バイク):60(自動車)
直進バイク赤信号
右折自動車青矢印信号
直進100(バイク):0(自動車)

右折するバイクと直進する自動車との事故

次に、交差点で右折するバイクと直進する自動車に起きた事故の過失割合の目安です。

同様に、交差点に進入した時の信号機の色で過失割合が変わります。

双方が青信号で交差点進入時の事故

双方が青信号で交差点に進入して起きた事故では、70(バイク):30(自動車)が過失割合の目安です。

同じ状況でも自動車右折の場合と比較して、バイク右折の場合には、右折車(バイク)の過失は15%軽くなっています。

双方が黄信号で交差点進入時の事故

双方が黄信号で交差点に進入して起きた事故では、50(バイク):50(自動車)が過失割合の目安になります。

ここでは、自動車右折の場合と比較して右折車のバイクの過失は20%軽くなっています。

双方が赤信号で交差点進入時の事故

双方が赤信号で交差点に進入して起きた事故では、40(バイク):60(自動車)が過失割合の目安です。

双方が赤信号での進入の場合には、自動車が右折と同様の過失割合になっています。

信号無視で直進する自動車と青矢印信号で右折するバイクとの事故

直進する自動車が赤信号を無視して交差点に進入し、バイクが青矢印信号で右折しようとして起きた事故での過失割合の目安は、0(バイク):100(自動車)です。

先ほど説明したとおり、このケースは青信号に従った車両と信号無視をした車両との衝突事故ですから、赤信号を無視して交差点に進入した自動車に100%過失のある事故となります。

バイク右折・自動車直進事故の信号機の色過失割合の目安
双方青信号70(バイク):30(自動車)
双方黄信号50(バイク):50(自動車)
双方赤信号40(バイク):60(自動車)
直進自動車赤信号・右折バイク青矢印信号0(バイク):100(自動車)

信号の色の変わり目で交差点進入時の事故

実際によく起こるのは、信号の色の変わり目で交差点に進入する際の事故ですが、その場合の過失割合の目安は、以下のとおりです。

直進車が黄信号で進入し右折車が青信号で進入後、黄信号で右折した時の事故

青信号で交差点に進入したものの対向車のため右折できないまま交差点内に待機した後、黄信号になり右折を開始したところ、同じく黄信号で交差点に進入してきた対向直進車と衝突した事故の過失割合の目安です。

黄信号で直進するバイクと青から黄信号で右折する自動車との事故

黄信号で直進するバイクと青から黄に変わった時点で右折する自動車に起きた事故では、60(バイク):40(自動車)が過失割合の目安となります。

双方黄信号での進入のケースとは違い、直進するバイクの過失は、かなり大きいものになっています。

これは、実情として、右折待機車は、赤信号に変わる直前の黄信号で右折を開始せざるを得ないことを考慮して、直進車より右折車を有利に扱うためです。このことは、バイク右折・自動車直進のケースでも同様です。

青から黄信号で右折するバイクと黄信号で直進する自動車との事故

バイクが青から黄に変わって右折、自動車が黄信号で交差点に進入して起きた事故では、25(バイク):75(自動車)が過失割合の目安です。

直進車が信号無視で進入し右折車が青信号で進入後、赤信号で右折時の事故

右折車が青信号で交差点に進入後、なかなか右折できずにいたところ赤信号になってやっと右折を開始したところに、赤信号で交差点に進入した直進車と衝突した事故の過失割合の目安です。

信号無視で直進するバイクと青から赤信号で右折する自動車との事故

信号無視で直進するバイクと自動車が青信号で交差点に進入し赤信号で右折する際の事故は、80(バイク):20(自動車)が過失割合の目安となります。

直進車黄信号進入の場合と比較して、更に直進車の過失割合は重く設定されています。

その理由は、実情として、右折待機車は直進車の信号が赤信号にならないと右折できないことから、赤信号同士の事故でも、直進車より右折車を有利に扱っているためです。このことは、交差点で右折するバイクと直進する自動車の事故でも同様です。

青から赤信号で右折するバイクと信号無視で直進する自動車の事故

青信号で交差点に進入し赤信号で右折するバイクと信号無視で直進する自動車の事故では、10(バイク):90(自動車)が過失割合の目安となります。

直進車が赤信号で進入し右折車が黄信号進入後、赤信号で右折時の事故

右折車が黄信号で交差点に進入し一旦待機後、赤信号になり右折を開始した際に、赤信号で交差点に進入した対向直進車と衝突した事故の過失割合の目安です。

信号無視の直進するバイクと黄から赤信号で右折する自動車との事故

信号無視で直進するバイクと黄信号で交差点に進入し赤信号で右折する自動車との事故では、60(バイク):40(自動車)が過失割合の目安となります。

青信号での交差点進入右折車より、黄信号での交差点進入右折車の優先度は下がるため、右折車の過失は、かなり重く設定されています。これはバイク右折・自動車右折のケースでも同様です。

黄から赤信号で右折するバイクと信号無視の直進する自動車との事故

黄信号で交差点に進入し赤信号で右折するバイクと信号無視で直進する自動車の事故では、20(バイク):80(自動車)が過失割合の目安となります。

信号機がない交差点での事故(直進、右折)

それでは、次に、信号機による交通整理の行われていない交差点での右直事故の過失割合について、見ていきましょう。

直進するバイクと右折する自動車の事故

直進するバイク直進と右折する自動車の事故では、15(バイク):85(自動車)が過失割合の目安となります。

信号機のある交差点で双方青信号で進入した事故と同じ過失割合です。

右折するバイクと直進する自動車との事故

右折するバイクと直進する自動車の事故では、70(バイク):30(自動車)が過失割合の目安となります。

信号機のある交差点でのバイク直進・自動車右折時の事故と同じ過失割合です。

信号機のない交差点での状況過失割合の目安
バイク直進・自動車右折15(バイク):85(自動車)
バイク右折・自動車直進70(バイク):30(自動車)

過失割合の目安は事情により修正される

これまで示してきた過失割合は、あくまでも事故の類型ごとの過失割合の目安に過ぎません。

実際に過失割合を決めるときには、この過失割合の目安をベースとして、個別の事故における特殊事情を加味して過失割合を修正することが必要になります。以下は、右直事故における過失割合の修正要素の典型例です。

右折車に不利になる修正要素

右折車に不利に働く修正要素としては、

  1. 徐行なし
  2. 直近右折
  3. 合図なし
  4. 早回り右折・大回り右折
  5. その他の著しい過失・重過失

などです。こうした事情のあるときは、右折車に対して、概ね5%~10%の範囲で不利に過失割合を修正します。

直近右折とは、直進車の至近距離での右折をいいます。

また、早回り右折とは交差点の中心の内側を進行しない右折であり、大回り右折とは、逆に、あらかじめ道路の中央に寄らないで右折することを意味します。

その他の著しい過失・重過失の典型例は、時速15㎞以上のスピード違反、スマホ・カーナビ画面注視、酒気帯び・酒酔い運転などです。

直進車に不利になる修正要素

直進車に不利となる修正要素の典型は、

  1. 時速15㎞以上のスピード違反
  2. 既右折
  3. 道路交通法50条違反の交差点進入
  4. その他の著しい過失・重過失

です。修正割合は概ね10%~20%です。

既右折とは、直進車が交差点に進入する時点において、右折車が右折を完了している場合、あるいは、右折を完了しているのに等しい場合をいいます。

道路交通法50条違反の交差点進入とは、渋滞などの混雑のため前方が詰まっており、交差点に入ると交差点内で停止することになり他の車両の通行を妨害するおそれがあるのに、それに反して交差点に進入することです。このような状況では、通常、右折車としては、直進車の交差点内の進入を予測しないため、直進車の不利に修正されます。

交差点でバイクが自動車をすり抜けていく際の事故

自動車が渋滞中の交差点で、自動車の左側をすり抜けて直進するバイクが右折する自動車からは対向車に隠れて見えずらく、事故が誘発されることがあります。

この場合のバイク:自動車の過失割合の目安は、30:70です。

直進するバイクに不利になる修正要素

直進するバイクに不利になる修正要素としては、次のものがあります。

  1. 著しい前方不注視
  2. その他の著しい過失・重過失

わき見運転などの著しい前方不注視については、10~20%、その他の著しい過失・重過失については、20%の修正となります。

右折する自動車に不利になる修正要素

修正要素として右折する自動車に不利に働くものは、特にありません。しかし、これが交差点でない場所で起きた事故であれば、過失割合が5~10%程度自動車に不利に修正されることになります。

まとめ

右折車と対向直進車との事故を右直事故といいます。バイクは、自動車の運転手の死角になりやすいため、自動車とバイクの右直事故は比較的多いです。自動車とバイクの右直事故の過失割合の目安は、事故の類型ごとに決められており、基本的には、信号機による交通整理の有無、交差点進入時・右折時の信号機の色により過失割合は異なります。

また、最終的に過失割合を決める際には、過失割合の目安をベースとして個別の修正要素の有無・内容を加味して、修正を施します。

過失割合は、被害者の損害賠償額に大きく影響するものであり、保険会社と揉めることも多いですから、右直事故の過失割合について不安や困ったことがあれば、すぐに交通事故に精通した弁護士に相談するようにしましょう。

なお、過失割合に納得できない!という方は下記の記事も併せてご参照ください。

関連記事
img_katagawa_compensation_ver1.0
片側賠償とは?交通事故の過失割合9対1や8対2に納得できない
「自分は、何も悪くない。」、「何も過失はない!」。そう断言する自信がある。 しかし、交通事故の相手方や相手の保険会社…[続きを読む]

関連記事
交通事故の過失割合
交通事故の過失割合とは?適正な決め方【納得できない!もめたくない】
交通事故の被害者は、自分が受けた被害について相手方に対し、損害賠償を請求をできますが、自分の過失については減額されま…[続きを読む]




交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

 

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す