右直事故の過失割合(すりぬけ・サンキュー・直進右折事故)バイクvs車

バイク右直事故

バイクと自動車の衝突する交通事故の中でも数として多いのは、交差点において右折する車両と対向車線を直進する車両との衝突事故です。このような事故を右直事故と言います。バイクは、自動車と比較して機動性に富み、車体自体はコンパクトであるため、自動車の運転手の見落としにより事故につながるケースが多いのです。

それでは、このような右直事故の場合において、自動車とバイクの過失割合は、どうなるのでしょうか。過失割合は、交通事故による損害賠償額に大きく影響することのある重要な要素の1つですから、被害者としては、とても気になるところです。

今回は、バイクと自動車との右直事故について、事故態様に応じた過失割合の目安について解説します。

信号機がある交差点での事故(直進、右折)

まず、信号機による交通整理の行われている交差点での右直事故における過失割合の目安を紹介します。ポイントになるのは、交差点に進入した際の信号機の色です。また、同じ態様の自動車同士の事故と比較して、若干、バイク側に有利に修正されています。

バイク直進・自動車右折のケース

バイク直進・自動車右折の事故における、交差点進入時の信号機の色に応じた過失割合の目安は、以下のとおりです。

双方青信号での交差点進入のケース

双方青信号での交差点進入のケースは15(バイク):85(自動車)です。

双方黄信号での交差点進入のケース

双方黄信号での交差点進入のケースは30(バイク):70(自動車)です。

双方赤信号での交差点進入のケース

双方赤信号での交差点進入のケースは40(バイク):60(自動車)です。

直進車赤信号(信号無視)・右折車青矢印信号での交差点進入のケース

直進車赤信号、右折車青矢印信号での交差点進入のケースは直進100(バイク):0(自動車)です。この場合は、青信号に従って進行した車両と赤信号無視の車両との事故になるため、完全に信号無視をしたバイクに過失のある事故となります。

バイク直進・
自動車右折事故の信号機の色
過失割合の目安
双方青信号15(バイク):85(自動車)
双方黄信号30(バイク):70(自動車)
双方赤信号40(バイク):60(自動車)
直進車赤信号
右折車青矢印信号
直進100(バイク):0(自動車)

バイク右折・自動車直進のケース

次に、バイク右折・自動車直進の事故における交差点進入時の信号機の色に応じた過失割合の目安は以下のとおりです。

双方青信号での交差点進入のケース

双方青信号での交差点進入のケースは70(バイク):30(自動車)です。同じ状況でも自動車右折の場合と比較して、バイク右折の場合には、右折車(バイク)の過失は15%軽くなっています。

双方黄信号での交差点進入のケース

双方黄信号での交差点進入のケースは50(バイク):50(自動車)です。ここでは、自動車右折の場合と比較して右折車のバイクの過失は20%軽くなっています。

双方赤信号での交差点進入のケース

双方赤信号での交差点進入のケースは40(バイク):60(自動車)です。双方赤信号での進入の場合には、自動車右折と同様の過失割合になっています。

直進車赤信号(信号無視)・右折車青矢印信号での交差点進入のケース

直進車赤信号・右折車青矢印信号での交差点進入のケースは0(バイク):100(自動車)です。先ほど説明したとおり、このケースは青信号に従った車両と信号無視をした車両との衝突事故ですから、赤信号を無視して交差点に進入した自動車に100%過失のある事故となります。

バイク右折・自動車直進事故の信号機の色過失割合の目安
双方青信号70(バイク):30(自動車)
双方黄信号50(バイク):50(自動車)
双方赤信号40(バイク):60(自動車)
直進車赤信号・右折車青矢印信号0(バイク):100(自動車)

信号の色の変わり目での交差点進入のケース

以上は、双方の車両について、交差点に進入する際と進入後の信号機の色は同一であるケースの事故についての過失割合の目安になります。しかし、実際によく起こる事故は、信号の色の変わり目での交差点進入のケースであり、その場合の過失割合の目安は、以下のとおりです。

直進車が黄信号での進入・右折車の青信号進入後の黄信号での右折のケース

青信号で交差点に右折したものの対向車のため右折できないまま交差点内に待機した後、黄信号になった段階で右折を開始したところ、同じく黄信号で交差点に進入してきた対向直進車と衝突した事故の過失割合は以下のとおりです。

バイク直進・自動車右折のケース

バイク直進・自動車右折のケースは60(バイク):40(自動車)です。双方黄信号での進入のケースとは違い、直進するバイクの過失は、かなり大きいものになっています。これは、実情として、右折待機車は、赤信号に変わる手前の黄信号において右折を開始せざるを得ないことを考慮して、直進車より右折車を有利に扱うためです。このことは、バイク右折・自動車直進のケースでも同様です。

バイク右折・自動車直進のケース

バイク右折・自動車直進のケースは25(バイク):75(自動車)です。

直進車が赤信号での進入・右折車が青信号進入後の赤信号での右折のケース

右折車の待機している状況において、赤信号になり右折を開始して、赤信号の交差点に進入した直進車と衝突した事故の過失割合は以下のとおりです。

バイク直進・自動車右折のケース

バイク直進・自動車右折のケースは80(バイク):20(自動車)です。直進車黄信号進入の場合と比較して、更に直進車の過失割合は重く設定されています。これは、実情として、右折待機車は直進車の信号が赤信号にならないと右折できないことから、赤信号同士の事故でも、直進車より右折車を有利に扱っているためです。このことは、バイク右折・自動車直進のケースでも同様です。

バイク右折・自動車直進のケース

バイク右折・自動車直進のケースは10(バイク):90(自動車)です。

直進車が赤信号での進入・右折車が黄信号進入後の赤信号での右折のケース

右折車が黄信号で交差点に進入して一旦待機後赤信号になり右折を開始して、赤信号での交差点進入の対向直進車と衝突した事故の過失割合の目安は以下のとおりです。

バイク直進・自動車右折のケース

バイク直進・自動車右折のケースは60(バイク):40(自動車)です。青信号での交差点進入右折車より、黄信号での交差点進入右折車の優先度は下がるため、右折車の過失は、かなり重く設定されています。これはバイク右折・自動車右折のケースでも同様です。

バイク右折・自動車直進のケース

バイク右折・自動車直進のケースは20(バイク):80(自動車)です。

信号機がない交差点での事故(直進、右折)

それでは、次に、信号機による交通整理の行われていない交差点での右直事故の過失割合について、見ていきましょう。

バイク直進・自動車右折のケース

バイク直進・自動車右折のケースは15(バイク):85(自動車)です。信号機のある交差点において双方青信号での進入のケースの過失割合と同じです。

バイク右折・自動車直進のケース

バイク右折・自動車直進のケースは70(バイク):30(自動車)です。バイク直進・自動車右折のケース同様、信号機のある交差点における事故と過失割合は同じです。

信号機のない交差点での状況過失割合の目安
バイク直進・自動車右折15(バイク):85(自動車)
バイク右折・自動車直進70(バイク):30(自動車)

過失割合の目安は事情により修正される

これまで示してきた過失割合は、あくまでも事故の類型ごとの過失割合の目安に過ぎません。実際に過失割合を決めるときには、この過失割合の目安をベースとして、個別の事故における特殊事情を加味して過失割合を修正することになります。以下は、右直事故における過失割合の修正要素の典型例です。

右折車に不利になる修正要素

右折車に不利に働く修正要素としては、

  1. 徐行なし
  2. 直近右折
  3. 合図なし
  4. 早回り右折・大回り右折
  5. その他の著しい過失・重過失

などです。こうした事情のあるときは、右折車に対して、概ね5%~10%不利に過失割合を修正します。

直近右折とは、直進車の至近距離での右折をいいます。また、早回り右折とは交差点の中心の内側を進行しない右折であり、大回り右折とは、逆に、あらかじめ道路の中央に寄らないで右折することを意味します。

その他の著しい過失・重過失の典型例は、時速15㎞以上のスピード違反、スマホ・カーナビ画面注視、酒気帯び・酒酔い運転などです。

直進車に不利になる修正要素

直進車に不利となる修正要素の典型は、

  1. 時速15㎞以上のスピード違反
  2. 既右折
  3. 道路交通法50条違反の交差点進入
  4. その他の著しい過失・重過失

です。修正割合は概ね10%~20%です。

既右折とは、直進車が交差点に進入する時点において、右折車が右折を完了している場合、あるいは、右折を完了しているのに等しい場合をいいます。

道路交通法50条違反の交差点進入とは、渋滞などの混雑のため前方が詰まっており、交差点に入ると交差点内で停止することになり他の車両の通行を妨害するおそれがあるのに、それに反して交差点に進入することです。このような状況では、通常、右折車としては、直進車の交差点内の進入を予測しないため、直進車の不利に修正されます。

まとめ

右折車と対向直進車との事故を右直事故といいます。バイクは、自動車の運転手の死角になりやすいため、自動車とバイクの右直事故は比較的多いです。自動車とバイクの右直事故の過失割合の目安は、事故の類型ごとに決められており、基本的には、信号機による交通整理の有無、交差点進入時・右折時の信号機の色により過失割合は異なります。

また、最終的に過失割合を決める際には、過失割合の目安をベースとして個別の修正要素の有無・内容を加味して、修正を施します。

過失割合は、被害者の損害賠償額に大きく影響するものであり、保険会社と揉めることも多いですから、右直事故の過失割合について不安や困ったことがあれば、すぐに交通事故に精通した弁護士に相談するようにしましょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!