後遺障害等級は誰が決める?どのように対策をすれば良い?解説

後遺障害の等級認定について誰が決めるかと疑問を抱いている方もいるでしょう。

特に、医師が「症状固定」を宣言した際に、医師が等級を直接決定すると誤解している方もいるかもしれませんが、実際には医師だけが等級を決めるわけではありません。

あくまでも専門機関が、医師の診断書を参考にしながら、公平・公正に等級判定を下すのです。

この記事で、後遺障害の等級が誰が決めるか、どのように決定され、どういった対応をとるべきかを詳しくお話しします。

後遺障害等級は誰が決めるか

後遺障害等級は誰が決めるかというと、主治医(医師)が決めると考えている方もいることでしょう。

しかし、医師に等級は何級になりますかと聞いても正確に答えてはくれません。

結論から申し上げると、「損害保険料率算出機構」が調査業務を行い、認定結果を決めています。

事故の怪我が治らず、治療期間が長くなった場合、損害保険会社の担当者から手続きの案内が届くか、連絡が来るかと思います。

また手続きは誰がしてくれるかというと、相手の保険会社がしてくれます(事前認定)が、これにはデメリットがあります。

等級を決めるときには、症状固定・後遺障害診断書が重要

前述した通り、後遺障害等級が誰が決めるかというと「損害保険料率算出機構」によって行われます。

しかし、この際に提出される「後遺障害診断書」が非常に重要であり、等級の認定は基本的に書面審査によって行われます。

もし診断書の内容が適正でない場合、結果として等級が認定されないことになります。

つまり、医師とのコミュニケーションによって等級が大きく影響を受ける可能性があるため、自身の主治医(医師)に対して症状の伝え方や行われる検査の選択が非常に重要であることを理解しておく必要があります。

関連記事
後遺障害診断書の書き方と自覚症状の伝え方・もらい方のポイントを解説
後遺障害診断書は、後遺障害等級認定において、判断の中心となる重要な資料です。本記事では後遺障害診断書の書き方、作成の…[続きを読む]

等級を決めるときに、事前認定は危険

特に弁護士などに相談していない場合、後遺障害認定は相手の保険会社が申請してくれることが一般的です。

これを「事前認定」と呼びます。

事前認定の手続き方法は非常に簡単です。通常は、担当医師に決められた書式で後遺障害診断書を作成してもらい、それを相手の任意保険会社に提出するだけで終了します。

しかし、ここで認定結果が「非該当」となったり、低い等級が認定されることがあります。

そして、詳細な理由を説明されないことが多く、誰が決めたのかと、被害者の方々に不満がたまることもよくあります。

関連記事
事前認定・加害者請求
【自賠責】事前認定とは| 被害者請求との違い・切り替え・流れを詳しく解説
後遺障害の等級認定を受ける方法には事前認定と被害者請求という手続きがあります。事前認定とはどのような手続きで、どのよ…[続きを読む]

後遺障害で等級認定を決めるときは「被害者請求」で

後遺障害の等級認定は、被害者にとって最適な方法は、自身で後遺障害の等級認定請求を行うことです。

つまり、交通事故による後遺症が残った場合、保険会社に頼るのではなく、被害者自身が積極的に行動することが非常に重要です。

ただし、被害者が自身で請求を行う場合、手続きが事前認定に比べて複雑で手間がかかるデメリットがあります。

そのため、専門的な知識を持つ「後遺障害に強い弁護士」に依頼することがおすすめです。

弁護士に相談し、アドバイスを受けることで、被害者請求のプロセスを円滑に進めることができます。ぜひ、専門家のサポートを受けてみることを検討してください。

関連記事
被害者請求でするメリット・デメリット
後遺障害の被害者請求|申請・認定の流れ・期間・必要書類を解説
交通事故の後遺障害等級認定は、事前認定より被害者請求がなぜよいのかご存知ですか? 今回は後遺障害等級認定申請の「被害…[続きを読む]
交通事故の無料相談ができる事務所
【東京都・港区・六本木】
ベリーベスト法律事務所
  • 初回無料相談
  • 土日対応可能
  • 慰謝料無料診断
全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
交通事故でお悩みなら今すぐ弁護士相談
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00

まとめ

今回は、後遺障害等級は誰が決めるか、そしてどのような対策を取れば良いのかについて解説致しました。

後遺障害等級認定は、「損害保険料率算出機構」によって行われます。

また、事前認定手続きではなく、被害者自身が請求手続きを行うことが重要ですが、手続きが煩雑なため、弁護士に相談することが推奨されます。

当サイトには後遺障害に強い弁護士の情報も掲載されているので、ぜひそちらを参考に相談してください。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

交通事故の無料相談ができる事務所
【東京都・港区・六本木】
ベリーベスト法律事務所
  • 初回無料相談
  • 土日対応可能
  • 慰謝料無料診断
全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
交通事故でお悩みなら今すぐ弁護士相談
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
監修
弁護士相談Cafe編集部
本記事は交通事故弁護士カフェを運営するエファタ株式会社の編集部が執筆・監修を行いました。
この監修者の記事一覧
この記事が役に立ったらシェアしてください!