後遺障害10級が認定される場合と請求出来る損害賠償金について

病院の個室

交通事故後に後遺障害が残る場合、その内容はさまざまです。

中でも10級は労働能力喪失率が27%となり、日常生活にもかなりの支障が出る内容です。

今回は、後遺障害10級が認定される場合とその場合に請求できる損害賠償金の相場などについて解説します。

1. 後遺障害10級が認定される場合

後遺障害10級が認定されるパターンは、

・単独の症状によって等級認定されるケース
・複数の症状がある場合に併合されて認定されるケース

があります。まずは、単独の症状で認定される場合をご紹介します。

1-1. 単独の症状で認定されるケース

後遺障害10級が認定される症状は、以下のとおりです。

等級後 遺 障 害自賠責
保険金額
後遺障害慰謝料(弁護士・裁判基準)労働能力喪失率
第10級1号:1眼の視力が0.1以下になったもの461万円550万円27%
2号:正面を見た場合に複視の症状を残すもの
3号:咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
4号:14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
5号:両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
6号:1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
7号:1手のおや指又はおや指以外の2の手指の用を廃したもの
8号:1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
9号:1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの
10号:1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
11号:1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの

交通事故の影響で、上記の11種類のいずれかの症状が残った場合に「後遺障害10級」が認定されます。

以下では1つ1つの症状について、より具体的に見てみましょう。

10級1号(視力低下)

10級1号は、視力に関する後遺障害です。

交通事故によって、片眼の視力が0.1以下になってしまった場合には10級1号に認定されます。

この場合の視力は眼鏡やコンタクトレンズなどで「矯正した後の矯正視力」のことであり、裸眼視力ではありません。

特に因果関係が大事

また、はじめから視力が0.1以下であった場合ではなく、交通事故の影響によって視力が低下したことも必要です。因果関係がないと認定はされないということです。

10級2号(複視とは)

10級2号は、交通事故によって複視の症状が残ってしまったケースです。

複視とは、正面を向いてものを見たときに2重に見えてしまう症状です。

乱視との違い

複視に似た症状に、乱視がありますが、一般的に複視という場合には、これとは異なり眼球の筋肉や神経などに障害が起こることが原因になっているケースです。

片眼で物を見てみたときに、片眼をおおって物が2重に見えたら乱視です。片眼ずつで見ると物がはっきり見えるのに、両目で見ると2重に見える場合は複視です。

10級3号(口の障害)

10級3号は、咀嚼機能(ものを噛んで飲み込む機能)と言語機能に障害が残ったケースです。

10級の場合、どちらかに障害が残ったら、後遺障害の認定が受けられます。

10級に認定される場合の咀嚼機能障害は、普通のご飯などを食べることはできますが、固い食材を食べることが難しいという程度です。

また言語機能障害は、発音の基本である「口唇音」、「歯舌音」、「口蓋音」、「咽頭音」の4種類の中で、1種類の発音ができなくなった場合です。

10級3号は、咀嚼や言語に関する後遺障害の中では最も軽いものとなります。両方がさらに重くなっていくと1級の可能性もあります。

10級4号(歯が折れる、欠損した場合)

10級4号は、交通事故によって歯の半分以上がなくなってしまったケースです。

永久歯は28本のうち14本以上を失ったり、著しい損傷を受けてしまったりしたら、10級4号が認定されます。

また等級表に記載のある「歯科補綴(しかほてつ)」とは、歯科で治療をしてもらったという意味です。

交通事故で歯が失われたりして、差し歯やブリッジなどをしてもらい、歯科治療をしてもらうことを前提に、等級が認定されます。

10級5号(聴力障害)

10級5号は、聴力に関する後遺障害です。

交通事故の影響で、両耳の聴力について、1メートル以上離れたら、普通の会話が理解できない程度に低下してしまった場合に認定されます。

聴力検査の際には、両耳の聴力レベル(「ピー」などという単純音が聞き取れるかどうかの問題)が50db(デシベル)以上、もしくは、40db以上かつ最高明瞭度が70%以下という条件まで低下してしまった場合に認定されます。

あまり普段は聞いたことがない基準かもしれません。ここでいう明瞭度とは、言葉を言葉として聞き取ることができるかという問題です。

10級6号(聴力障害)

10級6号も聴力に関する後遺障害です。

片耳について、耳に接するほどに近寄らないと、大声も聞こえないようになってしまった場合に認定されます。

検査基準としては、純音聴力が80dB ~ 90dB未満になった場合に認定を受けられます(※数字が大きければ大きいほど難聴の度合いが高くなります)

10級7号(指の機能障害)

指の障害には、「欠損傷害」と「機能障害」があります。10級の場合は機能障害となります。

・片手の親指1本または
・親指以外の2本の指の機能

が失われたら、10級7号が認定されます。

母指・小指などの末節骨骨折の事例

よくあるパターンとしては、末節骨(指の一番先端、爪のあたりの骨)が骨折してしまって、その結果、指をうまく曲げられなくなってしまった場合などです。

これを指の関節の可動域の制限と言います。母指(親指)、薬指、人差し指、小指、中指などどの指でも起こりえます。

10級8号(下肢短縮)

10級8号は、足の長さに関する後遺障害です。具体的には、片脚の長さが3cm~5cm短くなってしまった場合に認定を受けられます。

5センチメートル以上短くなった場合には、より重い8級5号が認定されます。

粉砕骨折の事例

たとえば、交通事故で粉砕骨折などが起こると、治療を施しても足の長さが変わってしまうことがあります。

10級9号(足の指欠損)

10級9号は、

・片足の親指や
・足の親指以外のすべての指を失った場合

に認定されます。

10級10号(上肢、肩、肘、手首の可動域・腕が上がらない)

10級10号は、いわゆる「腕の3大関節」のうち1つに著しい障害が残ったケースです。

腕の3大関節とは、

・肩
・肘
・手首

です。これらの関節の1つがまともに動かなくなってしまったら、10級10号の認定を受けられます。

もしも完全に機能を失った場合には等級が上がり、8級6号が認定されます(「完全に機能を失った場合」とは、たとえば全く関節が動かなくなってしまったり、可動域が10%以下になってしまったりした場合のことです)

鎖骨遠位端・上腕骨近位端骨折による事例

バイク事故などではよく肩から落下して、鎖骨(さこつ)や上腕骨(じょうわんこつ)を骨折する場合があります。

鎖骨は首のすぐ下にある骨でよく知られている骨ですが、「鎖骨遠位端(さこつ・えんいたん)」という言葉は、鎖骨の中でも肩の箇所を指す言葉です。上腕はもちろん腕の上部のことで、近位端(きんいたん)というのは腕の根っこ、つまり肩の側の位置を指します。

このような骨折の状態になると、リバビリ後も肩関節の可動域が制限されてしまう場合があります。症状としては腕が上まで上がらない状態となります。

橈骨(とうこつ)遠位端骨折による事例

事故で歩行者が転倒した際に、手を地面についてしまって「橈骨(とうこつ)」、つまり肘から手首にかけての骨が骨折してしまう場合があります。

この際も症状固定後、可動域が制限されてしまい、後遺障害の認定を受ける必要が生じてきます。

10級11号(下肢、腕の関節、肩、肘、手首の障害)

10級10号は上肢でしたが、11号は下肢の3大関節についてです。

・股関節
・膝
・足首

になります。こちらも10号と同様で、関節の可動域の制限が事故によって起こってしまうケースです。

股関節や足首の骨折、また膝蓋骨(しつがいこつ)という膝のお皿の骨折などで生じやすくなっています。

2. 併合で10級認定されるケース

また単独の症状以外、つまり複数の症状でも後遺障害の認定を受けるケースがあります。

併合認定が行われる場合には、1つ1つの後遺障害の症状の等級よりも高い等級で認定されることが多いです。

併合認定のルールは、以下のとおりになっています。

  • 第5級以上の後遺障害が2つ以上ある場合、重い方の後遺障害の等級を3級繰り上げる
  • 第8級以上の後遺障害が2つ以上ある場合、重い方の後遺障害の等級を2級繰り上げる
  • 第13級以上の後遺障害が2つ以上ある場合、重い方の後遺障害の等級を1級繰り上げる
  • その他の場合、等級の繰り上がりは起こらず、最も重い等級が併合等級となる

たとえば、後遺障害11級の症状と13級の症状がある場合には、併合認定が行われ、重い方の11級の等級が1つ繰り上がって10級の認定が行われることになります。

3. 後遺障害10級で請求できる損害賠償金

次に、後遺障害10級の場合に請求できる損害賠償金についてご説明します。

3-1. 自賠責の限度額は461万円まで

交通事故に遭って怪我をしたら、相手の自賠責保険に対して賠償金の請求をすることができますが、自賠責保険には限度額があります。

後遺障害10級の場合の自賠責の限度額は461万円なので、それを超える金額の損害が発生した場合には、相手の任意保険会社に請求する必要があります。

3-2. 後遺障害慰謝料

交通事故によって後遺障害が残ったら、後遺障害慰謝料を請求することができます。

後遺障害慰謝料の金額は、後遺障害の等級によって異なりますし、損害賠償金の計算基準によっても異なります。

交通事故の損害賠償金計算基準には、自賠責基準と任意保険基準、弁護士・裁判基準がありますが、自賠責基準<任意保険基準<弁護士・裁判基準の順番に高額になっていきます。

それぞれの基準で計算した10級の場合の後遺障害慰謝料の金額は、以下の表のとおりです。

等級弁護士・裁判基準任意保険基準自賠責基準
10級  550万円  200万円  187万円

上記のように、弁護士・裁判基準で計算すると、他の基準で計算した場合の2倍以上の金額になります。
このことから、なるべく高額な損害賠償金の請求をするためには、弁護士・裁判基準を使って計算をすることが重要であることがわかります。

3-3. 逸失利益

交通事故で後遺障害が残ると、逸失利益を請求することができます。後遺障害が残ると、事故前より身体が不自由になるので、それまでと同じように働くことができなくなります。このことによって、本来得られる収入が得られなくなるので、それを損失として請求できるのです。これが逸失利益の内容です。

逸失利益は、基本的に事故前に仕事をして収入があった人の場合に適用されます。ただし、専業主婦などの家事従事者であっても、家事労働には経済的な価値があると認められるので、逸失利益を請求できます。

逸失利益は、各後遺障害等級の労働能力喪失率に応じて計算されますが、10級の場合の労働能力喪失率は27%です。つまり、事故前と比べて3割近く労働能力が失われていると考えられているのであり、10級がかなり重大な後遺障害であることがわかります。

後遺障害10級の場合の具体的な逸失利益の計算方法は、以下のとおりです。

事故前の基礎収入×0.27×ライプニッツ係数

ここで言う、ライプニッツ係数とは、就労可能年齢までの中間利息控除のための特殊な係数のことです。

後遺障害10級の場合に逸失利益を計算すると、労働能力喪失率もそれなりに高いので、数千万円以上になることもあります。

4. 後遺障害10級の損害賠償金の金額相場

後遺障害10級の場合に、どのくらいの損害賠償金の金額の相場かを見てみましょう。

交通事故の損害賠償請求時には、先程も解説致しました、後遺障害慰謝料と逸失利益だけではなく、

・入通院にかかる治療費
・入院雑費
・付添看護費
・装具の費用
・通院交通費
・入通院慰謝料
・休業損害

などさまざまな損害賠償金を請求できます。

後遺障害10級の場合には、これらのすべての賠償金の金額を合計して請求することができます。

逸失利益が認められるかどうかによっても異なりますが、事故前に高額な収入があったり、年齢が若い被害者だったりした場合にはかなり高額となり、3000万円近くの請求ができることが多いです。

逸失利益がなかったり少なかったりする場合でも、1000万円に近い金額の請求ができることが多いでしょう。

4. 後遺障害10級で高額な賠償金を受け取る方法

後遺障害10級が認定された場合、なるべく高額な損害賠償金を受け取るためのポイントをいくつかご紹介します。

被害者請求手続きが大切

まずは、確実に後遺障害の等級認定を受けるためには、被害者請求手続を利用しましょう。

後遺障害等級認定には、

・被害者請求
・加害者請求

があります。しかし加害者請求では、相手の保険会社に等級認定手続きを任せてしまうことになるので、適切に手続が行われているかどうか不安が残るからです。詳しくは「被害者請求の手続きとメリット・デメリット|後遺障害認定申請の流れ」の記事もあわせてご参照ください。

良い医者であるか

次に、後遺障害の症状の診断などを良い専門医に担当してもらうことも重要です。

後遺障害の等級認定では、各種の検査結果・後遺障害診断書の内容が非常に重視されます。

これらの検査を実施したり診断書を記載したりしてくれるのは、担当医ですので、その人がどの程度適切に対応してくれるかによって、後遺障害の認定が受けられるかどうかが大きく変わってくるからです。

各後遺障害の症状に合わせて、そのような症例を多く取り扱っている専門医を探してみてもらいましょう。

良い弁護士はいるか

また、ある程度医学的知識も持っていて、手続きに慣れた弁護士に依頼することも重要です。

先程も申しましたとおり、交通事故の損害賠償金の計算方法には

・自賠責基準
・任意保険基準
・弁護士・裁判基準

の3種類があり、弁護士・裁判基準が最も高額になります。

弁護士・裁判基準で損害賠償金を計算してもらうためには、示談交渉を弁護士に依頼する必要があります。

後遺障害10級の場合に弁護士に示談交渉を依頼したら、自分で交渉している場合と比べて受けられる賠償金の金額が数百万円以上上がることも普通です。

以上のように、後遺障害10級が認定されたら、交通事故に強い良い弁護士を探して、早めに示談交渉を依頼することが、高額な損害賠償金を獲得するための近道になります。

まとめ

今回は、後遺障害10級の認定が受けられる場合の症状と、その場合に請求できる損害賠償金の金額について解説しました。

後遺障害10級が認定されるケースはさまざまですが、等級認定を受けるためには、どの症状の場合であっても、適切に検査・診断をしてもらい、良い弁護士に後遺障害の認定請求手続をしてもらうことが重要です。

後遺障害10級が認定されたら、数千万円単位の損害賠償金を請求することもできます。

今回の記事を参考にして、後遺障害10級相当の症状が残った場合には、適切に等級認定を受けて、正当な補償を受けられるようにしましょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!