後遺障害10級の慰謝料相場と増額方法をわかりやすく解説

病院の個室

後遺障害10級は、交通事故で矯正後の1眼の視力が0.1以下になった場合や咀嚼・言語の機能障害が残った場合など、日常生活にも支障を来す等級です。

気になる後遺障害慰謝料の相場は、自賠責基準で187万円、弁護士・裁判基準で550万円です。

では、適正な等級の認定を受けるためには、どうすればいいのでしょうか?適切な慰謝料を受け取るためにはどうすればいいのでしょうか?

今回は、後遺障害10級の慰謝料の相場と適正な等級認定のためにすべきこと、慰謝料増額のためにすべきことについて解説します。

後遺障害10級の代表的な症状と慰謝料

後遺障害10級が認められる症状と10級の後遺障慰謝料を下表にまとめてみました。

等級症状
10級1号1眼の視力が0.1以下になったもの
10級2号正面を見た場合に複視の症状を残すもの
10級3号咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
10級4号14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
10級5号両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
10級6号1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
10級7号1手のおや指又はおや指以外の2の手指の用を廃したもの
10級8号1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
10級9号1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの
10級10号1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
10級11号1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの

たとえば、10級5号が認められる症状は「普通の話し声を解することが困難」ですが、9級7号で認められる症状は、「普通の話し声を解することができない」とされています。

後遺障害10級と9級との後遺障害慰謝料の相場の差額は自賠責基準で60万円弱、弁護士・裁判基準で140万円程度ですが、10級と9級では労働能力喪失率が異なるため、逸失利益に差が出ます。

どちらの等級で認定されるかは、後の損害賠償額に大きく関わってきます。

10級の後遺障害慰謝料の相場
自賠責基準任意保険基準(※)弁護士・裁判基準
187万円程度200万円550万円程度

後遺障害慰謝料の計算方法には、自賠責基準、任意保険基準、と弁護士・裁判基準の3つがあり、自賠責基準から順に大きくなります。

自賠責基準は、人身事故での最低限の補償をするための基準であり、任意保険基準は、任意保険会社が賠償額の基準として独自に定めたものです。

※任意保険基準については、一般に公開されていないので、旧任意保険の統一支払基準を参考に記載しています。

慰謝料を弁護士・裁判基準で交渉する重要性

弁護士・裁判基準は、裁判例を基に設定された基準で、実際に裁判で用いられる基準でもあります。法的に唯一妥当な基準ですから、この基準を用いて交渉すべきです。

しかし、被害者本人がこの基準で示談をし、加害者側保険会社がそれをそのまま受け入れるかどうかはわかりません。

弁護士・裁判基準で慰謝料を交渉するには、弁護士に依頼するのが最善の選択です。

後遺障害10級の逸失利益の計算例

では、前項で少し触れたように後遺障害が認められると請求が可能になる後遺障害逸失利益について考えてみましょう。

後遺障害逸失利益は、後遺障害がなければ得られたであろう将来の収入です。後遺障害によって働く力が失われたと考え、その失われた割合が後遺障害の程度に応じて基準化されています(労働能力喪失率)。

逸失利益は、以下の計算式で求めることができます。

逸失利益=年収額×労働能力喪失率×被害者の年齢に応じたライプニッツ係数

「被害者の年齢に応じたライプニッツ係数」は、国土交通省のサイトで調べることができます。

参考外部サイト:国土交通省「就労可能年数とライプニッツ係数表

そこで次の事例で実際に逸失利益を計算してみましょう。

後遺障害10級の労働能力喪失率は、27%です。

事例

被害者の年齢・性別:55歳女性
被害者の年収:650万円
被害者の後遺障害等級:10級

650万円(年収)×27%(労働能力喪失率)× 9.899(年齢55歳のライプニッツ係数)=17,372,745円

この事例では、被害者は約1700万円の逸失利益を受け取ることができます。

しかしもし、この被害者が、9級の認定を受けることができたならば、労働能力喪失率が35%なので、逸失利益は、22,520,225円となり、その差額は500万円以上です。

いかに適切な等級の認定が必要かお分かりいただけと思います。

そこで、次に適正な等級を受けるために被害者に何ができるのかを解説しましょう。

後遺障害10級認定のためにすべきこと

適正な後遺障害等級認定の可能性は、後遺障害認定の請求手続きを被害者請求で行うことで高くなります。

被害者請求は、自身で必要書類を揃えて手続きを行うことですが、相手側保険会社に手続きを任せてしまう事前認定と異なり、提出する書類や情報を自分で管理することができます。

また、後遺障害認定は書面審査で行われるので、後遺障害診断も重要になってきます。

依頼をすればこの2つについて適切にアドバイスをしてくれるのが、交通事故に詳しい弁護士です。

被害者請求で必要な書類がどこで手に入るのかから、医師に後遺障害診断作成を依頼する際のアドバイスまで受けることができます。

くれぐれも、請求手続きで失敗し、悔いを残さないようにしましょう。

関連記事
被害者請求
後遺障害申請を被害者請求でするメリット・デメリット
交通事故の後遺障害等級認定は、事前認定より被害者請求がなぜよいのかご存知ですか? 今回は後遺障害等級認定申請の「被害…

後遺障害10級の慰謝料増額の事例

後遺障害10級の慰謝料は、どの程度まで認められるのか、最初に裁判例を2つ取り上げます。

裁判例1

東京地裁平成18年12月25日判決

被害者は女性看護師(症状固定時50歳)。

事故で、ものが二重に見えてしまう復視(ふくし)となり、自賠責保険により10級2号(労働能力喪失率27%)の後遺障害に認定されました。

裁判所は、

  • 複視の原因が片眼だけにあるならば、他方の眼では正しく像を見ることができるが、被害者の複視は両眼の神経麻痺が原因なので、より不自由が大きい
  • 看護師という職業に眼の障害が及ぼす影響は大きい
  • このため労働能力喪失率も40%とみるのが相当
  • 障害のために看護師の仕事は退職を余儀なくされた
  • 労働能力に影響を与える程度には至っていないものの、左肩関節の可動域も制限されている

裁判所は、これらの事実を指摘のうえ、慰謝料に反映させるべきとして、入通院慰謝料190万円に加えて、後遺障害慰謝料800万円を認めました。

参考文献:自保ジャーナル1714号2頁

裁判例2

大阪地裁平成21年1月30日判決

被害者は男子高校生(事故時15歳)。裁判所は14歯以上の歯科補綴(※)の後遺障害(10級4号)を認定したうえで、次のように判示しました。

  • 加害者は相当な量の飲酒をして運転していた
  • 常習的な飲酒運転である
  • ひき逃げである
  • 逃走後、車を修理するなどの隠蔽工作をした
  • 加害者の車両は、無車検、無保険だった
  • 制限速度を大きく超過して走行していた
  • ルームミラーで、後ろから追走している仲間の車を見ることに気をとられて、前方に全く注意を払わない重大な過失があった

これら加害者が悪質である事実を指摘して、慰謝料は5割程度増額することが相当とし、入通院慰謝料219万円に加え、後遺障害慰謝料795万円を認めました。

参考文献:交通事故民事裁判例集42巻1号96頁

※歯科補綴(ほてつ)とは、入れ歯などの人工物で歯を補うことです。

下表をご覧いただくとお分かりいただけますが、10級の弁護士・裁判基準の後遺障慰謝料は、550万円です。この2つの判決で裁判所は、この基準を超えた慰謝料を認めています。

しかも、1つ目の裁判例では、後遺傷害10級の労働能力喪失率が27%であるところ、9級の35%をも超える40%の労働能力喪失率を認めているので、後述する逸失利益も大きく変わります。

慰謝料の相場を大きく超えることがある裁判

後遺障害慰謝料は、本来事故態様などによって個別に判断されるので、支払われる額は事故ごとに異なってきます。

機械的に処理する自賠責保険とは違い、裁判所は、被害者の年齢、性別、年収や生活状況などあらゆる事情を斟酌するので、相場を超えることはあり得ます。

被害者の慰謝料が増額するかどうかは、増額理由を裏付ける事実をすべて拾い上げ、主張することができるかどうかにかかっていると言えます。

慰謝料増額のための3つのポイント

弁護士に依頼することにメリットがあるのは、後遺障害認定のときばかりではありません。

弁護士に依頼すると慰謝料が増額する可能性がアップします。具体的には以下の3つがポイントになります。

保険会社との示談交渉で、慰謝料を大幅な増額の可能性をアップするには、後遺障害認定等級認定に強く、交通事故の医学的知識が豊富な弁護士を選ぶことこそが大切になります。

6.後遺障害10級の慰謝料の自動計算ツール

自分の事故のケースで、後遺障害10級の慰謝料相場を調べたい方は、慰謝料自動計算ツールをご利用ください。

通院期間や後遺障害等級を入れるだけで、より詳しく自分の慰謝料相場を弁護士基準で計算することができます。

関連記事
calc_317x207
交通事故慰謝料の自動計算機|弁護士基準の相場を知る
本当の慰謝料はいくら?通院期間や後遺障害等級を入れるだけで、弁護士基準の慰謝料相場を知ることができます。 むち打ちの…

まとめ

今回は、後遺障害10級の認定が受けられる場合の症状と、損害賠償金の金額や適切な等級認定のためにすべきことについて解説しました。

適正な等級認定を受けるためには、しっかりと検査・診断をしてもらい、交通事故に強い弁護士に相談しながら被害者請求で後遺障害等級認定の請求をすることです。

また、なるべく高額な損害賠償金を獲得するためには、交通事故に強い弁護士に依頼して、弁護士・裁判基準で交渉してもらうことも大切なポイントです。

今回の記事を参考にして、交通事故で後遺障害が残った場合には、適正な等級認定を受けて、正当な補償を受けられるようにしましょう。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人心
【愛知県・名古屋市】
弁護士法人 心
弁護士法人心

交通事故に強い法律事務所です。弁護士法人 心の弁護士・スタッフが一丸となって被害者の方をサポートいたします。

交通事故に強い法律事務所です。弁護士法人 心の弁護士・スタッフが一丸となって被害者の方をサポートいたします。

【対応エリア】三重、愛知、岐阜、東京を中心に,全国対応をしています。8,500件以上の交通事故解決実績!後遺障害適正等級診断サービス 0円、損害賠償額診断サービス 0円、示談金額(賠償金額)チェックサービスを提供しております。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6358
[電話受付]平日 9:00~22:00 土日 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
後遺障害11級の慰謝料相場と増額方法をわかりやすく解説 »

あなたへおすすめの記事