稲坂将成法律事務所について

    稲坂将成法律事務所
お客様目線を大切にしています。
交通事故の被害に遭われて不安な気持ちを抱えておられる被害者にしっかりと寄り添い、精神的な支柱となってまずは親身になってお話をお伺いします。初回相談料は「無料」です。

対応分野

  • 人身事故
  • 後遺障害認定
  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 死亡事故
  • 初回相談無料
  • 示談交渉
  • 過失割合

費用

初回無料相談
完全成功報酬制
法テラス利用可

私たちに依頼するメリット

  • 初回相談料は無料です。
  • 難しい法律用語を分かりやすく説明し、具体例などを用いながら、丁寧にご説明します。
  • 正当な慰謝料・治療費を請求します。
  • 後遺障害認定を徹底サポート致します。
  • 地元の道路に詳しいからこそ、納得のできる過失割合で解決を実現。

稲坂将成法律事務所は、東京都東大和市清水にある交通事故に力をいれている法律事務所です。特に、慰謝料など示談金増額交渉や、過失割合の交渉などに実績がございます。西武多摩湖線武蔵大和駅から徒歩4分と電車でのアクセスも可能で、また無料駐車場も用意しておりますのでお車での来所も大変便利です。
主に西武線沿線にお住まいの方や、東大和市、東村山市、小平市、東久留米市、武蔵村山市、立川市、所沢市、狭山市、入間市などを対応エリアとしておりますが、それ以外の地域の方からのご相談についても対応可能でございます。

当事務所はお客様目線を大切にし、交通事故の被害に遭われて不安な気持ちを抱えておられる被害者にしっかりと寄り添い、精神的な支柱となってまずは親身になってお話をお伺いします。
また、アドバイスをする際にも、難しい法律用語を分かりやすく説明し、具体例などを用いながら、一般の方でもしっかり理解できるよう時間をかけて丁寧にご説明致します。

初回相談料は「無料」ですので、まずはお早めにご相談下さい。

事故後は、素早い相談が功を奏します

交通事故の被害を弁護士に相談する場合、ネットなどで調べると「治療が終わったあと」と記載されていることがあります。
交通事故の損害賠償請求は、人身損害の部分は、怪我の治療が終わらないと、治療費や慰謝料、休業損害などの最終的な損害額が確定しないため、一般的には治療後から示談交渉を始めるからです。

ですが当事務所は、交通事故発生後、できる限り早い段階から当事務所にご相談頂くことを強くおすすめしております。
これには主に2つのメリットがあるからです。

メリット1:正当な治療費を請求できる

交通事故の治療費は加害者が負担しますが、必ずしもかかった費用全てが認められるというわけではありません。例えば次のような場合、治療費として認められず、自腹になってしまう可能性があります。

  • 接骨院、整骨院、整体、マッサージ、鍼灸院などで治療を受けた費用
  • 領収書などを紛失してしまった場合
  • 何度も病院を転院した場合

これらの場合は、弁護士のアドバイスに基づいていないと、加害者に対してその費用が請求できなくなってしまう可能性があります。また、治療開始から一定期間が経過した場合も、症状固定であるとして治療費が一方的に打ち切られることもあります。
当事務所に早い段階でご相談頂ければ、適正な賠償が受けられるように気をつけながら治療を続けていただくことをアドバイスいたします。

メリット2:適正な慰謝料の支払いを受けるために

交通事故で受けられる慰謝料(通院慰謝料)は、基本的には治療の過程が基準となります。そのため、適正な慰謝料の支払いを受けるためにも治療の仕方を相談してもらうことが有用です。

多くのケースで、示談金の増額は慰謝料部分が中心になりますが、治療の仕方が賠償実務上不十分なものであると、適正な慰謝料の支払いを受けることが難しくなります。
この意味でも治療終了前のご相談は意義のあるものです。

メリット3:適切な後遺障害認定のため

治療が終わった段階で後遺症が残った場合は、後遺障害に認定される可能性があります。後遺障害に認定されると、「後遺障害慰謝料」や「逸失利益」などの請求が可能となるため、交通事故の示談交渉では非常に重要な位置づけとなります。

ただ、後遺障害認定は病名だけで簡単に判断されるものではなく、事故発生当時の状況や、その後の治療過程、治療方針なども総合的に勘案して決定します。
そのため、たとえ後遺障害に認定される可能性がある怪我だとしても、適切な治療方針を選択しなかったために認定が受けられないということも少なくありません。

当事務所はそのような人をなくせるよう、早い段階からご相談頂くことで、その後の後遺障害認定を念頭におきながら治療を続けていただくことができます。

示談金増額に実績あり

交通事故の示談金は、事故後の対応や交渉の仕方次第でかなり大きく変わってきます。また、慰謝料については、裁判で認められる適正な金額を大きく下回る提示がなされることがほとんどです。

そこで当事務所では、次の2つのポイントに特に力を入れております。

・慰謝料の増額

慰謝料については、加害者側の保険会社が提示してくる金額を相場だと鵜呑みにして示談書にサインしてしまうと、取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。
これは裁判上の基準である「適正な賠償額」よりも非常に低い算定基準なのです。

よって、当事務所に慰謝料交渉をお任せ頂ければ、当初の提示額よりも大幅に増額させることが高確率で可能です。

・休業損害の請求

意外に漏れやすいのが休業損害です。事故による怪我で会社を休んだ場合は、会社に休業損害証明書を出してもらうことで休業損害を請求することが可能です。
また、これは仕事をしていない専業主婦の場合でも、家事労働を労働であると考えて、一般的な女性の平均賃金である「賃金センサス」などをベースに請求することが可能です。

当事務所にご相談頂ければ、こういった部分ももれなく請求できているか検討しますので、最終的な示談金の総額が増額することがあります。

後遺障害認定を徹底サポート

当事務所では交通事故の賠償額増額に大きな影響がある「後遺障害認定」についてもサポートしております。

後遺障害認定は、認定されるかどうか、されたとして何級に認定されるのかによって、請求できる後遺障害慰謝料相場及び将来の逸失利益が大幅に変わるため注意が必要です。
当事務所では、後遺障害認定申請に必要となる、後遺障害診断書の作成方法のポイントや、その他添付したほうが良い検査資料や診断書などを医師とも協議しながらご提案し、適切な等級で認定されるよう尽力致します。

地元の道路に詳しいからこそ、納得のできる過失割合で解決を実現

当事務所は地元周辺で発生した交通事故をメインに対応していることもあり、多摩地域の道路(新青梅街道、青梅街道、府中街道、五日市街道など)については、イメージが容易です。

また当事務所の場合、弁護士自身が車を運転することも多いため、近隣の道路の状況やドライバーとしての感覚が理解しやすいという特徴があります。これは交通事故事件に携わるにあたって、とても大事なことだと実感しています。
そのため、実際に事故が発生した場合の過失割合の争いついても、事故の相手の主張の矛盾点に気がつくことができたこともあります。

過去の事例では、互いに10:0の過失割合を主張してもめていた案件で、現場道路の形状等を踏まえた主張を行ったところ、当方の主張の方向性に沿った解決ができたこともありました。

初回相談は「無料」です。ご相談はお早めに

当事務所は事故発生後できる限り早く、そして気兼ねなくご相談頂けるよう、初回相談料については「無料」とさせて頂いております。電話、メールでも随時受付しており、気軽にコミュニケーションが取れるよう配慮しております。
なお、弁護士費用については、実際に相手方から支払われた賠償金から充当するなどの方法を協議します。納得の上でのご依頼をしていただくまでは費用が発生することはありませんのでご安心ください。

また、弁護士費用を援助してくれる法テラスや、自動車保険に付帯されている弁護士費用特約の利用にも対応しておりますので、お気軽にお申し付け下さい。原則は当事務所にご来所頂きますが、難しい場合はご自宅や病院、勤務先等可能な限り出張相談致します。
事故発生後は、早めのご相談が示談金増額へとつながります。まずはお気軽にご相談下さい。

稲坂将成法律事務所
事務所詳細
事務所詳細
弁護士稲坂 将成 (いなさか まさなり) 東京弁護士会 No.48054
住所〒207-0004 東京都東大和市清水2-843-38
対応エリア東京都(23区外)、埼玉県
アクセス

西武多摩湖線「武蔵大和駅」徒歩4分(駐車場有)

現在営業中( 本日9:00~18:00 ) ]
電話での受付はこちら
050-5267-6308
[電話受付] 平日 9:00~18:00

【24時間受付】メール相談はこちら

電話でお問い合わせ
受付時間 平日 9:00~18:00
定休日 土日祝
対応エリア 東京都(23区外)、埼玉県
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前にご予約いただければ、営業時間外・定休日でも対応可能な場合があります。詳しくはお電話の際にご確認ください。
都道府県から
交通事故に強い弁護士を探す