任意保険と自賠責保険における過失割合の扱い

過失割合

停車中の追突事故など、加害者側の一方的な過失によって交通事故が発生した場合、加害者は被害者に対して損害賠償義務を負います。もちろんこれは当然の事ですが、仮に十字路での接触事故などの場合、被害者側にも一定の落ち度が認められるため、加害者が100%の損害賠償義務を負うのではなく、被害者の過失割合に応じて、損害賠償額を調整する事になります。

これを過失相殺と言います。

交通事故の多くは、被害者側にも多少の過失が認められることが多いため、この過失相殺は頻繁に発生しています。そのため、いくら慰謝料などが増額できたとしても、過失相殺の内容によっては、受け取る事ができる金額が大幅に減ってしまうこともあり得るのです。

交通事故の損害賠償請求において、非常に重要な要素となる過失割合ですが、実は任意保険と自賠責保険とで、過失割合の扱いが違うってご存知でしたか?

任意保険における過失割合は、「厳格」の一言!

先ほども言ったように、最終的に被害者が受け取る示談金の金額は、慰謝料の増額云々よりも、過失割合に大きく影響を受けると言っても過言ではありません。
ということは、裏を返せば被害者に対して保険金を支払う事になる任意保険会社からしてみれば、過失割合はものすごく重要なポイントとなるわけです。そのため、任意保険会社との示談交渉においては、この過失割合を極めて厳格に判定する事となります。

例えば、交差点で直進車同士が衝突したとします。この際、双方のドライバーの過失割合は、交差点に進入してきた方向と、その進入速度に応じて認定するため、ちょっとした事でその過失割合が変化する事になります。

そのため、保険金を支払わなければならない任意保険会社としては、一切の妥協なくこの過失割合を交渉してきます。

ですので、例えば被害者の過失割合が2割程度ありそうな場合において、
「2割程度の過失ですので、今回は当社が満額の保険金をお支払いさせていただきます」
なんて気前のいい事は決して言ってはくれません。
きっちり2割分の金額を減額されてしまうのです。

自賠責保険における過失割合は、被害者に「超やさしい」!

このように過失割合を厳格に見る任意保険会社に対し、自賠責保険の場合は一転して「超やさしく」になります。
すなわち、さきほどのまさに逆で、
「過失が2割しかないんですか。それでしたら気にされないでください。そんな小さな過失については、自賠責保険会社は気にしませんので、どうぞ満額をお受け取りください」
といった感じで、過失割合については、保険金にほとんど考慮されません。
なぜこんなに違いが出るのでしょうか。

自賠責保険の目的は、被害者の「救済」である!

この扱いの違いは、任意保険と自賠責保険の存在目的にあります。

任意保険の目的は、必要最低限の保険金に抑えることで会社としての損失を減らし、できる限り保険料を安くすることです。

これに対し、自賠責保険は「被害者の救済」を目的としている強制加入保険という確固たる存在目的があるため、被害者が救済されなければ全く意味がないのです。

そのため、任意保険会社のように過失割合をケチって保険金の支払いを渋るようなことがあっては、被害者の救済という目的が果たせなくなってしまいます。そもそも、自賠責保険で支給される保険金は、最低限度の補償のため、裁判基準などと比べれば、満額が支給されたとしても決して多いとは言えません。
ですので、自賠責保険に関しては、被害者側に「重大な過失」が認められるような場合でなければ、基本的には過失割合において細かいことは言わず、保険金を支払ってくれるのです。

自賠責保険でも過失相殺されてしまう「重大な過失」とは

そんな寛大な対応をしてくれる自賠責保険でも、被害者側に「重大な過失」がある場合はさすがに過失相殺をします。
自賠責保険が言うところの「重大な過失」とは、すなわち被害者側に7割以上の過失がある場合を言います。
被害者に7割以上の過失が認められる事故形態としては、次のようなものがあります。

1:信号無視をして道路を横断中に、青信号で直進してきた車と接触した場合
2:路外(ガソリンスタンドなど)から道路に進入する際に車と接触した場合
3:路外に出るために右折して対向車線の車と接触した場合
4:一方通行を逆走して衝突した場合
5:前方の車が不用意に急ブレーキを踏んだため追突した場合

これらはすべて7割以上の過失割合が認められる可能性が高いため、いくら寛大な対応をする自賠責保険と言えども、ここは過失相殺が行なわれます。

自賠責保険における重過失による減額割合

重大な過失とは7割以上の過失とご説明しましたが、具体的にどの程度の減額がされるのでしょうか。

死亡または後遺障害に該当する事故の場合

1:7割未満の場合は減額無し
2:7〜8割未満の場合は20%減額
3:8〜9割未満の場合は30%減額
4:9〜10割未満の場合は50%減額

上記以外の怪我の場合

1:8割未満は減額無し
2:8〜9割未満の場合は20%減額
3:9〜10未満の場合は20%減額

このように、過失割合がそのまま減額割合となる任意保険に比べると、たとえ過失相殺がされたとしても、非常に低い減額だけであとの保険金は支給してくれるのです。

自賠責保険の過失相殺を具体例で考えてみましょう!

XとYが交通事故を起こしたとします。双方の過失割合と損害額は次の通りです。(後遺障害はや死亡ではないとします)

X:過失割合8割 人身傷害損害額100万円
Y:過失割合2割 人身傷害損害額120万円

ちなみに自賠責保険は物損の補償はないため今回は無視します。自賠責保険はあくまで対人賠償のみですのでご注意ください。

過失割合を無視して考えると、XにはYの自賠責保険から100万円、YにはXの保険会社から120万円が支払われる事になります。
ではここに過失割合の要素を加味してみましょう。
Xの過失割合は8割のため、先ほどの基準に照らすと減額割合は20%となります。そのため、Xに支払われる自賠責保険金額は、100万円から20%減額され80万円となります。

Yの過失割合は2割のため、被害者の救済を目的とする自賠責保険は、寛大な対応となるため、過失相殺による減額は発生しません。よって120万円満額の保険金が認められる事になります。

このように自賠責保険の過失割合は、任意保険とは扱いがかなり異なるため、交通事故によって自賠責保険から保険金を受け取る際には、この事について事前に知っておくと良いでしょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所
弁護士法人 ベリーベスト法律事務所

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。

お電話でのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-2099
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!