右側通行の自転車と交通事故!左側通行の自動車・バイクの過失割合は?

右側通行自転車

自動車を運転していて道路の反対側から右側通行をしてきた自転車と衝突してしまった場合、過失割合はどうなるのでしょうか。道路交通法自転車は原則として道路の左側を走行しなければいけないとされていますので、相手の自転車は違反を犯していることになります。

この記事では、右側通行の自転車と衝突したときの過失割合について、自動車の場合、バイクの場合、自転車同士の場合の3つに分けて解説いたします。

自転車に左側通行が義務付けられている理由

そもそも、なぜ自転車は左側を走行しなければいけないとされているのでしょうか。

出合い頭の衝突を回避できる可能性が高くなる

自動車で見通しの悪い交差点に進入しようとするところを想像してみてください。

日本では自動車は左側を通行することになっていますので、自転車が右側通行であなたの左側から交差点に進入しようとする場合、自転車が死角となってお互いの発見が遅れます。また、車と自転車の距離が短くなることから、出合い頭に衝突してしまう危険が高くなります。

左側通行をしていればお互いを目視で確認することができますし、万が一発見が遅れたとしても、自動車と自転車の間に距離があるので急ブレーキやハンドル操作によって衝突を回避できる可能性が高くなります。

これが、道路交通法が自転車の左側通行を定めている理由です。

過失割合はどうなる?

では、自動車やバイクを運転していて道路の反対側を右側通行してきた自転車と衝突した場合、過失割合はどうなるのでしょうか。自転車が左側走行ルールに違反していることは、過失割合にどのように影響するのでしょうか。

自動車対自転車の過失割合は8対2

自動車の方が過失が大きい

まず、自動車を運転していて道路の反対側を右側運転してきた自転車と衝突した場合の過失割合について説明します。

この場合、基本過失割合は自動車が80%、自転車が20%となります。つまり、自転車が被害者となります。

これには「自転車が違反をしているのに、どうして自転車の過失が小さいのか?」と驚く方が多いと思います。

自動車の過失が大きい理由① 自転車は「交通弱者」「弱者救済の論理」

自転車側の過失が小さくなるのは、自転車という乗り物が自動車と比べて弱い立場にあり、いわゆる「交通弱者」であることが理由です。

もしもスピードを出している自動車と自転車が正面衝突をしたとしても、自動車のドライバーが怪我をする可能性は低いでしょう。一方、自転車は間違いなく大破し、自転車を運転していた人は即死してしまう可能性もあります。

このように、自転車は交通事故が発生したときに受けるダメージが大きいので、自動車のドライバーは、弱い立場にある自転車との交通事故を回避するため十分に注意しながら運転しなければいけないとされているのです。

たしかに最近では、自転車が加害者となる事故が増加していることから、自転車の交通違反を取り締まる道路交通法の規定が強化されるなど自転車も交通ルールを順守するべきだという風潮が強まっています。ですが、自動車との関係では相対的に弱い立場であることには変わりはないのです。

自動車の過失が大きい理由② 自転車の乗り物としての特性

自転車の乗り物としての特性も過失割合に影響します。

自転車を自動車と違って運転するにあたって運転免許が不要で、幼児、小中学生から高齢者まで気軽に運転することができるため、自動車と比べて突発的な動きをする可能性が高いといえます。そのため、「強者」である自動車のドライバーは、自転車が突発的な動きをすることまで想定し、事故を回避するための措置をとらなければいけないのです。

自動車の過失が大きい理由③ 自転車の発見が容易

自動車側に大きな過失が認定されるもう一つの理由は、自動車が自転車を容易に発見できるからです。

すでに説明したとおり、自転車に左側通行が義務付けられているのは、自転車の右側から交差点に進入してくる車の死角に入ってしまうためです。しかし、自転車が道路の反対側を右側通行してきた場合、自動車の目の前を自転車は走行してくることになります。自動車のドライバー自転車を発見し、自転車との衝突を避けるために徐行などの措置をとることは難しいことではありません。

自転車が右側通行の違反を犯していたとしても自動車側に大きな過失が認められるのはこれらの理由からです。

過失割合の修正要素

では、自動車側の過失を減らすことは不可能なのかというと、そうではありません。

過失を減らす方法の一つは、修正要素を主張することです。交通事故の過失割合は、個別の事故状況に応じた修正要素を基本過失割合に加算または減産することで算出されます。

自転車に過失が加算される場合

自転車が右に左とフラフラ動きながら不安定に走行していた場合には、自動車は衝突を回避することが困難になります。そこで、自転車側に10%の過失が加算され、自動車と自転車の過失割合は7対3となります。

自転車に酒酔い運転、脇見運転、二人乗り、制動装置不良、夜間の無灯火運転といった著しい過失があった場合には、やはり自転車側に10%の過失が加算され、自動車と自転車の過失割合は7対3となります。

自動車に過失が加算される場合

逆に、修正要素により自動車側に過失が加算されてしまうこともあります。

自転車の運転手が児童や高齢者だった場合には、自動車のドライバーはいつも以上に注意して走行する義務があります。そこで、自動車に10%の過失が加算され、過失割合は9対1となります

自動車のドライバーに居眠り運転、無免許運転、時速30キロ以上の速度違反、道交法上の酒酔い運転などの重過失があった場合には、過失の重さに応じて自動車に10%から20%の過失が加算されます。20%の過失が加算された場合には、自転車の過失は0となり、完全に自動車側に過失のある事故ということになってしまいます。

さらに、自動車が前方不注意をしていた場合には15%の過失が、見通しがよいにもかかわらずわき見運転をしていたなど著しい前方不注意が認められる場合には30%の過失が加算されます。30%の過失が加算された場合は、仮に自転車側に10%の過失を加算する修正要素があったとしても、自動車側の過失が100%とされてしまうことになります。

バイク対自転車の過失割合も8対2

次に、バイクを運転していて道路の反対側を右側運転してきた自転車と衝突した場合の過失割合について説明します。

この場合も、自転車がバイクと比べて弱い立場にあるという点では自動車の場合と同様です。バイクは自動車との関係では交通弱者ですが、自転車との関係では強者ということになるのです。したがって、基本過失割合は自動車の場合と同様にバイクの過失が80%、自転車の過失が20%となります。

修正要素があるときに基本過失割合に加算または減算される点も自動車と自転車の事故の場合と同様です。

自転車対自転車の過失割合

明確な基準はない

左側通行の自転車と右側通行の自転車とが衝突した場合はどうでしょうか。

自動車やバイクの場合と異なり、自転車同士の事故については裁判例の蓄積がないため、明確な基準がありません。

違反をしている方が悪い?

自転車同士の場合は、どちらかが交通弱者でどちらかが強者であるという関係にはありません。そこで、右側通行という違反をしている方に大きな過失が認められるようにも思えます。

ところが、自転車の場合は必ずしも右側通行車に大きな過失が認定されません。というのは、自転車の左側走行義務というものは必ずしも絶対的な義務ではないからです。

自動車の場合、左側を走行するということはもっとも基本的なルールで、ドライバーは当然これを守ることが期待されています。事実、自動車同士の事故の場合、センターラインを越えて逆走して衝突した場合はセンターオーバー車の過失が100%とされています。

他方で、自転車の左側通行義務は、基本的なルールとして道路交通法に定められてはいますが、自転車には免許制度がないこともあって、必ずしも守られているわけではありません。特に幅の狭い道路の場合には左側走行が守られていないことが多く、道路状況によっては左側を走行するとかえって危険なケースもありえます。道路交通法においても、一方通行の道路の場合や道路の左側部分の幅が狭い場合などに左側通行義務の例外が定められているのです。

衝突の回避は比較的容易

自動車と異なり、自転車は対向車との衝突を回避することが比較的容易です。

自動車は速度が速く、車の幅が広いため、ハンドル操作や急ブレーキによって逆走してきた車との衝突を避けることは極めて困難です。一方、自転車は、速度が遅く、幅も狭いため、反対側から走行してきた車を避けることはそこまで難しいことではありません。

このことからも、違反車に過失を加算する積極的な理由はありません。

5:5を基準にケースバイケースで判断される

このような理由から、右側通行の自転車と左側通行の自転車が衝突したときの過失割合は5対5を基準とし、ケースバーケースで判断することが多いようです。

「違反をしているのは相手なのにおかしい」と思われるかもしれませんが、自転車の左側通行義務は法律上も事実上もそこまで厳格なルールではないというのが実情です。

過失を減らすには?

一方の当事者に酒酔い運転、脇見運転、二人乗り、制動装置不良、夜間の無灯火運転、フラフラ運転などの過失があったり、運転手が児童や高齢者だったような場合には、自動車との事故の基準に応じて過失が加算されます。

また、幹線道路のように幅が広く交通量の多い道路では、いくら自転車であっても車道の右側を走行することは非常に危険な行為ですので、右側通行車に大きな過失が認められる可能性があります。

過失割合を争う方法は?

自転車の右側通行は、厳密にいえば交通違反であることはたしかです。しかし、必ずしも違反をした方に大きな過失が認定されるわけではないということがおわかりいただけたかと思います。

加害者側の保険会社が、被害者側の自転車の過失を大きくしようと、過失割合を争ってくることががあります。対抗するにはどうすればよいのでしょうか?

交渉の手段

加害者側は、一修正要素を主張してきます。特に相手方の自転車がフラフラ運転、傘さし運転、スマホを見ながらのわき見運転など、右側通行以外にも交通違反を犯していた場合には、過失割合が修正されることが多いでしょう。これらの事実を主張するためには、ドライブレコーダーによる映像など客観的な証拠を元に主張されることがあります。

また、自転車同士の事故の場合には判例の蓄積による基準が乏しいため、交渉によって過失割合が大きく変わる余地が大きいでしょう。

保険会社との交渉を弁護士に依頼するメリット

ここで問題になるのは、過失割合を交渉する相手は、何百件もの交通事故を取り扱ってきた保険会社の担当者だという点です。知識や経験に大きな差があるなか、交渉を有利に進めることは容易なことではありません。

そこで、被害者の自転車側は、交通事故に精通した弁護士に保険会社との交渉を依頼することが、過失割合を変更するための有効な手段となります。過失割合の交渉は、「双方の当事者にどのような注意義務があったのか」、「注意義務を怠ったことが事故に繋がったのか」、「注意義務を怠ったことに対する証拠があるのか」といった法律的な議論になります。

弁護士費用は?

弁護士に依頼するためには、当然のことながら費用がかかります。しかし、交通事故の相談は無料で受けている弁護士も多いため、まずは相談してみるというのは一つの手です。

任意保険に弁護士費用特約が付いている場合には費用を負担することなく弁護士に依頼できます。弁護士費用特約を使うことによるデメリットはほとんどありませんので、これを利用しない手はありません。弁護士費用保険は自分の保険に付いている場合はもちろん、家族や同乗者の保険に付いているものを利用できることもあります。ただし、自転車同士の事故の場合には利用できませんので注意が必要です。

さいごに

弁護士は法律と交渉事のプロですので、保険会社の担当者と対等に交渉を進めることができますし、代理人として交渉や手続を全て行ってくれますので、煩わしさからも解放されます。

右側通行の自転車との事故で、過失割合に納得がいかないときには、被害者である自転車ドライバーは、一度交通事故事件に強い弁護士に相談してみることをお勧めいたします。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!