むちうちで3ヶ月通院した場合|示談金・慰謝料と増額方法

むちうち3カ月

交通事故でむちうちになると、3ヶ月程度で通院を終了する例が多数です。

交通事故のむち打ち治療の通院が3~4ヶ月程度で完治した場合、慰謝料はどのくらいもらえるのでしょうか?

実は交通事故の慰謝料計算基準は複数あり、同じ3ヶ月通院のケースでも採用する基準によって慰謝料の金額が異なります。

以下ではむちうちで3ヶ月通院した場合の慰謝料相場や増額させる方法を解説します。

むちうちで3ヶ月通院した場合の慰謝料

むちうちで3ヶ月程度通院して完治した場合に支払われる慰謝料は「入通院慰謝料」という慰謝料です。
入通院慰謝料の金額は、通院期間によって異なり、通院期間が長い方が高額になります。

またMRIなどに病変が写るかどうかでも異なり、病変が写るケースでは慰謝料が増額されます。

具体的には以下の通りです。

MRIなどに病変が写らないケース

むちうち通院3ヶ月53万円
むちうち通院4か月67万円

MRIなどに病変が写るケース

むちうち通院3ヶ月73万円
むちうち通院4か月90万円

ただ現実にはMRIに病変が写るような重傷のケースであれば3ヶ月程度では通院が終了しないのが通常です。

3ヶ月で完治する場合、上記の「病変が写らないケース」の数字が適用される可能性が高いと考えましょう。

なお上記の金額は、裁判所が損害賠償金を計算するときの弁護士基準で計算しています。任意保険会社の基準や自賠責保険会社の基準によるともっと低額になります。

自分で相手の保険会社と交渉すると不利になる?

「被害者が自分で相手の保険会社と示談交渉をすると慰謝料や示談金を減らされる」という話を聞いたことがあるかもしれません。

それは事実です。先に少し述べましたが、任意保険会社は弁護士基準とは異なる独自の賠償金計算基準を持っており、被害者が自分で対応しているとその独自の低額な基準で賠償金を計算するからです。

任意保険会社の基準の場合、弁護士基準より大きく入通院慰謝料が減額されます。

任意保険基準の慰謝料

むちうち通院3ヶ月378,000円
むちうち通院4か月479,000円

保険会社にもよりますが、通院3ヶ月のケースでだいたい378,000円程度、通院4か月で479,000円程度です。MRIで症状を確認できるかどうかによる違いもありません。

弁護士基準と比べると、MRIなどで症状を確認できない場合に12~13万円程度、症状を確認できる場合には30万円以上の差額が発生します。

関連記事
img_insurance_pay_ver2.0
交通事故の示談交渉で保険会社が低額な慰謝料を提示する理由
保険会社がなぜ被害者に低額な慰謝料を提示してくるのか、疑問がありませんか?この記事では、保険会社に示談を任せてしまう…

弁護士基準で慰謝料を支払ってもらうには

保険会社の基準ではなく弁護士基準をあてはめて高額な慰謝料を支払ってもらうにはどうしたら良いのでしょうか?

そのためには2種類の方法があります。

裁判を起こす

1つは裁判(損害賠償請求訴訟)を起こす方法です。訴訟になると裁判所が賠償金を計算するので慰謝料は弁護士基準で計算されます。入通院慰謝料は当初に紹介した高額な金額になりますし、主婦の休業損害などの他の賠償金も金額が上がる可能性があります。

ただし相手が保険会社の場合、少額訴訟を起こしても異議を出されます。通常訴訟に対応しないといけないので、弁護士なしで進めるのは大変な負担となるでしょう。1人で訴訟を進めると主張や立証をうまくできず、示談よりかえって不利になってしまうおそれもあります。

弁護士に示談交渉を依頼する

もう1つは弁護士に示談交渉を依頼する方法です。弁護士が示談交渉に対応する場合、弁護士基準が適用されるので裁判をしなくても慰謝料を増額してもらえます。弁護士費用も裁判を依頼するより大幅に安くなります。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

交通事故を弁護士に依頼すべき?弁護士費用で足が出て損にならない?

ただし通院3ヶ月の場合、弁護士に対応を依頼しても大幅には慰謝料が上がらず増額幅は10~30万円程度です。

このようなケースで弁護士に依頼しても弁護士費用で足が出ないのでしょうか?

現実に通院3ヶ月の場合、弁護士に依頼すると損をする可能性があります。弁護士費用は着手金と報酬金の合計で計算されますが、たとえば着手金が10万円固定の事務所の場合、結果がどうなっても最低10万円は必要です。それに消費税と実費を入れたら12~13万円程度になるでしょう。交渉によって賠償金が増額されたら報酬金も払わねばなりません。

通院3ヶ月で慰謝料が12~13万円程度上がっても弁護士費用でマイナスになってしまう計算です。

関連記事
交通事故と費用倒れ
自分の交通事故弁護士依頼が得か損かの自己診断!費用倒れ予防
弁護士に依頼して返って損をするケースを「弁護士費用倒れ」と呼んでいます。弁護士依頼が、被害者の利益に繋がらないケース…

そんなときには「弁護士特約」が利用できるか調べてみましょう。自動車保険には弁護士特約という自己負担0円で、弁護士に依頼できる特約があります。弁護士特約に加入していれば、弁護士も、通院3ヶ月のケースでも受任による費用倒れもないので、安心して受任してくれます。

関連記事
弁護士費用特約
弁護士費用特約の使い方とメリット、デメリット、注意点を解説!
自己負担0円で弁護士依頼できる弁護士特約をご存知ですか?この記事では、弁護士費用特約のメリットとデメリット、使い方、…

通院3ヶ月だと後遺障害慰謝料はもらえない?

通院期間が3~4ヶ月程度の場合、後遺障害認定される可能性はほとんどありません

後遺障害は最低でも6か月程度は通院が必要なケースで認定されるものだからです。

ただし本来は6か月以上通院しなければならない状態なのに、何かの事情があって治療を中断せざるを得なかった場合には、後遺障害認定を受けられる可能性があります。

個別のケースで後遺障害認定を受けられそうか見込みを聞きたい場合には、後遺障害に詳しい弁護士にご相談されることをお勧めします。

むちうちで3ヶ月通院した際に打ち切りされるって本当?

むちうちで3ヶ月程度通院すると、保険会社から「そろそろ治療を終了してください」と治療を打ち切りされるケースが多々あります。保険会社としてはそれ以上の通院は不要と考えており、治療を打ち切って示談交渉に入ろうとするのです。

ただ被害者としては、保険会社の治療打ち切りの言い分に従う必要はありません。入通院慰謝料は早期に治療を打ち切ると安くされてしまいます。また通院期間が長引いて6か月を超えても症状が残っていたら後遺障害認定を受けられる可能性も出てきます。

治療継続が必要なのに相手が治療費を打ち切ったら、健康保険を使ってでも通院を継続しましょう。

関連記事
保険会社が治療費打ち切りを一方的に通達してくる理由と対処法
保険会社が治療費打ち切りを一方的に通達してくる理由と対処法
この記事では、保険会社が治療費打ち切りを打診するケースや、その理由、被害者がとるべき対処法を紹介します。打ち切りの連…

3カ月通院の慰謝料を増額する方法

むちうちで通院3ヶ月程度の場合に慰謝料を増額するにはどうすれば良いのでしょうか?

自己判断で治療を打ち切らない

まずは自己判断で治療を早期に打ち切らないことです。保険会社から言われた場合にはもちろんのこと、「忙しいから」「もうだいたい治ったから」などの理由で通院をやめるのもNGです。それをすると通院期間が短くなって慰謝料が減額されます。

過失割合を正しく認定してもらう

過失割合を適切に認定してもらう必要があります。過失割合が上がるとその分大きく過失相殺されて慰謝料が減額されてしまいます。
保険会社から過大な過失割合をあてはめられるケースも少なくないので、「これは高すぎるのではないか?」と疑問を感じたら弁護士に相談しましょう。

適切な賠償金計算基準を知る

高額な賠償金を獲得するには、被害者側として正しい賠償金計算方法を知っておくべきです。

たとえば弁護士基準と任意保険基準には慰謝料以外にも違いがあり、任意保険基準の場合には主婦の休業損害なども減額されます。

弁護士基準の場合には1日1万円程度になりますが、任意保険基準の場合には1日5,700円とされるケースが多数です。

このような知識を持っていれば相手が不当な主張をしてきたときに反論できます。また弁護士に対応を依頼して休業損害と慰謝料の両方の増額をしてもらえば、通院3ヶ月でも弁護士費用以上の利益を得られる可能性があります。

むちうちで通院3ヶ月、4ヶ月程度で対応に迷われているなら、一度弁護士に相談してみましょう。あなたの気づかないヒントをくれて解決につながる可能性があります。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人心
【愛知県・名古屋市】
弁護士法人 心
弁護士法人心

交通事故に強い法律事務所です。弁護士法人 心の弁護士・スタッフが一丸となって被害者の方をサポートいたします。

交通事故に強い法律事務所です。弁護士法人 心の弁護士・スタッフが一丸となって被害者の方をサポートいたします。

【対応エリア】三重、愛知、岐阜、東京を中心に,全国対応をしています。8,500件以上の交通事故解決実績!後遺障害適正等級診断サービス 0円、損害賠償額診断サービス 0円、示談金額(賠償金額)チェックサービスを提供しております。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6358
[電話受付]平日 9:00~22:00 土日 9:00~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す