交通事故で通院日数が少ない場合(15日~2ヶ月)の慰謝料相場

通院短い慰謝料

交通事故に遭っても軽傷なら通院期間はさほど長くなりません。15日~2ヶ月程度の少ない通院日数で完治してしまう方もたくさんおられます。
通院日数が1ヶ月や3ヶ月未満など短い場合、慰謝料はどのくらい払ってもらえるのでしょうか?

小さい事故で弁護士に依頼すると弁護士費用がかかって足が出てしまう可能性もあるので、慰謝料や弁護士費用相場の金額を正しく知っておきましょう。

今回は交通事故で通院日数が15日、1ヶ月、2ヶ月など短いケースでの慰謝料の相場や可能な限り増額させる方法をご紹介していきます。

通院日数が少ない場合(15日、1ヶ月、2ヶ月)慰謝料は払ってもらえるの?

通院日数があまりに少ない場合、「こんな軽傷でも慰謝料を払ってもらえるのだろうか?」と不安に感じるケースもあります。

基本的に通院日数が短くても慰謝料を払ってもらえます。

人身事故に遭った被害者は恐怖や不安を感じますし、けがをしたことによる大きな精神的苦痛を受けるからです。

ただし交通事故の入通院慰謝料は治療期間に応じて計算され、期間が長くなればなるほど高額になる仕組みです。

通院日数が短いと、慰謝料は低額になります。

関連記事
足に包帯を巻く女性
交通事故で軽傷を負った場合の慰謝料・示談金の相場はいくら?
交通事故で打撲や捻挫等の軽傷を負うことはよくあります。しかし,例え軽傷であっても,治療費だけではなく,慰謝料などを請…

通院15日、1ヶ月、2ヶ月程度の慰謝料相場

通院期間が15日~2ヶ月程度の場合、慰謝料の相場はどのくらいになるのでしょうか?

通院期間症状弁護士基準自賠責基準
通院15日MRIなどに病変が写らないケース(軽傷の方)9.5万円63,000円
MRIなどに病変が写るケース(重傷の方)14万円
通院1ヶ月MRIなどに病変が写らないケース(軽傷の方)19万円126,000円
MRIなどに病変が写るケース(重傷の方)28万円
通院2ヶ月MRIなどに病変が写らないケース(軽傷の方)36万円252,000円
MRIなどに病変が写るケース(重傷の方)52万円

通院15日の慰謝料

通院15日の場合、弁護士基準に従うと入通院慰謝料の相場は9.5万円程度です。MRI、CT.やレントゲンなどで組織変性や骨折等確認できる場合には14万円程度に上がります。

自賠責保険から支払われる保険金は63,000円です。

通院1ヶ月の慰謝料

通院1ヶ月になると、入通院慰謝料の相場(弁護士基準)は19万円程度になります。レントゲンやMRIなどで骨折や組織の変性などの異常を確認できる場合、慰謝料は28万円程度に上がります。

自賠責保険から支払われる保険金は126,000円です。

通院2ヶ月の慰謝料

通院2ヶ月程度の場合、弁護士基準の慰謝料の相場は36万円程度です。MRIなどで異常を確認できる場合には52万円程度に上がります。

自賠責保険から支払われる保険金は最大252,000円です。

慰謝料計算の注意点

  • 自賠責基準の場合、通院日数が少なくなると上記よりさらに減額されます。
  • 自賠責保険から支払われる保険金は、全体的に弁護士基準より低いものとなります。
  • 弁護士基準ではMRIやレントゲンなどで異常を認識できる場合、できないケースより慰謝料が高額になります。重傷の方が高額な慰謝料を認められるということです。

相手の任意保険会社に完全に任せると低額になるってホント?

被害者が自分で示談交渉をするときにもきちんと法的基準に従った入通院慰謝料を払ってもらえるのでしょうか?

実は被害者が示談交渉をする場合には、任意保険会社は必ずしも法的基準に従いません。自社独自の基準をあてはめるので、法的な基準よりも慰謝料が減額されるのが現実です。

通院1~2ヶ月程度の場合、任意保険会社は自賠責保険の基準に近い数字を採用します。

具体的な数字を述べると通院15日なら63,000円、通院1ヶ月なら126,000円、通院2ヶ月なら252,000円程度です。

関連記事
img_insurance_pay_ver2.0
交通事故の示談交渉で保険会社が低額な慰謝料を提示する理由
保険会社がなぜ被害者に低額な慰謝料を提示してくるのか、疑問がありませんか?この記事では、保険会社に示談を任せてしまう…

弁護士に依頼すると増額される?

交通事故の慰謝料は弁護士に示談交渉を依頼すると増額されます。弁護士が交渉するときには上記で紹介した高額な弁護士基準が適用されるからです。

被害者が対応するときと比べると、通院15日なら3万円程度、通院1ヶ月なら6万~16万円程度、通院2ヶ月なら10万~25万円程度増額される可能性があります。

通院日数が少ないほどメリットはありませんが、長くなるほど依頼するメリットが大きくなります。

弁護士費用はどのくらいかかるのか

通院日数が少ない場合、そもそも請求できる金額が小さいので弁護士に依頼しても足が出て損をしてしまう可能性が高くなります。弁護士費用はどのくらいかかるのでしょうか?

弁護士に交通事故の示談交渉を依頼すると、着手金と報酬金が発生します。

項目金額
着手金無料

or

10万円~15万円

報酬金増額分の10%~20%

or

10万円+増額分の10%

着手金は当初に依頼するときに発生する費用、報酬金は事件が解決されたときに発生する費用です。

着手金は無料または10万円~15万円程度、報酬金は弁護士介入によって増額できた金額の10~20%程度です。

報酬金が10万円+増額分の10%などと設定されている事務所もあります。通院日数が短い事案では、着手金が10万円発生する事務所に依頼したらそれだけで損になってしまう可能性が高くなります。実費や報酬金も必要なので確実に足が出てしまうでしょう。

通院日数が短いなら着手金無料の弁護士事務所を探して依頼すべきです。完全成功報酬制の事務所であれば、依頼者に利益が出ない限り報酬を支払わなくて良いので損をする可能性は小さくなります。

ただし報酬金が「10万円+10%」など固定の費用が発生する場合、増額された分をそのまま報酬に支払って終わり、という事態になりかねません。

「報酬金は増額分の20%」など、増額された分に対する割合しか発生しない事務所を選ぶのが良いでしょう。

関連記事
交通事故と費用倒れ
自分の交通事故弁護士依頼が得か損かの自己診断!費用倒れ予防
弁護士に依頼して返って損をするケースを「弁護士費用倒れ」と呼んでいます。弁護士依頼が、被害者の利益に繋がらないケース…

慰謝料増額するにはどうすれば?

通院日数が少ない場合に慰謝料を増額させるには、以下のような方法があります。

弁護士費用特約を利用して弁護士に依頼する

自動車保険に弁護士費用特約をつけている方は、是非とも利用しましょう。弁護士費用特約があれば、弁護士費用を保険会社が全額負担してくれるので、被害者の自己負担がなくなります。
弁護士に依頼して増額された慰謝料を全額被害者本人が受け取ることが可能となります。

弁護士費用特約を利用するときには、保険会社に「弁護士費用特約を使いたい」と申し入れて自分で弁護士を探し、特約を適用して受任してもらえるようにお願いしましょう。

弁護士が納得すれば、後は弁護士と保険会社がやり取りをして報酬の受け渡しをしてくれます。依頼者としては普通に示談交渉を進めてもらって相手から支払われた賠償金を全額受け取ることができます。

関連記事
弁護士費用特約
弁護士費用特約の使い方とメリット、デメリット、注意点を解説!
自己負担0円で弁護士依頼できる弁護士特約をご存知ですか?この記事では、弁護士費用特約のメリットとデメリット、使い方、…

過失割合を過大にされないように注意する

交通事故で慰謝料を減らされないようにするには「過失割合」に注意が必要です。過失割合が高くなると割合的に慰謝料を減額されてしまうからです。

小さな事故でも被害者側と加害者側が過失割合について激しく対立し、訴訟にまで発展するケースがあります。相手から不当に高い過失割合をあてはめられたら妥協せずに粘り強く交渉しましょう。法的な過失割合の基準は「判例タイムズ 民事交通訴訟における過失相殺率の算定基準」という本に詳しく書かれています。わからないときには弁護士に相談に行ったらアドバイスをもらえます。

弁護士に相談しながら示談交渉を進める

弁護士費用特約をつけていない場合には、弁護士に相談をしながら自分で示談交渉を進める方法をお勧めします。たとえば相手から慰謝料や示談金の提示があったとき、弁護士の無料相談を利用して「この金額で受諾して良さそうか」意見を求めてみましょう。「低すぎる」と言われる場合、どのように対応したら良いかアドバイスを聞いて交渉を進めれば、一定程度増額される可能性が高くなります。

通院日数が短い場合でも、無料相談や弁護士費用特約を使えば損をせずに弁護士に相談・依頼できます。慰謝料を増額させるため、専門家を上手に活用してみてください。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す