自転車同士の出合い頭事故!過失割合を完全チェック

自転車事故

出合い頭(=出合い頭)事故ですが、交差点での急なお互いの飛び出しでおきる、典型的な交通事故の衝突パターンの1つです。突然の出来事で、お互いの操作が間に合わず、第三次につながるケースは少なくありません。

特に、自転車はスピードを落とさずに交差点に進入してくるケースは少なくなく、自転車同士で出合頭事故を起こすと大けがになるケースがあります。

  • どちらに、事故の責任が大きくなるのか?(過失割合の決め方)
  • 自転車事故を起こした時に注意すべき点は何か?
  • 自転車同士の事故でどのように対応はすべきか?

に関して、この記事では解説致します。

自転車同士の出合い頭事故

平成27年6月26日、熊本県で、またもや高校生と高齢者との自転車事故が起きました。

6月26日午後5時20分ごろ、熊本県山鹿市内の国道325号で、歩道を走行していた自転車と、交差する市道を走行していた別の自転車が出合い頭に衝突する事故が起きた。この事故で市道側を走行していた自転車に乗っていた77歳の女性が重体となっている。

熊本県警・山鹿署によると、現場は山鹿市山鹿付近。三差路交差点に信号機は設置されていない。18歳の女子高校生が乗る自転車は国道の歩道を走行。市道から国道側へ合流しようとしていた77歳の女性が乗る自転車と出合い頭頭に衝突した。

双方の自転車は転倒。77歳の女性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打で意識不明の重体。高校生にケガはなく、業務上過失傷害容疑で事情を聞いている。

交差点の衝突事故は急増

この自転車事故に限らず、自転車同士の交差点における、あるいは、T字路における、出合い頭事故が増えています。自動車と自転車での出合い頭事故(信号機がなく、同程度の道幅の交差点での事故)であれば、過失割合における弱者保護の考えがあるので、自動車:自転車=8:2になることが多いです。

関連記事
自転車事故
自動車と自転車の事故(接触・衝突)の過失割合は?
交通事故が起こるとき、自動車同士の事故とは限りません。自動車と自転車との間で事故が起こるケースもあります。 自転車に…

では、自転車同士で交差点で出合い頭事故、衝突事故が起きたときに、どちらの自転車がどれだけ悪いという、いわゆる過失割合がどのように決まっていくのでしょうか?わかりやすく解説していきます。

※また車が関わっていない事故なので、”警察を呼ぼうとしない”人も多いです。必ず呼びましょう。その場で示談したり、当事者だけで解決しようとするとトラブルに発展する可能性がありますので、注意が必要です。

関連記事
img_jidan_kiken_ver1.0
事故直後、その場で示談はリスク大!被害届出さない・警察呼ばない
交通事故に遭ったら、通常は警察を呼んで実況見分を行い、示談交渉については後日に保険会社に任せるものです。しかし、ケー…

自転車同士の出合い頭事故の過失割合

考え方は、自動車の交差点事故と同じです。

  • どちらが優先道路であったのか?
  • 左側車線の走行を守っていたのはどちらか?
  • 一時停止があったのはどちらか?
  • 速度の出しすぎはあったか?
  • 夜ならば無灯火で走っていたか?
  • 前方不注意で走行していなかったか?(スマホをいじっていたなど)

などによって、過失割合がきまっていきます。

車と同じ考えが当てはまりますので、左側を走るのは原則となります。基本は5:5が自転車同士の接触事故の基本的な考え方ですが、それは、互いに交通ルールを守っていた上での条件となります。

左側車線の走行を守っていたにも関わらず、相手側が、右側通行で逆走してきて、自転車同士が正面で衝突するケースもあります。

だから、交通規則を守っていない場合は、過失割合が高くなっていきますので、普段自転車を乗る方は、ルールを守るように気をつけましょう。また、事故相手が高齢者で人身事故になると、警察へ出頭しその責任を取らなければなりません。

自転車同士の出合い頭事故の判例

それでは一般的に、自転車の出合い頭事故の判例をみていきましょう。

見通しの悪いT字路交差点

見通しの悪いT字路交差点附近で自転車同士が衝突した事故の裁判例

事故の内容

見通しの悪いT字路交差点附近で直進走行していた自転車と、右折して道路に進入してきた自転車とが衝突した

 

被害者の主張

  • 被害者の主張:141万円

判決・過失割合

過失相殺率 被害自転車50%、加害自転車50% 損害額:5万8075円

被害自転車は、通常の速度(時速約15キロメートル)より速い速度で、道路の中央より少し左側を進行していた
加害自転車は、通常の速度(時速約15キロメートル)で、中央よりも少し左側を進行しながら右折し、被害者運転者が走行している道路に進入した
被害自転車運転者、加害自転車運転者とも、互いに相手を認め、衝突を回避するため被害自転車運転者は自転車のハンドルを右にきり、加害自転車運転者は自転車のハンドルを左にきった
被害自転車の前輪と加害自転車の右後部が衝突し、被害自転車が転倒し眼鏡が路上に落ちた
加害自転車運転者には、進路前方を注視し安全を確認してから進入すべき注意義務があるのにこれを怠った
被害自転車運転者にも、安全確認が十分でなかった過失があるつまり、自転車同士の接触事故、衝突事故、出合い頭事故、追突事故であっても、賠償金額は高くなります。

自転車通しの出合い頭の事故の場合は、基本お互いに注意義務があるため、安全確認がお互いに十分でないと判断され、5:5となるのが一般的であるといえるでしょう。

ただ、自転車の悪質運転により、歩行者にぶつかって怪我をさせた、あるいは、停止してよけようとしている自転車に対して、よそ見していて衝突事故を起こしたの場合、過失が100%となって自転車が何千万もの損害賠償を支払うことになるので、注意が必要です。

関連記事
自転車事故_被害者_損害賠償
被害者必見!自転車事故の損害賠償額と慰謝料は何故こんなにも高い?
私達の身近な乗り物である自転車。原油高騰や増税で車から自転車に乗り換えた人も最近は増えたようです。しかし、自転車ユー…

自転車事故は保険未加入に注意

自動車との事故であれば、保険会社が出てきて、過去の事例を本に過失割合がでてきます。

一方自転車同士の事故は、自転車保険に加入していない場合、保険会社が示談代行ができないため、当事者が示談交渉を行うことにります。そのため正当な過失割合が出てこず、当事者同士でもめることになり、互いの主張を言い合うことになります。

関連記事
自転車vs歩行者の事故被害者が知っておくべき慰謝料と示談の全知識
交通事故が起こるとき、必ずしも自動車が当事者となるとは限りません。 自転車と歩行者がぶつかった場合でも、後遺障害が残…

交通事故に強い弁護士に相談

弁護士が示談交渉をしてもらうのが重要になりますが、弁護士費用がかかります。

後遺障害を負うような大きな怪我をしてしまった、人身事故で治療期間が6か月以上かかっているなど、損害賠償額が大きく、慰謝料が弁護士基準になることで増額分が弁護士費用を上回る場合は、弁護士相談も考えることも重要です。

慰謝料が高騰していること、相手側の主張が妥当性がないなどある場合、無理に示談しようとはせず、交通事故弁護士に相談して、示談金として相場なのか判断しましょう。素人同士が勝手に、根拠もない示談書を交わすと、今後の生活に支障がでたり、問題が起きることもあります。

示談書を交わす前に、弁護士によって解決してもらうことが安心なのです。一方、単なる接触事故や物損事故、小さい怪我ですと、弁護士費用の方がかかってしまうため、弁護士相談のメリットはありません。当事者同士で、示談をすすめるのがよいでしょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates
 現在営業中( 本日9:30~20:00 )]

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。

お電話でのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]毎日 9:30~20:00
 現在営業中( 本日9:30~20:00 )]
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!