言いがかり!?非接触事故で加害者扱いされた時に知っておくべき対処法

非接触事故で加害者扱いされた時に知っておくべき対処法

交通事故というと、人にぶつかった場合の人身事故、車両にぶつかった場合の物損事故、電信柱やガードレールにぶつかった場合の自損事故などがあります。

これらはすべて「何かにぶつかった」ことによって、交通事故の当事者になるわけですが、実は「非接触事故」といって、自分はどこにもぶつかっていないのにもかかわらず、交通事故の当事者のように巻き込まれてしまう場合があります。

実際、本当に自分の車が無茶な動きをしたせいで、周りで事故が起きているのであれば、それなりの過失割合が発生することは覚悟しなければなりません。

しかし、自分自身が客観的に見て、「これは全く関係ない」、「ただのいちゃもんや言いがかりだ」と思うレベルの場合は、その後の対処の仕方がとても重要です。

今回は、万が一、非接触事故で言いがかりをつけられて加害者扱いされた場合の正しい対処法について解説します。

1.非接触事故で加害者扱いされるケース

ぶつかってもいないのに加害者扱いされるケースとしては、あなたの車の動きに反応して動いた別の車が、さらに別の車や人、物などと人身事故や物損事故、自損事故を起こしてしまうような場合があります。

  • 「バックで車庫入れしていたところ、その動きを予想していなかった後続車両がブレーキを踏んで、さらに後続の車から追突された」
  • 「2車線で、隣の車が幅寄せしてきたので避けたら事故になった」
  • 「左折しようと路肩に寄ったら、後続のバイクがその動きを予想できずバランスを崩して転んだ」
  • 「ただ停車していただけなのに、周りを走行していた車が交通事故を起こし、そのドライバーからこちらの停車していた場所が悪いと言われた」

この他にも、ぶつかってもいないのに相手から責任を押しつけられるケースはよくあります。

2.正しい非接触事故の対応方法

いくらぶつかっていなかったとはいえ、その後の対処を誤ると本当に加害者にされてしまう可能性も十分考えられます。

では、万が一加害者扱いされた場合、取るべき正しい対処法とはどのようなものなのでしょうか。

(1) 警察に連絡110番通報する

自分自身はぶつかっていなかったとしても、相手から言いがかりをつけられてしまった時点で、残念ながらあなたも交通事故に関与させられてしまいます。
その場合は、まずは冷静に110番通報をして警察を呼んでください。

万が一、あなたにも賠償責任があるという結論に最終的に達した時に、警察を呼んで事故の記録をとっておかないと、自動車保険が全く使えなくなる恐れがあるからです。

(2) 絶対に現場から立ち去らない

自分は悪くないから、現場から立ち去っても問題ないのでは? と思う人も多いかと思いますが、これは非常に危険です。

もし、相手が警察を呼んで、あなたがいないところで一方的な実況見分が行われ、その上で「ドライバーの人はそのまま逃げてしまいました」などと証言をされると、非常に厄介なことになります。
実際は逃げている意識がなくても、被害者の証言の仕方によっては、警察にそう捉えられてしまいます。

また、相手がナンバーを控えていると、それを辿って警察から連絡が入る可能性が高いです。

そうなると、たとえぶつかっていないとしても、現場から立ち去ったあなたの警察に対する心象は非常に悪くなってしまいます。
そのため、ここは面倒でも警察が来るまで待って対応するようにしましょう。

(3) 警察の聴取には毅然として対応する

警察が現場に来ると、警察官が事故の状況を当事者に細かく聞きます。この際、被害者が言いがかりをつけている場合は、ぶつかっていないあなたにも警察が事情を聞いてきます。

これについては、真摯に対応し、自分が悪くないと考えるその理由を淡々と警察に話しましょう。

また、警察から事情聴取を受ける際には、必ず相手方から離れた場所でしてください。

聴取をされる際には、こちらの氏名や住所などの個人情報を話すため、これを相手に聞かれると非常に厄介です。通常は警察が意図的に相手から離れた場所で聴取をするよう動いてくれますが、相手の気が立っている場合は、こちらの証言を聞こうと近づいてくることがあります。

詳しくは後ほど解説しますが、とにかく相手にこちらの身元がわかる情報は知られないように注意してください。

(4) 保険会社に連絡をする

万が一の時に備えて、自分の加入している自動車保険会社へも事故の報告で電話をしておきましょう。

電話で事故受付をしても、最終的に保険を使わないことが確定すれば、自動車保険の等級には影響ありませんのでご安心ください。

しかし、保険会社に連絡をすると、かなりの確率で「相手の方と必ず連絡先を交換してください」と言われます。

これは、交通事故の示談マニュアルなどにも書いてあるため、保険会社もその原則に従っているのです。
しかし、非接触事故で言いがかりをつけられている場合は、このアドバイスは間違いです。

実は、交通事故の当事者の連絡先は、その場で当事者同士が連絡先を交換しなければ、相手が弁護士に依頼しない限り原則として知る方法はなくなります。

賠償金を請求する立場であれば、相手の連絡先をおさえておくことは必須ですが、非接触事故で言いがかりをつけられている場合は、できる限りこちらは関わらないようにすることがベストです。

相手にこちらの連絡先などの個人情報を教えなければ、後から電話や手紙で妙な請求をされる被害を予防することができます。

被害者の多くは後から警察に聞けば、相手の連絡先を教えてもらえると思っているようですが、実はこれ大きな間違いです。相手がそれを承諾していない限り、相手の連絡先は警察も開示しません。

よって、非接触事故で言いがかりをつけられている場合は、警察以外に連絡先などの個人情報を教えなければ、言いかがりをつけている相手方にこちらの身元を知られる心配はありません。

ただ、警察官が不慣れな場合、許可なく開示してしまう恐れもありえますので、「絶対に相手に連絡先などを開示しないでください」と念を押しておきましょう。

(5) ドライブレコーダーは安易に開示しない

最近ではドライブレコーダーをつけている人も多いため、事故現場でドライブレコーダーの映像があるか警察が聞いてくることがあります。

この際、自分であらかじめ確認していない映像をいきなり警察に開示するのはあまりおすすめできません。

そもそも、ドライブレコーダーに写っている映像が、必ずしも自分にとって有利に働くとは限りません。見せてしまったらもう後戻りはできないため、ドライブレコーダーの映像については、警察に見せる前に必ず自分で確認しましょう。

(6) 軽い事故なのに相手が「首が痛い」などと言ってきた場合

相手から言いがかりをつけられるケースでは、多くの場合、事故を大事にしようとして大した怪我もしていないのに救急車を呼ぶケースがあります。

特に「首が痛い」などとむち打ちを装ってくる悪質な相手もいますが、慌てる必要はありません。

そもそもこちらに過失がなければ、相手の怪我の責任をとる必要はありません。たとえ救急車を呼ばれたとしても、責任の範囲を明確にして、慌てずに対処しましょう。

(7) 交通事故当事者から外してもらう

一番のポイントはここです。

警察が現場で事故の記録をつけるとき、事故当事者として記録された人がそのまま事故証明にも記載されます。裏を返せば、事故証明に自分の名前が出てこなければ、自分はこのまま無関係で終わることができます。

そこで、実況見分が終わったら、警察に対して「自分は事故当事者ではないということで間違いないか」を確認しましょう。

本当にあなたが無関係であれば、この時点で警察から当事者ではないと確認することができます。この確認さえ取れれば、ほぼ一件落着です。

あとは相手にこちらの連絡先などの個人情報を教えなければ、以降の連絡がこちらに来ることはないでしょう。

3.まとめ

たとえ非接触事故で相手にいちゃもんをつけられただけだとしても、こちらの連絡先や住所、氏名などを開示してしまうと、その後も執拗に電話がかかってきたり、書面で請求され続けたりする恐れがあります。

そのため、もしもこちらが無関係だと思ったら、安易に相手にこちらの身元(住所、氏名等の個人情報)は開示しないことをおすすめします。

また、関係ないからと現場から立ち去ってしまうと、あることないことを警察に勝手に証言されて、悪者扱いされる可能性があります。自分に非がないことをしっかりと主張するためにも、絶対に警察が来るまで現場から離れないようにしましょう。

対処のポイントをまとめると、次のようになります。

  • 警察が来るまで現場から不用意に立ち去らない
  • 警察の聴取は、相手から離れた場所で行い、こちらの個人情報を聞かれないようにする
  • こちらに非がない場合は、相手に自分の身元、個人情報を明かさない
  • ドライブレコーダーの映像を開示する際には慎重に

これらは、あくまで非接触事故で、こちらがただ「いちゃもん」をつけられている場合の対処法です。
もしも本当にこちらに過失があるような場合は、また対処法が変わってきますので注意しましょう。

関連記事
Accident cars with biker. Car collides cyclist on the road. Dangerous traffic on asphalt way on the countryside. Road crash misfortune car with a cyclist. Careless driving.
非接触事故(誘引事故)でバイク・自転車転倒!損害賠償させる全手順
皆さんは「非接触事故(誘引事故)」という言葉を聞いた事がありますか?ぶつかってない事故、接触していない事故、車を避け…

google 広告 記事下

この記事が役に立ったらシェアしてください!